Azure Functions の一般提供を開始

執筆者: Yochay Kiriaty (Principal Program Manager, Azure Platform) このポストは、11 月 15 日に投稿された Announcing general availability of Azure Functions の翻訳です。   今日、企業がクラウドを利用する狙いは、ビジネスを加速することだけではありません。もう 1 つ重要なのが、ビジネスの変革です。PaaS (サービスとしてのプラットフォーム) を使用するとインフラストラクチャの管理や保守にわずらわされることなくアプリケーションの刷新に集中できるため、企業はビジネスの変革を促進させる規模でイノベーションを実現できます。Microsoft Azure が提供する最先端の PaaS 製品には、マイクロソフトが世界トップクラスのツールやサービスを数十年にわたって開発者に提供してきた経験が活かされています。その Azure PaaS ポートフォリオの一角を占める Azure Functions は、アプリケーション開発の迅速化と運用の俊敏性向上を可能にするサーバーレス コンピューティング エクスペリエンスを提供しています。2016 年 3 月にプレビュー版がリリース (英語) されていましたが、このたび一般提供が開始となりました。 Azure Functions はサーバーレス アーキテクチャでのイベント主導型ソリューションの開発を支援します。オンデマンドでのスケーリングが可能で、実際に消費したリソースに対してのみ料金が発生します。今回 C# と JavaScript のサポートが一般提供となり、F#、PowerShell、PHP、Python、CMD、BAT、Bash についてはプレビューのままです。Azure Functions は統合ツールのサポートしているほか、すぐに利用できる Azure やサードパーティ製サービスへのバインドを提供し、継続的デプロイメントに対応しているため、開発者の生産性が向上します。…


Azure Backup のアラート機能と監視機能

執筆者: Giridhar Mosay (Program Manager, Cloud + Enterprise) このポストは、8 月 16 日に投稿された Alerting and monitoring for Azure Backup の翻訳です。   Azure Backup の UserVoice (英語) で最も人気を集めていた Azure Backup のアラート機能と監視機能のプレビュー リリースが公開されました。これは、新しい Recovery Services コンテナーを活用してより簡単な操作を実現する取り組みのひとつの実践です。お客様はオンプレミスのサーバーと Azure IaaS Virtual Machines のクラウド バックアップを 1 つのダッシュボードで監視し、すべてのバックアップのアラートとして電子メールによる通知を設定できます。 プレビュー リリースへのサブスクリプションの登録方法: # 手順 1: Windows PowerShell から Azure アカウントにログインします。Azure PowerShell のインストール方法についてはこちらをご覧ください。 PS C:>…


Apache Cassandra および Salesforce からのデータの取り込みと Data Management Gateway 2.0 のリリース

執筆者: Cobbie Yang (Senior Program Manager, Azure Data Factory) このポストは、7 月 19 日に投稿された Ingest data from Apache Cassandra, Salesforce and Data Management Gateway 2.0 release の翻訳です。   Apache Cassandra 用および Salesforce 用の新しいコネクタをリリース マイクロソフトは Azure Data Factory の接続性の拡張に継続的に取り組んでおり、このたび Apache Cassandra 用および Salesforce 用の 2 つのコネクタを新たにリリースしました。今回のリリースにより、この 2 つのデータ ストアから Azure Data Factory を使用してさまざまなデータ ストアにデータを取り込めるようになります。Azure Data Factory で、データの取り込み元/取り込み先として使用可能なデータ…


Microsoft Azure Storage Explorer プレビュー版の 6 月の更新

執筆者: Cristy Gonzalez (Program Manager, Azure Tools) このポストは、6 月 9 日に投稿された Microsoft Azure Storage Explorer preview: June update の翻訳です。   Microsoft Azure Storage Explorer (プレビュー版、英語) の新たな更新がリリースされ、Azure Files のファイル共有がサポートされました。 今回のリリースでは、Azure Storage への接続を容易にすると共に、テーブルをカスタマイズする際のエクスペリエンスを強化することに重点的に取り組みました。また、特にご要望の多かったクエリ結果に基づくテーブルのエクスポートと、$logs および $metrics を利用した診断も行えるようになりました。さらに、BLOB のダウンロード時やエンティティの編集時の不安定性に対しても多数のフィードバックをいただいていたため、今回の更新ではこれらの不具合を修正したほか、新しい Node.js 用 Storage クライアント ライブラリ (バージョン 1.0) に実装された修正も引き継いで対応しました。 6 月の更新では、以下の変更が実施されています。 Azure Files のサポート   ストレージ アカウントへの接続エクスペリエンスの更新   クエリ結果のエクスポートとインポート/エクスポートの強化   テーブルの列の並べ替えとカスタマイズ…


Azure Marketplace で Red Hat Enterprise Linux 6.8 の提供を開始

執筆者: Boris Baryshnikov (Principal Program Manager, Microsoft Azure) このポストは、5 月 23 日に投稿された Red Hat Enterprise Linux 6.8 is now available in Azure Marketplace の翻訳です。   5 月 10 日、Red Hat は Red Hat Enterprise Linux 6 プラットフォームの最新バージョンである Red Hat Enterprise Linux 6.8 の一般提供開始を発表 (英語) しました。Red Hat Enterprise Linux 6.8 では、新機能が追加されると共に、ミッション クリティカルな IT インフラストラクチャ向けの安定性と信頼性の高いプラットフォームが提供されます。新機能や機能強化の詳細については、Red Hat のプレスリリース…


