Terraform の Azure へのサポート投資を拡大

執筆者: Corey Sanders (Director of Compute) このポストは、8 月 17 日に投稿された Investing deeply in Terraform on Azure の翻訳です。   Azure にデプロイするアプリの数が増えるにつれて、Azure の DevOps ツールに興味を持つお客様が増えてきました。また、ハイブリッド デプロイメントやマルチクラウド デプロイメントなど複数の環境にアプリをデプロイする際に、同じツールを使用することで DevOps エクスペリエンスを統一したいという声も寄せられるようになりました。マイクロソフトではこうしたニーズにお応えするために、DevOps とクラウド インフラストラクチャ管理の分野で有名な HashiCorp との連携を強化し、Terraform への投資を大幅に拡大 (英語) することにしました。 マイクロソフトと HashiCorp の提携は 2016 年前半から始まり、HashiCorp のポートフォリオに含まれる Packer や Terraform などの多数のツールで Azure Resource Manager を完全にサポートする計画を共同発表 (英語) しました。それ以来、HashiCorp 製品での Azure サポートはお客様にたいへんご好評いただいています。 今回このパートナーシップを強化し、Azure Container…


新たに強化された Azure Log Analytics を発表

執筆者: Ketan Ghelani (Group Program Manager, Azure Log Analytics) このポストは、8 月 9 日に投稿された Announcing the new and improved Azure Log Analytics の翻訳です。   Azure Log Analytics サービスでは現在、既存のお客様に向けたアップグレードを開始しており、強力な検索、スマートな分析、さらに詳しいインサイトなどの機能を順次提供しています。今回のアップグレードにより、インタラクティブなクエリ言語と高度な分析ポータル、Azure Application Insights のような拡張性に優れたデータ ストアなどを利用して、運用担当者や開発担当者が一貫性のある監視エクスペリエンスを構築できるようになります。 リリース以来最大のアップグレードとなる今回、Azure Log Analytics の新たな機能強化として、これまで言語に関して寄せられたすべてのフィードバックを反映した、シンプルで強力なクエリ言語を採用しました。この数か月間、早期アップグレードにご協力いただいた 60 社以上のお客様からは、強化されたエクスペリエンスと新しい言語機能について非常に高い評価をいただいています。以下に、お客様のフィードバックをご紹介します。 「運よく Azure Log Analytics の早期アップグレードに参加することができました。新しくなった機能は、コード ベースや環境における問題を診断したり、全体的なパフォーマンスを広く把握したりするのに役立っています。ポータルが直観的で、クエリ言語も非常にわかりやすくなったうえ、IntelliSense が改善されて簡単に実装できるようになりました」 – Wizards of the Coast (英語)、インフラストラクチャおよびプラットフォーム アーキテクト、Scott Thomas 氏 「ワークスペースをアップグレードしたばかりですが、現時点で新しいクエリ言語にはたいへん満足しています。クエリのスピードが非常に速く、IntelliSense もとても便利です。また、以前できなかった集計ができるようになりました。クエリ…


Azure IaaS 仮想マシンの災害復旧機能のパブリック プレビューを発表

執筆者: Rochak Mittal (Principal Program Manager, Cloud + Enterprise) このポストは、5 月 31 日に投稿された Announcing public preview of disaster recovery for Azure IaaS virtual machines の翻訳です。   マイクロソフトは、Azure Site Recovery (ASR) の拡張機能である Azure IaaS 仮想マシン (VM) の災害復旧機能のパブリック プレビューを発表しました。この機能を使用すると、Azure で実行される IaaS ベースのアプリケーションを同一地域 (英語) の別の Azure リージョンに簡単に複製して保護することができます。この際、追加のインフラストラクチャ コンポーネントやソフトウェア アプライアンスを既存のサブスクリプションにデプロイする必要はありません。この新機能を IaaS 仮想マシンの Azure Backup と併用することで、Azure 上のすべての IaaS ベース アプリケーションに対する総合的なビジネス継続性および災害復旧の戦略を策定できます。…


