Power BI で Azure 監査ログを表示および分析する方法

このポストは、9 月 30 日に投稿された View and analyze Azure Audit Logs in Power BI and more の翻訳です。   Azure の監査ログ (旧称「操作ログ」) には、Azure Resource Manager で実行されたすべてのプロビジョニング処理や、Azure のリソース管理に関連するその他の処理 (アラート、自動スケーリング、デプロイメントなど) が含まれます。また、サブスクリプションのリソースに影響する他のサービス関連のイベントや通知も記録されます。Azure 管理ポータルの [Audit Logs] ブレードでは、ログに含まれる多くの情報を確認することができます。 これまでに、ログデータへのアクセス、分析、視覚化を簡単に行えるようにしてほしいというフィードバックが寄せられていました。このたびこれにお応えして、ビジネス上の意思決定をより確実にサポートする新機能、Power BI Content Pack for Azure Audit Logs のプレビューがリリースされました。今回の記事では、独自のスクリプトやプログラムからデータを利用する他の方法もいくつかご紹介します。 Azure 監査ログの内容 まず、Azure の監査ログにアクセスします。Azure 管理ポータルから監査ログにアクセスする詳しい手順については、こちらのドキュメントをご覧ください。Azure の監査ログには、Azure のリソースの制御プレーンのすべてのイベントおよびログが集められます。システムおよびユーザーによって生成されたイベントも記録されます。監査ログには、Azure Insights SDK、PowerShell、REST API、CLI からもアクセスできます。このログは Azure のイベント ログ ストアに…


Azure Government Cloud で米国公共機関向けに Azure Backup を提供

このポストは、9 月 30 日に投稿された Azure Government cloud announces Azure Backup for U.S. public sector の翻訳です。   オンプレミスとクラウドの資産を効率的かつ安全に保護したいという米国公共機関のお客様から寄せられた多数のご要望にお応えして、このたび Azure Government Cloud で Azure Backup をご利用いただけるようになりました。Azure Backup には主に次のような機能が組み込まれ、それによって Azure Government Cloud でバックアップ サービスを提供するための要件が満たされることになります。 分離: Azure Government Cloud では、米国公共機関の厳格なコンプライアンス基準を満たすために、ネットワークが分離されています。Azure Backup を利用すると、SQL Server、SharePoint、Exchange、Azure Government Cloud で実行されている Hyper-V VM などのワークロードのビジネス データを保護することができます。 担当者の審査: Azure Government Cloud の一部として、Azure Backup の運用とサポートは素性を審査された米国籍のスタッフが担当します。 セキュリティ: Azure…


Azure 向け Cloud Foundry プレビュー 2 の提供を開始

このポストは、9 月 30 日に投稿された Cloud Foundry on Azure Preview 2 Now Available の翻訳です。   Azure 向け Cloud Foundry のプレビュー版に続き、この数か月間にコミュニティの皆様から寄せられたフィードバックを反映した更新版のリリースを発表いたします。このたび、Azure 向け Cloud Foundry プレビュー 2 が利用可能になりました。Azure 向け Cloud Foundry プレビュー 2 は最新のオープンソースの Cloud Foundry テクノロジを活用し、Bosh-Init フレームワークを基盤として構築されています。また、最新の Azure リソース管理フレームワークと統合されており、複数の Cloud Foundry VM をサポートします。今回の更新では、Bosh-Init を使用して Azure に標準の Cloud Foundry インフラストラクチャをデプロイできるようになります。  [View:https://sec.ch9.ms/ch9/b8be/8d969cf5-7a49-4daf-85d6-6b5fd37eb8be/NingCFv2_high.mp4:0:0]  ステップバイステップのコマンドを使用して Cloud Foundry を Azure に設定、デプロイする場合は、Azure 向け…


