マイクロソフト独自のコンテンツ配信ネットワークを開始

執筆者: Daniel Gicklhorn (Principal Lead Product Manager, Azure Networking) このポストは、2018 年 5 月 7 日に投稿された Announcing Microsoft’s own Content Delivery Network の翻訳です。   今回の記事は、Azure CDN 担当シニア プログラム マネージャーを務める Manling Zhang と共同で執筆しました。 クラウドが普及し規模が拡大する中、Azure では、カスタマー エクスペリエンスの向上とお客様のビジネス支援のために、サービスを進化させ続ける必要があります。Azure Content Delivery Network (CDN) は、世界中にクラウド アプリケーションをスケーリングし、すばやく安定的にコンテンツを配信するためのサービスであり、最高品質のコンテンツ配信サービスを実現するために、パートナー エコシステムと柔軟なマイクロソフトのクラウド プラットフォームを活用してゼロから構築されました。 このたび、Azure Content Delivery Network from Microsoft のパブリック プレビューを開始します。これにより、Azure ユーザーはマイクロソフトのグローバル ネットワークを利用してコンテンツを配信できるようになります。このオプションは、既存の Verizon や Akamai…