メンテナンス イベントの事前対応が可能に

執筆者: Ziv Rafalovich (Senior Program MAnager, Azure Compute) このポストは、5 月 3 日に投稿された Reacting to maintenance events… before they happen の翻訳です。   スケジュールされたイベント (プレビュー) の概要 VM の可用性に影響を与える可能性のあるイベントの予定を把握し、事前に対処しておけたら便利だと思いませんか? Azure のスケジュールされたイベント機能ならこれが可能です。 このスケジュールされたイベント機能は Azure Metadata Service のサブサービスで、再起動などのスケジュールされているイベントの情報を表示します。これにより、アプリケーションでイベントの影響を最小限に抑えるタスクを事前に実行できます。このサービスは、Azure Metadata Service の一部として VM 内から REST エンドポイントを使用して表示されます。ルーティング不可能な IP が使用されるため、この情報が VM 外部に漏えいすることはありません。 スケジュールされたイベントの対応範囲 マイクロソフトでは、スケジュールされたイベントの範囲を拡大させ続けています。プレビュー期間中でも、以下のことが可能です。 VM 保護メンテナンス (インプレース VM 移行)。このレベルのメンテナンス操作は、VM を再起動させることなくホスティング環境 (ハイパーバイザーおよびエージェント) の修正プログラムや更新を適用するのに使用されます。VM 保護メンテナンスでは…


Instance Metadata Service のパブリック プレビューを発表

執筆者: Hariharan Jayaraman (Senior Program Manager, Azure Compute) このポストは、4 月 11 日に投稿された Announcing public preview of Instance Metadata Service の翻訳です。   このたび、Instance Metadata Service のパブリック プレビューを Azure 米国中西部リージョンにて開始します。Instance Metadata Service は RESTful のエンドポイントで、仮想マシン インスタンスのコンピューティング、ネットワーク、メンテナンス イベントの予定などの情報を取得できます。このエンドポイントには、一般的にルーティングされない IP アドレス (169.254.169.254) が割り当てられており、該当する VM からのみアクセスできます。Instance Metadata Service のデータは、クラスターのセットアップ、レプリカの配置、サポート性、テレメトリ (英語)、さらにはクラスターのブートストラップやランタイムに関するその他の対応に利用できます。 使用条件に同意いただくとプレビューを利用できます。詳しくは、Microsoft Azure プレビューの追加使用条件を確認してください。 サービスの提供範囲 このサービスは、現在米国中西部リージョンの Azure Resource Manager で作成されるすべての VM…


Azure Site Recovery を使用して Premium Storage で Hyper-V マシンを保護および復旧

執筆者: Poornima Natarajan (Program Manager, Cloud + Enterprise) このポストは、3 月 7 日に投稿された Protect and recover Hyper-V machines to premium storage with Azure Site Recovery の翻訳です。   今回、Azure の Premium Storage アカウントへの Hyper-V 仮想マシン (System Center VMM で管理されているものとそうでないものの両方を含む) のレプリケーションがサポートされました。 I/O 負荷の高いエンタープライズ クラスのワークロードについては、Premium Storage に複製することをお勧めします。Premium Storage では、VM 1 台あたりの IOPS およびディスク スループットが高く、超低レイテンシの読み取り操作を実現できます。Azure へのフェールオーバー時には、Premium Storage に複製されるワークロードが Premium Storage…


Azure Marketplace で Clear Linux* OS の提供を開始

執筆者: Jose Miguel Parrella (Product Manager, Open Source) このポストは、1 月 18 日に投稿された Announcing the availability of Clear Linux* OS in Azure Marketplace の翻訳です。   このたび Azure Marketplace で、Intel® アーキテクチャ向け Clear Linux* OS の提供を開始しました。Clear Linux OS (英語) はクラウド環境やデータセンター環境向けにゼロから構築された無料のオープン ソース Linux ディストーションで、パフォーマンスを最適化し Intel アーキテクチャを最大限に活用するようチューニングされています。 マイクロソフトは、Microsoft Azure がこの Clear Linux を提供する最初のパブリック クラウド サービス プロバイダーとなり、クラウド環境の Linux ユーザーと大規模なコミュニティの皆様に提供できるようになったことをたいへん嬉しく思っています。この記事では、Azure Marketplace で提供される…


