【6 月 9 日開催!】最新技術と実践的な情報を 1 日で学べるお得なイベント ~Community Open Day 2012~

Community Open Day とは、他のコミュニティに属する方々、もしくは未だコミュニティに属していない方々に各技術コミュニティの活動内容(勉強会)を披露し、興味があればそのコミュニティに参加してもらう機会を構築するためのオンライン・オフライン イベントです。 Community Open Day 2012 では、開発者および IT Pro を対象に、MS 技術コミュニティの方々が主体となって全国 10 か所で同時開催いたします。マイクロソフト社員による Windows 8 を題材にしたキーノートやジェネラル セッション、および MS 技術コミュニティの方々による現場視点での実践的かつ先進的な約 80 種類の技術セッションをお届けしますので、皆さまお誘い合わせの上、ぜひご参加ください!! また、東京会場ではサイドセッションとして Windows Phone のハッカソンも開催しています。超豪華な景品も当たりますので、奮ってご参加ください!   【開催概要】日時:2012 年 6 月 9 日(土) 10:30- (受付開始: 10:00 ※東京会場は 9:30)開催地:北海道、福島、東京、名古屋、北陸、大阪、広島、四国、九州、沖縄参加費:無料(一部有償の会場あり)公式ホームページ:http://cod.ms/Pages/default.aspxご登録サイト:http://cod.ms/Pages/application.aspx     


マイクロソフトのコミュニティ支援に関するアンケート実施中

こんにちは。 マイクロソフト 松井です。 日頃、マイクロソフトの IT エンジニア コミュニティ支援= Microsoft Community Ring をご利用いただいているコミュニティのリーダーやメンバーのみなさんにアンケートのお願いを差し上げています。 今後(マイクロソフトは6月が年度末なので、具体的には今年の7月以降)、この取組みをどのような方向に向けるか、具体的な改善点は何かなどを考えていくための貴重なフィードバックとさせていただきます。 締切(6月14日)まで間もなくとなりますが、まだお答えいただいていないコミュニティのみなさんにはこの週末にでもぜひアンケートへの回答をお願いできればと思います。  「Microsoft Community Ring に関するアンケート」 よろしくお願いいたします。  


コミュニティ支援サービス (UGSS: User Group Support Services) 近況報告

こんにちは。マイクロソフト 松井です。   昨年の10月に「 ITエンジニア コミュニティ向けの新サービス」として、UGSS( User Group Support Services)と UGSSコンシェルジェをご紹介させていただきました。 UGSS は、マイクロソフト本社が主導する英語ベースのオンラインサービスのため、日本のみなさんにご利用いただけるか少々心配ではありましたが、これまでもお付き合いのあるコミュニティのみなさんをはじめ、初めてお会いするコミュニティのみなさんまで、毎月多くのコミュニティにご登録をいただいています。 本当にありがとうございます。 さて、前回お約束した「なぜUGSS コンシェルジェか?」 という話です。マイクロソフトは世界のコミュニティに向けて多くのサービスを提供していますが、これらサービスは多くの場合英語でコミュニケーションされています。そのために日本ではなかなかご紹介もしずらく、ご紹介しても結局使っていただけないことが多かったのです。  一方、日本においては 2006年から ‘Microsoft Community Ring’ を通じて、日本独自のさまざまなコミュニティ支援サービスを実施し、ご利用いただいています。  今回、マイクロソフト本社としてコミュニティ向けに提供するサービス群を UGSS というまとまった形にしてきたタイミングで、その中のおいしいところを日本独自の ‘Microsoft Community Ring’を通じて日本語でご紹介する「UGSSコンシェルジェ」を立ち上げました。  この「UGSSコンシェルジェ」はみなさんにとっての新たな『きっかけ』にしていただければと思っています。 「英語ベースで提供されているサービスか、なんとなく役に立ちそうなものがありそうだけど、そのままだと使う気にもならない。でも・・・」 数年来、こんな声をいただくことが多い中、一番ハードルの高い入り口の部分に日本語ガイドを提供することで、日本のコミュニティのみなさんにもマイクロソフトが世界のコミュニティに向けて提供している各種サービスを積極的にご利用いただくことができればと思いました。 そして、この半年間でとてもうれしい反応をいただいています。「英語のままでもいいからもっと紹介してよ。使えるとこだけ使うから。」という声をいただく機会が増えてきました。 また、UGSS登録後に利用できるサービスの一つであるイベント資金援助を利用いただくコミュニティもどんどん増えつつあります。 こうしたコミュニティのみなさんはご登録後に案内される ‘User Group Leader Kit’ をすでに手にしているのではないでしょうか。 Kitに関する話はまた次回にしますが、コミュニティリーダーのみなさんはここでの紹介を待つまでもなく、すぐに UGSSサイトに行ってみてください。 最後に、「UGSSコンシェルジェ」は今後もみなさんの声をいただきながら成長させたいと思っています。 どう成長させるかはみなさんの声が頼りです。 私自身も Tech Fielders セミナーの場をはじめ、マイクロソフトのイベントや、このブログ、Twitter などいろいろな場所に出没するようにしています。 これからもみなさんの声を聞かせてください。  