Azure Container Service を発表: 現時点の発表内容と今後について

このポストは、9 月 29 日に投稿された Azure Container Service: Now and the Future の翻訳です。   今回の AzureCon では、Azure でのコンテナー化されたアプリケーションのサポートに関する新たな発表がありました。マイクロソフトは Azure の新しいサービスとして、Azure Container Service を発表しました。Azure Container Service は、Docker と Mesosphere の協力のもとで開発が進められているもので、コンテナー化されたアプリケーションのデプロイメント、オーケストレーション、管理を行うホスト マシンのスケーラブルなクラスターを作成、管理することができます。 本日の発表内容 本日は 2 つのことを発表しました。1 つは Azure Resource Manager (ARM) で Azure Container Service Resource Provider を提供する予定であること、もう 1 つは Azure QuickStart テンプレートの形でこのサービスの初期プロトタイプが実装されたことです。ここではまず、Azure Container Service に関する発表内容をご説明しましょう。 ARM の活用により、Docker、Apache…


Azure Alerts で Webhook のサポートを開始

このポストは、9 月 28 日に投稿された Webhooks for Azure Alerts の翻訳です。 このたび、Azure Alerts で新たに Webhook がサポートされることが発表されました。これにより、Azure リソースからのデータ (メトリック) の監視効率が向上し、またさらに先進的な機能として、結果への自動対応が可能になります。 Webhook (英語) とは、一般的にイベントによりトリガーされるユーザー定義の HTTP エンドポイントで、これを活用すると Azure Alerts の応用範囲が広がります。Webhook のエンドポイントには HTTP と HTTPS を指定でき、アラートの作成や更新は Azure ポータルから行います。 Webhook は Azure Alerts で次のように動作します。 ユーザーが指定したエンドポイントに対して Azure Alerts サービスが HTTP POST 処理を作成します。 アラートのメタデータが JSON ペイロードとしてエンドポイントに送信されます。 受信したデータをエンドポイントが処理し、アラートに応じた対応を取ります。 今回の更新によりアラートの活用範囲が広がり、下記のようなことが可能です。 PagerDuty (英語)、OpsGenie (英語)、VictorOps (英語) などの一般的な DevOps…


Azure Storage Data Movement Library プレビューの概要

このポストは、9 月 23 日に投稿された Introducing Azure Storage Data Movement Library Preview の翻訳です。   AzCopy をリリースして以来、多くのお客様から AzCopy のプログラムにアクセスできるようにしてほしいとご要望が寄せられていました。このご要望を受けて、このたび、オープン ソースの Azure Storage Data Movement Library (DML) for .NET のリリースを発表しました。このライブラリは、AzCopy で使用している主要なデータ移行フレームワークを基盤としており、信頼性の高い高パフォーマンスな Azure Storage のデータ転送操作を簡単に行うことができます。これにより、次のようなシナリオに対応できるようになりました。 Microsoft Azure の BLOB とファイル ストレージ間でのデータのアップロード、ダウンロード、コピー AWS S3 などのサードパーティ クラウド プロバイダーから Azure Blob Storage へのデータの移行 Azure Storage のデータのバックアップ 以下は、BLOB のアップロードに使用するコードのサンプルです (その他のサンプルは、GitHub (英語) を参照してください)。 using…


新しい Azure DocumentDB のパフォーマンス メトリック

このポストは、9 月 28 日に投稿された New Azure DocumentDB Performance Metrics の翻訳です。 マイクロソフトは、Azure の NoSQL ドキュメント データベース サービスである DocumentDB の管理、運用エクスペリエンスの強化に日々努めています。本日新たに、複数のストレージ メトリックが Azure プレビュー ポータルに追加され、Microsoft Azure Insights Library (英語) 経由でご利用いただけるようになりました。今回追加されたパフォーマンス メトリックは、以下のとおりです。 データ サイズ インデックス サイズ ストレージ容量 空き容量 これらのメトリックを追加するには、既存の DocumentDB メトリック部分の編集用ハイパーリンクをクリックするか、または、既存の DocumentDB メトリック部分を右クリックし [Edit Chart] をクリックします。 追加するメトリックと期間を選択し、[Save] をクリックします。 また、既存のグラフをクリックすると、選択したメトリックの詳細情報を表示できます。 マイクロソフトでは今後も、DocumentDB のパフォーマンス メトリックをどんどん追加していけるよう努めていきます。今回の発表に関するご意見は、ページ下部のコメント欄までお寄せいただければ幸いです。いただいたご意見は今後お届けする情報や追加機能の参考にさせていただきます。ご不明な点は Stack Overflow 開発者フォーラム (英語) までお寄せいただくか、DocumentDB エンジニアリング チームとの個人チャットをご予約ください…