超大規模データベースの Azure 移行 – パートナー向け推奨事項とガイドライン

執筆者: Cameron – MSFT SAP Program Manager このポストは、2018 年 4 月 10 日に投稿された Very Large Database Migration to Azure – Recommendations & Guidance to Partners の翻訳です。   近年、Azure クラウドに移行される SAP システムにおいて、複数の国にまたがる大規模な「シングル グローバル インスタンス」が珍しくなくなってきました。数年前に Azure プラットフォームが SAP認定を受けた当初と比較すると、システムの規模は何倍にもなっています。 現在では、超大規模データベース (VLDB) の Azure 移行も珍しくありません。しかしながら、20 TB を超える規模のオンプレミス データベースを、ダウンタイムやリスクを抑えながら Azure に移行するには、特別な技術や手順が必要になります。 下の図は、SQL Server をターゲットDBMSとする VLDB マイグレーションを示しています。元のDBMSはOracleまたはDB2を想定しています。 Azure 上の HANA への移行…


SAP on Azure の更新まとめ – 2018 年 1 月

執筆者: Cameron – MSFT SAP Program Manager このポストは、2018 年 1 月 4 日に投稿された SAP on Azure: General Update – January 2018 の翻訳です。   SAP とマイクロソフトは、Azure クラウド プラットフォーム向けの新機能を継続的にリリースしています。今回の記事では、最近数か月にわたってリリースされた更新、不具合の修正、機能強化、推奨されるベスト プラクティスなどをまとめてお伝えします。 1. NetWeaver で M、Dv3、Ev3 シリーズ VM を認定 SAP は、NetWeaver AnyDB ワークロード用に新たに 3 種類の VM を認定し、サポートを開始しました。AnyDB は、SQL Server、Oracle、DB2、Sybase、MaxDB で実行されている NetWeaver アプリケーションをさします。 現在、この VM シリーズの一部では Hana への認定も進められています。 Dv3 シリーズは、CPU…


オーストラリアの大手エネルギー企業: SAP アプリケーションを最新化して Azure パブリック クラウドへ移行

執筆者: Cameron (MSFT SAP Program Manager) このポストは、2017 年 3 月 27 日に投稿された Large Australian Energy Company Modernizes SAP Applications & Moves to Azure Public Cloud の翻訳です。   この記事では、オーストラリアの大手エネルギー企業 (以下、「同社」) で最近実施された SAP ソリューション移行プロジェクトを技術的な面から概説します。このプロジェクトは、サポート期限切れの HPUX と Oracle のプラットフォームから、Azure パブリック クラウド上で稼働する最新の SQL Server 2016 ソリューションへの移行を 12 か月間で行いました。この記事ではOS/DBマイグレーション、Unicode変換、SAPアップグレードに加え、Azureパブリッククラウドへの移行という複数の要素が関わったプロジェクトの技術的な側面に着目し紹介します。 この移行プロジェクトは、同社とマイクロソフト プラットフォーム上での SAP 運用を専門とする SAP コンサルティング企業であるBNWコンサルティング社によって、無事に完了しています。 1.  移行前のプラットフォームとその課題 同社は 1996 年に…


SAP OS/DB の SQL Server へのマイグレーションに関する FAQ v6.2 (2017 年 4 月)

執筆者: Cameron (MSFT SAP Program Manager) このポストは、2017 年 5 月 8 日に投稿された SAP OS/DB Migration to SQL Server–FAQ v6.2 April 2017 の翻訳です。   この記事で紹介している FAQ ドキュメントには、UNIX/Oracle および DB2 からWindows + SQL Server に移行した過去数年間の多くのお客様からの情報を集約した知見を記載しています。 このドキュメントには、推奨事項、ツール、ヒント、一般的なエラーを多数掲載しています。Windows + SQL Server への OS/DB マイグレーションを実施する前にお読みいただくことをお勧めします。 OS/DB マイグレーションに関する FAQ の最新版には、以下の内容が追加されています。 AIX/DB2 から Azure 上の Windows / SQL Server への移行事例の増加に伴い、DB2 用 R3load…


従来環境から Resource Manager への IaaS リソースの移行をサポートするプラットフォーム サービスをリリース

執筆者: Microsoft Azure このポストは、5 月 12 日に投稿された Platform supported migration of IaaS resources from Classic to Resource Manager の翻訳です。   Azure Resource Manager で仮想マシンのサポートが開始されてから約 1 年が経ちました。詳細については、こちらのドキュメントと追加機能に関するブログ記事 (英語) を参照してください。また、Virtual Network のサイト間ゲートウェイを使用して 2 つのデプロイメント モデルを同一サブスクリプションに共存させている場合の最適な接続やリソースの確保に関するガイダンスも公開しています。さらに、ExpressRoute 回線を構成して従来の仮想ネットワークと Resource Manager の仮想ネットワークの両方に接続する機能もリリースしました。 そして今回発表したのが、従来環境から Resource Manager への IaaS リソースの移行をサポートするプラットフォーム サービスのパブリック プレビューです。皆様の Azure サブスクリプションの開発環境やテスト環境の移行にこの機能を利用していただければ幸いです。 移行の目的 マイクロソフトは、この仮想マシン用 Resource Manager モデルで提供される新しいエクスペリエンスと API のパワーに大きな期待を寄せています。これらの利用でクラウドの活用方法が大きく変わっていくと考えています。 今回リリースされた新しいモデルでは、リソース…


VMware からの移行と災害復旧をサポートする ASR 機能強化を発表

このポストは、1 月 11 日に投稿された Announcing enhanced migration and disaster recovery for VMware using ASR の翻訳です。 このたび、Azure Site Recovery (ASR) の VMware to Azure 機能が強化され、一般提供が開始されました。これにより、Azure IaaS でレプリケーション コンポーネントやオーケストレーション コンポーネントをデプロイしなくても、VMware 仮想マシンや物理サーバーを Azure に簡単に複製し保護できるようになりました。今回の ASR 機能強化 (英語) によって、ASR をデプロイして VMware ワークロードを Azure に複製し保護 (または移行) する場合の総所有コストが大幅に削減されると同時に、管理のしやすさや簡易性が大きく改善されます。 従来の VMware to Azure 機能を使用するシナリオも現時点では引き続き可能ですが、今後 VMware のワークロードや物理サーバーを Azure に複製する際は、強化された新しい機能を使用していただくことを強くお勧めします。 この機能は 2015 年 10…