Azure Site Recovery の包括的な監視機能の一般提供を開始

執筆者: Bharath Sivaraman (Senior Program Manager, Azure Site Recovery) このポストは、2018 年 1 月 24 日に投稿された Comprehensive monitoring for Azure Site Recovery now generally available の翻訳です。   Azure Site Recovery は、Azure をご利用の多くのお客様の事業継続戦略に欠かせない機能となっており、ミッションクリティカルな IT システムの保護やコンプライアンス維持、災害対策のために活用されています。 事業継続計画を運用し、その計画に沿って目標を確実に達成するのは簡単なことではありません。計画の有効性を確認するには定期的なテストを行うしかありませんが、それでも構成ドリフトやリソースの使用状況などの変化により、次回以降もシームレスに機能するという確証は得られません。 こうした重大事項の監視が難しいままではよくありません。Azure Site Recovery の包括的な監視機能を利用すれば、事業継続目標の達成状況を総合的に確認できるようになります。それだけでなく、リソースの使用状況を監視しベスト プラクティスに基づいて構成を提案するフェールオーバー準備モデルによって、その時点での自社の災害への対応準備状況を確認することもできます。 新機能は以下のとおりです。 コンテナーの概要ページの拡充: 新しいコンテナーの概要ページに追加されたダッシュボードに、事業継続目標の達成状況を把握するために必要なあらゆる情報が表示されるようになりました。現時点での事業継続計画の健全性を理解するために必要な情報に加えて、ベスト プラクティスに基づく推奨事項が提示されるほか、問題が発生した場合にトラブルシューティングを行うためのツールが組み込まれています。 レプリケーション正常性モデル: 幅広いレプリケーション パラメーターの評価に基づき、サーバーのレプリケーション正常性を継続的にリアルタイムに監視できます。 フェールオーバー準備モデル: 構成および災害復旧に関するベスト プラクティスの包括的なチェックリストに基づくフェールオーバー準備モデルと、リソースの使用状況の監視により、自社の災害への対応準備レベルを評価できます。 トラブルシューティング エクスペリエンスの簡素化: コンテナー ダッシュボードから開始し、直観的なナビゲーションを使用して個々のコンポーネントを詳細に把握できます。また、レプリケートされたマシンを確認できる新しいダッシュボードなど、複数のトラブルシューティング ツールが追加されました。 詳細な異常検出ツール:…


Azure Site Recovery のストレージ関連の機能強化

執筆者: Poornima Natarajan (Program Manager, Cloud + Enterprise) このポストは、5 月 23 日に投稿された Storage specific enhancements in Azure Site Recovery の翻訳です。   先日の Azure Site Recovery (ASR) のアップグレードの一環として、Azure ストレージの複数の機能が新たにサポートされました。今回サポートされた機能は以下のとおりです。 VMware 仮想マシンおよび物理サーバーの Premium Storage へのレプリケーション   Resource Manager を使用して作成されたストレージ アカウントに対する Azure Storage Service Encryption (保存データの暗号化) (プレビュー)   ローカル冗長ストレージ (LRS) アカウントへのレプリケーション   マイクロソフトはエンタープライズ クラスの安全性と信頼性に優れたビジネス継続性ソリューションを提供すると共に、異種混在環境のワークロードをサポートすることをお約束しています。今回新たにサポートされた機能はすべて、このお約束の実現に向けたものです。 Premium Storage へのレプリケーション 今回、VMware…


VMware からの移行と災害復旧をサポートする ASR 機能強化を発表

このポストは、1 月 11 日に投稿された Announcing enhanced migration and disaster recovery for VMware using ASR の翻訳です。 このたび、Azure Site Recovery (ASR) の VMware to Azure 機能が強化され、一般提供が開始されました。これにより、Azure IaaS でレプリケーション コンポーネントやオーケストレーション コンポーネントをデプロイしなくても、VMware 仮想マシンや物理サーバーを Azure に簡単に複製し保護できるようになりました。今回の ASR 機能強化 (英語) によって、ASR をデプロイして VMware ワークロードを Azure に複製し保護 (または移行) する場合の総所有コストが大幅に削減されると同時に、管理のしやすさや簡易性が大きく改善されます。 従来の VMware to Azure 機能を使用するシナリオも現時点では引き続き可能ですが、今後 VMware のワークロードや物理サーバーを Azure に複製する際は、強化された新しい機能を使用していただくことを強くお勧めします。 この機能は 2015 年 10…