ITエンジニア コミュニティ向けの新サービス

こんにちは。 マイクロソフト オーディエンス マーケティング 松井です。 ブログへの書き込みがかなりご無沙汰になってしまいました。 あらためてよろしくお願いします。 久しぶりの登場ですが、本日はマイクロソフトが実施している IT エンジニア コミュニティ支援の仕組みである ‘Microsoft Community Ring’ の新サービスをご紹介させていただきます。 今回ご紹介するのは、マイクロソフト 米国本社が世界中で展開しているサービス (UGSS: User Group Support Services) を、その一番おいしそうなところだけつまんで日本の IT エンジニア コミュニティのみなさんに活用いただいてしまおうというもの。その名も「UGSS コンシェルジェ」です。 IT エンジニアとしてコミュニティを運営している、協力している、参加している、これからコミュニティ活動を始めることを考えている、という立場のみなさんにはぜひ知っておいていただきたいサービスです。 詳しい内容を Microsoft Community Ring の UGSS コンシェルジェご紹介ページでご確認ください。 本サービスはみなさまにとってより良く使っていただけるよう、みなさまからのフィードバックをもとに改善を行っています。ご意見、ご質問などあれば 本ブログへでも、Microsoft Community Ring 事務局 宛でも結構です。是非お聞かせください。 なお、私自身は今週後半、本ブログで杉田がご紹介している IT Pro Expo の会場や、金曜日と土曜日で開催されるオープン ソース カンファレンスの展示ブースにいる予定です。 UGSS とは? なぜ UGSS コンシェルジェを? などの話は、また次の投稿でご紹介させていただきますのでご期待ください。…


輪の広がりを実感した一週間

こんにちは、 マイクロソフト 松井です。 だいぶご無沙汰してしまいました。 あちこちのマイクロソフト社員ブログに書き込みがありますが、私も今週は Tech・Ed 会場でのプログラム運営で横浜にきています。 前回のプログラムをさらにパワーアップさせたもの、新たにチャレンジしたもの、今年も Tech・Ed の会場で多くのコミュニティ関連プログラムを企画させていただきました。 (すでに中心になって動いてくれた舟越や原水がブログでご紹介してますね。)  主催側であるマイクロソフトとしても、前回よりもさらによいものをと準備を進めてきたわけですが、我々は場を用意するだけでプログラムを完成させるにはコミュニティの皆さんとの協業が必要となるものばかり。 春からの長い準備期間、多くの方々の準備が実り、大変充実した内容を Tech・Ed ご来場の皆様にも提供できたのではと感じています。 昨年の Tech・Ed で Microsoft Community Ring をアナウンスしてから約一年。  この会場で多くのコミュニティ関係者の皆さんに会い、そして皆さんの活躍を見て、あらためてコミュニティにかかわる人々の輪の広がりを実感することができました これからもマイクロソフトとしてできることで、IT エンジニアの皆さんの輪を広げるお手伝いができればと思っています。   そうそう、写真は期間中コミュニティの方にいただいた手作りのマスコットです。思いもよらないいただきものでした。


仙台での Community Launch Team イベント

こんにちは。マイクロソフト松井です。 本日は Community Launch Team (CLT)イベント仙台 ~マイクロソフト共催 の実施のために仙台に来ています。このマイクロソフト共催での CLT イベントは本日で最終日です。 最終日らしく、ここ仙台と大阪の2会場での同日実施です。マイクロソフトのスタッフも二手に分かれてイベントをサポートに出掛けています。 大阪の模様はこちらのブログですでに準備状況や速報があがっているようです。 仙台の模様もほんの少しですが、写真でご覧ください。 ほかの会場にはなかった SharePoint Server 2007 のセッションが進んでいます。