Azure Advisor のパブリック プレビューを発表

執筆者: Shankar Sivadasan (Sr. Product Marketing Manager, Cloud Platform) このポストは、11 月 17 日に投稿された Announcing the public preview of Azure Advisor の翻訳です。   今回の記事は、CloudES 担当シニア プログラム マネージャーを務める Manbeen Kohli と共同で執筆したものです。 Azure でアプリケーションの構築を始めるのは難しいことではありませんが、基盤となる Azure リソースを適切にセットアップし最適な形で使用しようとするとそう簡単ではありません。そこでこのたび、Azure リソースを最適に構成するためのベスト プラクティスを個々のユーザーに合わせて積極的に提案する Azure Advisor のパブリック プレビューを発表しました。 Azure Advisor では、リソースの構成と使用状況のテレメトリ データを分析し、リスクや潜在的な問題を検出できます。そのうえで Azure のベスト プラクティスに基づいてコスト削減のための推奨事項やアプリケーションのセキュリティ、パフォーマンス、信頼性の向上につながる方策が提案されます。この記事では、Azure Advisor についてご紹介しながら、この機能によって Azure リソースがどのように最適化されるかをご説明します。 推奨事項を確認する Azure Advisor の使用を開始するには、まず Azure…


Azure Resource Manager で VM の自動シャットダウンが可能に

執筆者: Xiaoying Guo (Sr. Program Manager, Azure DevTest Labs) このポストは、11 月 22 日に投稿された Announcing auto-shutdown for VMs using Azure Resource Manager の翻訳です。   このたび、ARM 環境で稼動するすべての仮想マシンで自動シャットダウンを簡単に設定できるようになりました。 これはもともと Azure DevTest Labs の VM でのみ使用できる機能でした。Azure DevTest Labs は、手間や管理コストを抑えながら開発/テスト用の環境を作成するための Azure のセルフサービス型サンドボックスで、作業環境のセットアップや環境の構成の所要時間、製品の再現性、保守費用の高騰などの IT チームや開発チームが直面している問題を解決することを目的としています。これにより、安全なセルフサービス型のテスト環境を迅速に構築することができるようになります。 DevTest Labs で作成したテンプレートは、あらゆる場所で再利用できます。パブリック API、PowerShell コマンドレット、VSTS 拡張機能 (英語) などを使用すると、ラボからリリース パイプラインまでの開発/テスト環境の統合が驚くほど簡単になります。Azure DevTest Labs は、開発/テストのほかにトレーニングやハッカソンなどのシナリオでも使用できます。このサービスの詳しい内容については、一般提供のリリース記事をお読みください。トレーニングで DevTest Labs を使用する方法の詳細については、「トレーニングでの Azure…


Azure Functions の一般提供を開始

執筆者: Yochay Kiriaty (Principal Program Manager, Azure Platform) このポストは、11 月 15 日に投稿された Announcing general availability of Azure Functions の翻訳です。   今日、企業がクラウドを利用する狙いは、ビジネスを加速することだけではありません。もう 1 つ重要なのが、ビジネスの変革です。PaaS (サービスとしてのプラットフォーム) を使用するとインフラストラクチャの管理や保守にわずらわされることなくアプリケーションの刷新に集中できるため、企業はビジネスの変革を促進させる規模でイノベーションを実現できます。Microsoft Azure が提供する最先端の PaaS 製品には、マイクロソフトが世界トップクラスのツールやサービスを数十年にわたって開発者に提供してきた経験が活かされています。その Azure PaaS ポートフォリオの一角を占める Azure Functions は、アプリケーション開発の迅速化と運用の俊敏性向上を可能にするサーバーレス コンピューティング エクスペリエンスを提供しています。2016 年 3 月にプレビュー版がリリース (英語) されていましたが、このたび一般提供が開始となりました。 Azure Functions はサーバーレス アーキテクチャでのイベント主導型ソリューションの開発を支援します。オンデマンドでのスケーリングが可能で、実際に消費したリソースに対してのみ料金が発生します。今回 C# と JavaScript のサポートが一般提供となり、F#、PowerShell、PHP、Python、CMD、BAT、Bash についてはプレビューのままです。Azure Functions は統合ツールのサポートしているほか、すぐに利用できる Azure やサードパーティ製サービスへのバインドを提供し、継続的デプロイメントに対応しているため、開発者の生産性が向上します。…