SAP on Azure の更新まとめ – 2018 年 1 月

執筆者: Cameron – MSFT SAP Program Manager このポストは、2018 年 1 月 4 日に投稿された SAP on Azure: General Update – January 2018 の翻訳です。   SAP とマイクロソフトは、Azure クラウド プラットフォーム向けの新機能を継続的にリリースしています。今回の記事では、最近数か月にわたってリリースされた更新、不具合の修正、機能強化、推奨されるベスト プラクティスなどをまとめてお伝えします。 1. NetWeaver で M、Dv3、Ev3 シリーズ VM を認定 SAP は、NetWeaver AnyDB ワークロード用に新たに 3 種類の VM を認定し、サポートを開始しました。AnyDB は、SQL Server、Oracle、DB2、Sybase、MaxDB で実行されている NetWeaver アプリケーションをさします。 現在、この VM シリーズの一部では Hana への認定も進められています。 Dv3 シリーズは、CPU…


SAP on SQL Server の更新まとめ – 2018 年 1 月

執筆者: Cameron – MSFT SAP Program Manager このポストは、2018 年 1 月 4 日に投稿された SAP on SQL Server: General Update – January 2018 の翻訳です。   SAP とマイクロソフトは、SAP on SQL Server プラットフォーム向けの新機能を継続的にリリースしています。SAP on Windows / SQL Serverのキーとなる目標は、最小のTCOとシンプルな操作で、最高のパフォーマンスと可用性を実現することです。今回の記事では、最近数か月にわたってリリースされた更新、不具合の修正、機能強化、推奨されるベスト プラクティスなどをまとめてお伝えします。 1. SAP on SQL Server の最新の導入事例 マレーシア航空は、そのデータセンターをオンプレミスからAzure に完全移行しました。移行対象は大規模な SAP 環境を含む 100 種類以上のアプリケーションで、Tata Consulting Services が作業を担当しました。プロジェクト全体を通じて Tata Consulting Services の…


フラット キューブ適用による SAP BW のパフォーマンス向上

執筆者: Martin Merdes このポストは、2018 年 1 月 4 日に投稿された Improve SAP BW Performance by Applying the Flat Cube の翻訳です。   概要 2 年ほど前に、SAPは列ストアに最適化されたフラット キューブをリリースしました。今回の記事では、フラット キューブを適用するメリットを簡単にご紹介します。多くのお客様にお役立ていただけますと幸いです。 フラット キューブには、BW のクエリ パフォーマンスの向上やキューブへのデータ転送プロセス (DTP) の高速化など、さまざまなメリットがあります。また、改良された BW のクエリ ジェネレーター (FEMS プッシュダウン) を使用する際の必須条件となっています。フラット キューブを使用する前に、各キューブをフラット キューブに変換しておく必要があります。ここでは、新しい RSDU_IC_STARFLAT_MASSCONV レポートを使用して、すべてのキューブをすばやく変換する方法をご紹介します。このレポートは、以下の SAP Note の修正指示で取得可能です。 SAP Note 2562629 – Mass Conversion of Star InfoCubes to Flat…


SAP ERP における列ストア機能のカスタマーエクスペリエンス

執筆者: Martin Merdes このポストは、2017 年 12 月 18 日に投稿された Customer Experience with Columnstore on ERP の翻訳です。   数か月前に、SAP はMSS_CS_CREATE レポートをリリースしました。このレポートプログラムにより、すべてのSAP ERP のテーブルに対して非クラスター化列ストアインデックス (NCCI) を作成できるようになります。詳しくはこちらのブログ記事 (英語) をご覧ください。 複数のお客様による検証の結果、この機能を使用することで、大規模な集約を行うレポート処理のパフォーマンスを向上できることがわかっています (詳細は後述)。また、MSS_CS_CREATE レポートに対する機能追加の要望が寄せられたため、新たなバージョンのレポートプログラムが「SAP Note 2419662 – ERP テーブル用列ストア インデックスの改良」で公開されました。コードを更新するために、この SAP Note の修正指示を再適用する必要があります。 SAP CO-PA のパフォーマンス向上 あるお客様は、SQL Server の内部クエリの並列処理数を増やすだけで、飛躍的なパフォーマンスの向上に成功しました。SAPにおける並列処理についての詳細はこちらのブログ記事 (英語) を参照してください。SQL Server 構成オプションの並列処理の最大限度”max degree of parallelism”を大きく設定することもできますが、CO-PA 以外のすべての SAP クエリにも適用されてしまう点に注意が必要です。このお客様は、ABAP コードの…


Azure 東日本リージョンで HANA ラージインスタンスが利用可能に

執筆者: 池本 仁   2018 年 1 月に Azure 東日本リージョンにおいて HANA ラージインスタンスが利用可能となりましたのでご報告いたします。 HANA ラージインスタンスとは、これまでのパブリッククラウドでは利用できなかった 4 TB 以上のメモリを持つインスタンスを、お客様専用のベアメタルサーバーとして利用可能とするものです。HANA ラージインスタンスにより、これまでは困難であった大規模 SAP HANA ユーザのワークロードのクラウドでの運用が可能となりました。 メモリ容量としては最小 768 GB から最大 20 TB まで多彩なインスタンスがあり、お客様が利用する HANA の規模に応じて最適なものを選択可能です。 HANA ラージインスタンスの特徴は下記のとおりです。 ・スタンドアロンで最大 20 TB、スケールアウト構成で最大 60 TB のメモリに対応 ・最大 960 thread の大規模 CPU の利用 ・高可用性構成においてパブリッククラウドで最高となる 99.99 % の SLA を提供 ・高性能ストレージによる高速バックアップ/リストア ・ストレージレプリケーションによる DR 対応  …