1

Community Launch Team イベント東京会場終了です

マイクロソフト松井です。 これまでも、このブログや舟越や原水のブログで状況をお知らせしていた Community Launch Team イベントですが、本日新宿のマイクロソフトオフィス内セミナールームにて、東京会場分が実施され多くの皆様に参加いただくことができました。 今日は朝から大変天気もよく、もしかしたらこのイベントに来ないで青空の下に遊びに出掛けてしまう人も多いのではと、午前中の準備のときにスタッフの皆と話をして心配していたのですが、受付開始とともにたくさんの方が押し寄せ、最終的にはセッション後の懇親会にも多くの方が参加いただける大変良い交流の場となりました。 今回の実施では協力コミュニティとして、PASSJ とVSUG の皆さんに司会進行から、コミュニティ紹介までしていただきました。 本日の参加者の皆さんがこれをきっかけにコミュニティへの仲間入りをして ITエンジニアの輪を広げてくれれば、今回のようなイベントの価値をさらに高いものにできると思っています。 Community Launch Team イベンントはまだ今後も予定されています。 マイクロソフト共催での実施は来週 6/2(土) に仙台と大阪で実施されます。    

1

春はスキルアップの季節

マイクロソフト松井です。昨日発行の TechNet Flash にて ’春のスキルアップ特集’ということでご紹介している 2種類のイベントについてご紹介します。 1つ目はご存じ 「IT Pro 道場」。 年末から2月までの「全国行脚」で好評だった「あらためて Active Directory入門編」を5月~6月の期間集中的に繰り返し実施します。 時間帯はこれまでご要望が多かったにも関わらず実現できていなかった平日夕方からの開催です。  2つ目は以前ここで紹介した「Community Lanuch Team イベント」。 今回は「Community Launch Team イベント ~マイクロソフト共催」ということで、 MVP とエバンジェリストがスピーカーとなり、同じく5月~6月の土曜日に全国5か所で実施していきます。 おもなテーマは Windows Vista, 2007 Office System, .NET Framework 3.0 ですが、各会場によってスピーカーやセッション内容も様々です。 すでにスピーカー名やセッション内容、そして一緒にイベントを支えていただく協力コミュニティも公開しています。 製品、テクノロジーに関する情報収集にとどまらず、MVPやコミュニティとのネットワーク作りも魅力のひとつではないでしょうか。 詳しい情報は、下記の Microsoft Community Ring のページをご覧ください。http://www.microsoft.com/japan/powerpro/community/cltpub/ms/すでにデベロッパーオーディエンスマーケティングの舟越やコミュニティエンゲージメント推進部 原水のブログでも紹介されているようなので、そちらも参照ください。「開発者のみなさまへ」 http://blogs.msdn.com/devamm/archive/2007/04/19/5-clt.aspx「原水のコミュニティ通信」 http://blogs.technet.com/shinhara/archive/2007/04/17/clt-event-with-microsoft.aspx そして、最後になりましたが、IT Pro 道場も CLTイベントも参加費無料のイベントです。 この機会に ’スキルアップ + α’  を大いに楽しんでいただければ幸いです。  

1

コミュニティ活動の記事

こんにちは、マイクロソフト松井です。 今日、手元にとどいた「日経SYSYTEMS 3月号」に気になる見出しが躍っていました。「社外コミュニティで自分を伸ばす」 日頃から Microsoft Community Ring を担当し、Culminis(カルミニス)  や INETA(アイネタ) Japan を通じて IT エンジニアコミュニティの皆さんとお付き合いさせていただいていますので、とりあえず仕事の手を止めてさっそく目を通してみると、特集の1つとして普段から我々も話題にしているような話がわかりやすく書かれています。 そして、特集の最後のページにあるコミュニティのリストにはお付き合いがある ITコミュニティの名前もチラホラと。 ちょっと嬉しい気分になり、こちらへ投稿しました。


Community Launch Team というちょっと変わった名前の活動

こんにちは(正確にはこんばんはの時間ですが)。 マイクロソフト松井です。 すでに昨日発行の TechNet Flash ニュースレターをご覧の皆さんはご存じかもしれませんが、今日は現在準備を進めている ’Community Launch Team (略称 CLT)’ という活動についてご紹介します。CLT はマイクロソフトの新製品が登場してくるのに合わせて、いろいろなコミュニティの皆さんが新製品/新技術の話題をコミュニティ勉強会などで扱うのをできるだけお手伝いしましょう。という活動で、コミュニティの皆さんがそれらのテーマを扱いやすくするための様々なコンテンツやグッズなどを提供してくもので全世界で実施しています。 詳しくは Microsoft Community Ring の CLT ページをご覧いただくのがいいと思います。各コミュニティによるイベントの予定や実施レポートなどもこちらのCLT ページに掲載していきますので、チェックしてみてください。 先週から始まった 「IT Pro 道場 全国行脚」で各地を回っているため、最近あまり新宿のオフィスにいる時間が少なくなってますが(今晩も広島にきています)、CLTをはじめ IT Pro道場以外にも IT プロの皆さんの交流支援計画を進めていますのでご期待ください。  

2