Azure Backup を VM 作成エクスペリエンスに統合

執筆者: Trinadh Kotturu (Senior Program Manager, Azure Backup) このポストは、2018 年 1 月 23 日に投稿された Announcing integration of Azure Backup into VM create experience の翻訳です。   このたび、ポータルの VM 作成エクスペリエンスから仮想マシンのバックアップを有効化できるようになりました。昨年には、VM 管理ブレードからの仮想マシンのバックアップもサポートされています。今回の発表により、VM 作成時からエンタープライズ レベルのバックアップ ソリューションを使用して VM を保護することが可能になります。Azure Backup では、Azure が提供するさまざまな種類の VM のバックアップがサポートされます。対象は Windows と Linux、マネージド ディスクと非マネージド ディスク上の VM、Premium Storage と Standard Storage、暗号化 VM と非暗号化 VM、これらの組み合わせなど多岐にわたります。   機能の概要 Azure…


新しい VM サイズ「A_v2」シリーズが登場

執筆者: Jon Beck (Principal Program Manager) このポストは、11 月 22 日に投稿された New A_v2-Series VM sizes の翻訳です。   本日マイクロソフトは、汎用的なコンピューティング性能の VM サイズとして新たに「A_v2」をリリースしました。この新バージョンの A シリーズ VM では、vCPU あたりの RAM の容量が増え、1 コアでは 1.75 GiB から 2 GiB に、4 コアでは 7 GiB から 8 GiB に増強されています。また、ローカル ディスクのランダム IOPS は、既存のバージョンの A シリーズと比べて 2 ~ 10 倍高速化されています。 この新しいサイズでは、VM ファミリ名の後に VM の vCPU の数を付記するという新たな…


Azure Backup を VM 管理ブレードに統合

執筆者: Trinadh Kotturu (Program Manager II, Cloud + Enterprise) このポストは、11 月 15 日に投稿された Announcing integration of Azure Backup into VM management blade の翻訳です。   このたび、Azure Backup を使用して VM 管理ブレードから Azure 内の仮想マシンをシームレスにバックアップできる機能が発表されました。これまでにも、Azure Backup では Standard Storage または Premium Storage で実行されているクラシック VM または Resource Manager VM (Windows または Linux) の Recovery Services コンテナーを使用したバックアップがサポートされており、数週間前からは Azure Disk Encryption で暗号化された…


Recovery Services コンテナーによるエンタープライズ レベルの Azure VM のバックアップ ポリシー管理

執筆者: Trinadh Kotturu (Program Manager II, Cloud + Enterprise) このポストは、9 月 8 日に投稿された Enterprise-level policy management for Azure VM backup in Recovery Services vault の翻訳です。   Azure Backup では、2016 年 5 月に Azure Resource Manager モデルに基づく Recovery Services コンテナーの一般提供開始を発表しました。Recovery Services コンテナーでは、カスタム定義のバックアップ ポリシーを使用して、従来型の VM と Resource Manager VM の両方をバックアップできます。そして今回、お客様が単一のウィンドウからバックアップ ポリシーを管理し、変化する要件に対応できるようにモデル化するための機能が追加されました。これにより Azure Backup はエンタープライズ レベルの Azure VM…


クラシックから Resource Manager への IaaS 移行の一般提供を開始

執筆者: Drew McDaniel (Principal Program Manager, Azure Compute) このポストは、6 月 30 日に投稿された General availability of IaaS migration from classic to resource manager の翻訳です。   このたび、クラシックから Resource Manager への IaaS リソース移行をサポートするプラットフォーム機能の一般提供を開始しました。5 月 12 日にプレビューとしてリリースされたすべての移行機能が、今回の更新で一般提供となります。さらに、クラシックから Resource Manager へのストレージ アカウントの移行も一般提供が開始されました。 今回のリリースにより、既存の従来型仮想ネットワーク内の最も一般的なクラシック Virtual Machine のデプロイメントを、仮想マシンを停止させることなく Azure Resource Manager に移行できるようになります。この移行機能により、1 つの可用性セットに属すすべての VM のクラウド サービスや、可用性セットに属さないすべての VM のクラウド サービスを、一部の例外を除いて移行することができます (サポート外の機能や構成の詳細はこちらを参照)。従来型仮想ネットワークに属していないクラシック仮想マシンを Resource Manager…