Windows 2016 で SAP の利用が可能に

執筆者: Cameron (MSFT SAP Program Manager) このポストは、2017 年 3 月 7 日に投稿された Windows 2016 is now Generally Available for SAP の翻訳です。   Windows 2016 で、SAP NetWeaver 7.0 以上のすべてのコンポーネントが利用できるようになりました。リリース情報については、「SAP Note 2384179 – Windows Server 2016 上での SAP システム」を参照してください。 この記事では、関連する SAP Note とリリース情報を説明します。個々の SAP アプリケーションの正式なリリース状況については、SAP の製品出荷マトリクス (PAM) をご参照ください。 Windows 2016 には、Azure パブリック クラウド プラットフォームとの統合を深めた機能が多数含まれます。SAP on Windows 2016…


SAP が Azure Resource Manager (ARM) の Windows と Linux をサポート

執筆者: Sebastian Dusch (AzureCAT) このポストは、2016 年 12 月 16 日に投稿された SAP Now Supports Azure Resource Manager (ARM) for Windows and Linux の翻訳です。   12 月 13 日、SAP Note 1928533 (ログインが必要) が更新され、Azure Resource Manager を使用して作成された Windows 仮想マシン上で SAP システムがサポートされました。この変更に合わせて docs.microsoft.com の資料も更新されています。 この更新により、Azure Resource Manager で作成されたWindows/Linuxの仮想マシンを使用できるようになりました。 また、github で新たにクイック スタート テンプレート (英語) を公開しました。これは、複数の ASCS/SCS インスタンス (マルチ SID) をサポートする…


SAP on Azure のデプロイに関する 14 の更新と新しいテクノロジ

執筆者: Cameron (MSFT SAP Program Manager) このポストは、2016 年 12 月 4 日に投稿された Top 14 Updates and New Technologies for Deploying SAP on Azure の翻訳です。   このブログでは、お客様が SAP アプリケーションを Azure に移行する場合に役立つ更新、推奨事項、新しいテクノロジをご紹介します。 このブログの最後には、SAP on Azure のデプロイを計画しているすべてのお客様に推奨するチェックリストも掲載しています。 1. HighPerformance Gateway と UltraPerformance Gateway UltraPerformance Gateway がリリースされました。 このゲートウェイは ExpressRoute 接続のみをサポートし、最大スループットが大幅に向上しています。 UltraPerformance Gateway は、大量の R3load ダンプ ファイルやデータベースのバックアップを Azure にアップロードする必要のあるプロジェクトでとても有用です。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/documentation/services/vpn-gateway/…


SAP の 2 層構成から 3 層構成への移行時に見られるパフォーマンスの低下

執筆者: Juergen Thomas (MSFT) このポストは、2016 年 11 月 21 日に投稿された Moving from SAP 2-Tier to 3-Tier configuration and performance seems worse の翻訳です。   先日、SAP ERP システムを仮想化環境で 2 層構成から 3 層構成に移行するお客様のケースに携わる機会がありました。このお客様は、システムを仮想化した際に、SAP の 2 層構成を維持するだけの十分な大きさの仮想マシンを新しいホスト ハードウェアで用意できなかったため、3 層構成に移行しました。ASCS とダイアログ インスタンスのみを 1 台の VM に移行し、DBMS サーバーは、同じプライベート クラウドでホストされる別の VM に配置しました。移行後に新しい構成をテストすると、機能に関しては問題ありませんでしたが、パフォーマンスに関してバッチ処理で実行速度に関する数値が悪化していました。2 層構成での同じバッチ ジョブ実行と比較し、数パーセントどころではない差がありました。そこで、いくつかの観点から調査を行いました。まず、DBMS の設定が変更されていないかを確認しましたが、そのようなことはありませんでした。メモリは少し増えましたが、他のパラメーターは変更されていません。ASCS とプライマリ アプリケーション サーバーも同じように構成されています。構成に違いはありませんでした。テストは 1 つのバッチ ジョブのみで行ったので、ネットワーク スケーラビリティに関連する問題も排除できました。…


SAP サポート関連の参考資料や情報の入手場所について

執筆者: Juergen Thomas (MSFT) このポストは、2016 年 10 月 24 日に投稿された Where can I find documentation or information for ….?の翻訳です。 Version 2.0: Updated 11/20/2017 – Adding SBOP BI Platform 4.2 supported Azure Data Services, adjusting links to new documentation location and adding Hybris.   SAP のサポートに関する問い合わせ内容を分析したところ、その多くが情報や参考資料の入手場所はどこか? というものでした。そのためこのブログでは、いくつかの資料の場所と、情報を探すポイントについてご紹介したいと思います。 Q1: Azure Virtual Machines は、Azure での SAP ワークロードに認定されていますか。 その答えは、SAP…