ハイブリッド クラウド戦略の成功のカギは、優先順位付け

執筆者: James Staten (Chief Strategist, Cloud + Enterprise) このポストは、4 月 28 日に投稿された Prioritization is key to a successful hybrid cloud strategy の翻訳です。   クラウドに対する CIO の意識は、この 3 年間で劇的に変化しました。「パブリック クラウドは安全ではない」と言っていたころから、「すべてのものを 3 年以内にパブリック クラウドに移行する」と、180 度見解が変わったのです。大きな志を持つことは大切ですが、これを実現するのは多くの企業で難しく、とてもよい戦略とは言えません。より現実的なのは、しばらくの間ハイブリッド環境を活用してみることです。そこでパブリック クラウドの適切な使用方法を見きわめ、それから移行に移すのです。 自社データ センターをクラウドに拡張すれば、コスト削減 (英語) になり、リソースに世界中からアクセスできるようになります。また、強力な新機能を手頃な価格で安全 (英語) に使用することもできます。5 年ほど前には、クラウドは IT エグゼクティブから懐疑的な見方をされていましたが、今では IT 戦略とビジネス戦略の両面で重要な要素であると認識されています。しかし、数百も数千もあるアプリケーションを一気に自社データ センターから移行すれば、逆にコストもリスクも高くなってしまう恐れがあります。クラウドには多くのメリットがありますが、それでも一部のアプリケーションやデータは、当面の間 (あるいは永続的に) オンプレミス環境に残しておいたほうがよい場合もあります。たとえば、1986 年から活用している使用頻度の高いカスタムの SAP アプリケーションであれば、クラウド ネイティブなものに作り直すより、そのままオンプレミス環境に残しておくほうが簡単です。また、コンプライアンスや規制の観点から、ローカルで管理しなければならないデータというのも存在します。 こうしたケースに該当しない場合でも、企業は少なくともどのアプリケーションを先に移行し、どのアプリケーションを後に移行するのかという「優先順位」を決める必要があります。マイクロソフトの元 IT CTO…


Azure Stack Technical Preview 1 の更新リリースを発表

執筆者: Microsoft Azure Stack Team このポストは、4 月 5 日に投稿された Announcing incremental release for Azure Stack Technical Preview 1 の翻訳です。   Azure Stack Technical Preview 1 の更新がリリースされました。最新のリリースはこちらのページからダウンロードできます。 今回のリリースでは、以下の機能強化が実施されています。 VM のデプロイメント所要時間の短縮 VM の停止、開始、削除などの操作のパフォーマンス向上 ポータル エクスペリエンスの安定性と信頼性の向上 Desired State Configuration および Docker の拡張機能の更新 (Azure の配置に使用) なお、Technical Preview 1 からのインプレース アップグレードは使用できませんのでご注意ください。上記の機能強化を適用するには、環境を再度デプロイする必要があります。 デプロイメント手順の詳細については、技術資料を参照してください。 サポートが必要な場合や、ご意見がありましたら、Azure Stack フォーラム (英語) までお寄せください。特に、Azure Stack への追加を希望する Azure…


オンプレミスとクラウドのハイブリッド Hadoop データ パイプラインを Hortonworks と Cortana Analytics で実現

このポストは、2 月 1 日に投稿された On-premises and cloud hybrid Hadoop data pipelines with Hortonworks and Cortana Analytics の翻訳です。 Azure Data Factory と Hortonworks Falcon (英語) のチームはこのたび、ハイブリッド Hadoop データ パイプラインの構築を可能にする機能のプライベート プレビュー版を共同発表しました。この機能では、オンプレミスの Hortonworks Hadoop クラスターとクラウド ベースの Cortana Analytics サービス (HDInsight Hadoop クラスターや Azure Machine Learning など) を組み合わせて活用します。 オンプレミスで Hadoop ベースのデータ レイクを管理しているお客様の多くは、オンプレミスのデータ レイクをクラウドに拡張してハイブリッドのデータ フローも利用できるようにしたいと考えています。その理由は次のようにさまざまです。 PII や他の機密情報はプライバシーやコンプライアンス上の問題からオンプレミスに保持したいが、機密情報には当たらないワークロードについては柔軟なスケールでクラウドを活用したい リージョン間レプリケーションや災害復旧の目的でクラウドを活用したい 開発やテスト環境用にクラウドを活用したい このようなハイブリッド…


開発/テストに IT は欠かせない: テスト用ハイブリッド クラウド環境のセットアップ

このポストは、10 月 8 日に投稿された Dev-Test Starts with IT: Set up a hybrid cloud environment for testing の翻訳です。   開発者の 65% は、開発/テストのリソースを用意するのは面倒で時間がかかるものだと考えています。* しかし、そうとは限りません。 このブログ シリーズでは、開発/テスト環境のセットアップにマイクロソフト クラウドを活用することで、効果的に開発/テストを実行する方法をご紹介します。もう何時間も何日もかける必要はなく、数分でできる時代になりました。   運用環境を再現した開発/テスト環境の構築では、特にハイブリッド アプリケーションやワークロードに関して、スケーラビリティと複雑さによる課題が生じることが少なくありません。 Azure では、オンプレミス ネットワークへの接続と拡張を行う、クロスプレミスな仮想ネットワークを簡単に作成できます (クラウド専用の仮想ネットワーク作成に役立つリソースについては、前回のブログ記事を参照してください)。 Azure では、テスト用ハイブリッド クラウド環境の新規セットアップ手順を公開しています。詳細なテスト用環境設定手順に従うことで、開発/テスト用に実際のハイブリッド環境を Azure でシミュレートすることが可能です。ハイブリッド環境では、機能的なクロスプレミスの Azure Virtual Network のセットアップに、ローカルのインターネット接続とパブリック IP アドレス (1 つ) を使用します。また、この構成のシンプルなイントラネット部分は、分離サブネット上の 3 台のコンピューターで作成し、単一の Hyper-V サーバーなどの仮想化サーバーでホストすることが可能です。 この基本構成を拡張または調整すれば、ハイブリッド クラウドをベースとする IT ワークロード向けの開発/テスト環境や概念実証環境を作成できます。この方法は、Azure 機能の試用、アプリケーションの開発やテスト、シンプルな…