Azure のデータの移動速度が向上

執筆者: Harish Kumar Agarwal (Sr. Program Manager, Azure Data Factory) このポストは、5 月 12 日に投稿された Data movement made faster in Azure の翻訳です。   Azure Data Factory では、各種データ ストアやエンドポイントへの接続の拡充 (現在利用可能なサービスはこちら) やさまざまなデータ形式への対応 (現在 Text、Avro、JSON に対応) のほかに、データの移動速度の向上にも積極的に取り組んでいます。今回、Azure Data Factory のスループットを増大させることで速度向上を実現しました。これにより、Azure Data Factory のコピー機能が以下のように強化されました。 Azure Blob Storage がオンプレミスのファイル システムや Azure Blob Storage から 1 TB のデータを取得するのにかかる時間が約 3 時間に (転送速度 100…


Azure Blockchain as a Service の最新情報 (第 8 回)

執筆者:Marley Gray (Director, BizDev & Strategy – Cloud and Enterprise) このポストは、5 月 4 日に投稿された Azure Blockchain as a Service update #8 の翻訳です。   今回は、DX のグローバル エンジニアリング パートナー チームでグローバル ビジネス ストラテジストを務める Yorke Rhodes と、CELA の規制関連業務アシスタント ゼネラル カウンセルを務める Jason Albert が共同執筆した記事をご紹介します。 マイクロソフトが Chamber of Digital Commerce に参画 マイクロソフトは、デジタル アセット業界団体 Chamber of Digital Commerce (英語) に参画いたしました。Chamber of Digital…


Azure Resource Policy の一般提供開始を発表

執筆者: Mike Chen (Program Manager, Azure Resource Manager) このポストは、4 月 15 日に投稿された Announcing Azure Resource Policy general availability の翻訳です。   ビジネスにおけるクラウドの利用が広がるにつれて、企業では自社のリソース構成を正しく制御し、独自のポリシーやガバナンス要件に的確に対応することがますます不可欠になっています。 マイクロソフトはこのたび、Azure Resource Manager を基盤とした Azure Resource Policy の一般提供開始を発表しました。 Azure サービスや対応地域での使用を許可するリソースの構成は、ポリシー ドキュメントで統括されますが、このポリシー ドキュメントの定義を Resource Policy で行うことができます。今回のリリースでは、お客様からのご意見に基づいてさらに複数の新機能を追加し、次のような機能強化を実施しました。 リソース SKU の制御 AzureCon の後、Azure Resource Policy はタグやリソース名、サービスの種類、場所といったさまざまなファセットに対応しました。また、このイベントでは企業の IT 管理者の方から、セキュリティ確保やコスト管理のために仮想マシン イメージと SKU を制限できるようにしてほしいという声も寄せられていたため、これに対応しました。 以下のコード サンプルは、仮想マシン SKU を Standard_A0 と…


Azure Stack Technical Preview 1 の更新リリースを発表

執筆者: Microsoft Azure Stack Team このポストは、4 月 5 日に投稿された Announcing incremental release for Azure Stack Technical Preview 1 の翻訳です。   Azure Stack Technical Preview 1 の更新がリリースされました。最新のリリースはこちらのページからダウンロードできます。 今回のリリースでは、以下の機能強化が実施されています。 VM のデプロイメント所要時間の短縮 VM の停止、開始、削除などの操作のパフォーマンス向上 ポータル エクスペリエンスの安定性と信頼性の向上 Desired State Configuration および Docker の拡張機能の更新 (Azure の配置に使用) なお、Technical Preview 1 からのインプレース アップグレードは使用できませんのでご注意ください。上記の機能強化を適用するには、環境を再度デプロイする必要があります。 デプロイメント手順の詳細については、技術資料を参照してください。 サポートが必要な場合や、ご意見がありましたら、Azure Stack フォーラム (英語) までお寄せください。特に、Azure Stack への追加を希望する Azure…


Azure Diagnostics および Azure Audit Logs の新機能

執筆者: Ashwin Kamath (Senior Program Manager, Azure Monitoring) このポストは、4 月 1 日に投稿された New features for Azure diagnostics and Azure Audit logs の翻訳です。   Azure リソースの操作を詳細に把握し、そのデータを柔軟に活用するための新機能がリリースされました。また、パートナー企業の Splunk が開発した Azure Diagnostics のデータを閲覧、分析するための優れたアドオンについてもご紹介します。 Azure Audit Logs のアーカイブとストリーミング Azure Audit Logs は、Azure リソースの操作に関するさまざまな情報を提供するデータ ソースです。Azure Audit Logs で最も重要なデータは、すべてのリソースから送信される操作ログです。これには Azure Resource Manager によって追跡されるすべてのリソースの制御プレーンの操作が含まれ、具体的には VM の作成、Web サイトの開始、データベースの停止、デプロイメントの完了や失敗などのログが挙げられます。既定では、Azure Audit Logs のすべてのログは 90 日間保持されます。しかし、履歴データのスタティック分析やコンプライアンス監査のために、このデータをアーカイブできる期間を延長してほしいという要望が寄せられていました。…