Azure Stack Technical Preview 1 の更新リリースを発表

執筆者: Microsoft Azure Stack Team このポストは、4 月 5 日に投稿された Announcing incremental release for Azure Stack Technical Preview 1 の翻訳です。   Azure Stack Technical Preview 1 の更新がリリースされました。最新のリリースはこちらのページからダウンロードできます。 今回のリリースでは、以下の機能強化が実施されています。 VM のデプロイメント所要時間の短縮 VM の停止、開始、削除などの操作のパフォーマンス向上 ポータル エクスペリエンスの安定性と信頼性の向上 Desired State Configuration および Docker の拡張機能の更新 (Azure の配置に使用) なお、Technical Preview 1 からのインプレース アップグレードは使用できませんのでご注意ください。上記の機能強化を適用するには、環境を再度デプロイする必要があります。 デプロイメント手順の詳細については、技術資料を参照してください。 サポートが必要な場合や、ご意見がありましたら、Azure Stack フォーラム (英語) までお寄せください。特に、Azure Stack への追加を希望する Azure…


Azure Backup でロード バランサーと CloudLink で暗号化された IaaS VM をサポート

このポストは、11 月 18 日に投稿された Announcing Azure Backup support for Load Balancer and CloudLink encrypted IaaS VMs の翻訳です。 Azure Backup は、Azure で実行する Virtual Machines (Windows および Linux) の一貫したバックアップを提供する、シンプルで信頼性の高いサービスです。既に提供を開始している一般提供版 (英語) と機能強化 (英語) に加えて、今回新たな Virtual Machine 構成をサポートすることになりました。 ロード バランサー構成 (内部、外部) の Virtual Machines 複数の NIC を持つ Virtual Machines 複数の予約 IP アドレスを持つ Virtual Machines CloudLink SecureVM (英語) で暗号化した VM…


Azure Pack の更新と Azure Site Recovery

このポストは、10 月 12 日に投稿された Azure Site Recovery with Azure Pack Update の翻訳です。   Azure Site Recovery では、サービス プロバイダー向けの最新機能が多数追加され、簡単で堅牢かつ高いコスト効率での DRaaS (サービスとしての災害復旧) をサポートしています。 まず、Azure Site Recovery と Azure Pack の統合が発表され、サービス プロバイダーが IaaS に向けたマネージド サービス型の災害復旧機能 (英語) を提供できるようになり、また Azure Pack で IaaS に向けた災害復旧サイトとしての Azure (英語) サービスを使用できるようになりました。これらの機能は高評価で、サービス プロバイダーの皆様からはプライマリと復旧用の両方のデータセンターを管理する単一 Azure Pack インスタンスのサポートへのご要望をいただいていました。 Azure Site Recovery では、パートナー様による環境に適した DR ソリューション提供を実現するために取り組んできましたが、今回の Azure Site Recovery…


IaaS VM をバックアップする方法を5 分で学ぶ

このポストは、10 月 6 日に投稿された Learn how to back up your IaaS VMs in five minutes の翻訳です。   Microsoft Azure では、オンプレミスでハイブリッド環境の整合性を維持できる最先端の完全な IaaS サービスを提供しています。マイクロソフトは、いかなる環境のアプリケーションも保護できるように、IaaS VM のバックアップ機能の一般提供 (英語) を開始しました。この機能は PaaS モデルでサービスを提供する Azure Backup を基盤としているため、アプリケーションの維持、クラウドでの従来の各種バックアップ ソフトウェアの実行、その他の管理に関する問題などを気にすることなく、シームレスにお客様のアプリケーションを保護することができます。 プライベート クラウドと同様に、Azure で実行されている IaaS VM のバックアップも堅実に行われています。Azure では複数レベルの冗長ストレージが提供されていますが、アプリケーションへの破損データの書き込みや単純な人為的ミス (キー入力ミスによる削除など) を防ぐことはできません。この機能をまだご利用でないお客様は、バックアップ機能の使用方法を 5 分ほどにまとめた下のビデオをご覧ください。開始手順は非常に簡単ですが、信頼性は確保されています。Azure Backup は、SLA で 99.9% のサービス可用性が保証された企業レベルのサービスです。 アプリケーションのバックアップは、仮想マシンを検索し、バックアップ コンテナーに登録するだけで簡単に利用できます。復元も簡単で、バックアップ コンテナーに移動して仮想マシンと復旧ポイントを選択し、[Restore] ボタンをクリックするだけです。この保護機能はポリシーに従って実行されるため、企業アプリケーション全体での整合性が確保されます。 [View:https://www.youtube.com/watch?v=9jZ2WScImzE&feature=player_embedded:0:0] Azure Backup…