Network Performance Monitor (NPM) で ExpressRoute 監視の一般提供を開始

執筆者: Abhave Sharma (Program Manager, Azure Infrastructure & Management) このポストは、2018 年 2 月 15 日に投稿された ExpressRoute monitoring with Network Performance Monitor (NPM) is now generally available の翻訳です。   このたび、Network Performance Monitor (NPM) での ExpressRoute 監視機能の一般提供を開始しました。数か月前にはパブリック プレビューを発表 (英語) し、皆様から貴重なフィードバックをお寄せいただきました。ExpressRoute の監視機能の品質向上は今も取り組みが続けられており、その成果は皆様に随時お届けしていく予定です。今回の記事では、ExpressRoute の監視機能をいくつかご紹介します。その前に、Network Performance Monitor の ExpressRoute 監視機能の簡単な紹介ビデオ (英語) をご覧ください。 ExpressRoute 経由の Azure VNET 接続の監視 NPM では、ExpressRoute で接続されているオンプレミスのリソース…


Azure ExpressRoute の更新 – 新規パートナー、監視機能、利用の簡素化

執筆者: Yousef Khalidi (CVP, Azure Networking) このポストは、2018 年 1 月 29 日に投稿された Azure ExpressRoute updates – New partnerships, monitoring and simplification の翻訳です。   Azure ExpressRoute を使用すると、企業のお客様はマイクロソフトのクラウド サービスに直接プライベート接続できるようになり、従来のインターネット接続よりもネットワークの予測性が向上します。ExpressRoute では世界 42 か所でピアリングを提供しており、100 を越える接続プロバイダーが大規模なエコシステムをサポートしています。リーディング企業では、ミッション クリティカルなアプリケーションやサービスの管理と実行に欠かせない機能として、オンプレミス ネットワークから Azure への接続に ExpressRoute を採用しています。 Azure ExpressRoute エクスペリエンスの構築に Cisco が参入 Azure ExpressRoute エクスペリエンスの向上を続ける中で、ハイブリッド アーキテクチャによって内部ネットワーク内で発生するネットワークの問題を企業のお客様が理解できるというメリットがあることがわかりました。こうした内部ネットワークの問題は、クラウドで実行されるミッション クリティカルなワークロードに影響を与える可能性があります。 オンプレミスで発生する問題を解決するにはネットワークに関する高度な専門知識が通常必要になりますが、それを回避するために、Cisco と緊密な連携をとることで、お客様のネットワーク関連のエクスペリエンスを継続的に改善しています。Azure ExpressRoute をご利用のお客様がネットワーク関連の難しい問題に直面しても、両社の協力によってこれを解決することができます。 本日 Cisco は、マイクロソフトとのパートナーシップを拡大し、Cisco Solution…


Microsoft Azure Government の成長と国防総省向けのクラウド新機能について

このポストは、11 月 17 日に投稿された Microsoft Azure Government growth and enabling new cloud capabilities for defense customers の翻訳です。 本日私は、ワシントン D.C. で行われた Microsoft Government フォーラムに出席しました。ここでは Azure Government の驚異的な成長を祝うと共に、新サービスの提供開始と国防総省向け機能に対する主な投資内容について発表しました。 Azure Government はローンチ以来、連邦政府、州政府、地方自治体、パートナーのお客様によるプラットフォーム使用率が前月比で 40% 増加しています。先月 (英語) 取り上げたように、CJIS (英語) といったセキュリティや業界の規制要件に対するマイクロソフトの深いコミットメントによって、成長過程の司法機関や公共セクターでの技術革新が進んでいます。 マイクロソフトがお客様に信頼されていることの証として、10 月 26 日にシカゴで行われた IACP カンファレンスの場でパートナーシップやお客様の成功事例を発表 (英語) しました。そのうちの 1 つが、TASER とのパートナーシップです。MorphoTrak とのパートナーシップについても発表しました。これらのお客様の成功事例に続いて、私たちが速いペースで進めている技術革新の現状についてお知らせします。 国防総省向けクラウド機能の実現 マイクロソフトでは信頼と透明性に対する投資をさらに拡大し、国防総省の Cloud Security Requirements Guidelines Impact Level…


Azure File Storage のしくみ

このポストは、10 月 7 日に投稿された Inside Azure File Storage の翻訳です。   先日の AzureCon 2015 で、Azure File Storage の一般提供開始が発表されました。Azure File Storage は、Microsoft Azure の完全なマネージド サービス型クラウド ファイル共有機能です。今回の記事では、このサービスについて詳しくご紹介したいと思います。 Azure File Storage では、単なる Windows のファイル サーバー使用とは異なる手法が使われています。Azure Storage のスケーラビリティを活用するために、Azure File Storage には超大規模スケールの運用が可能な SMB 3.0 プロトコルが実装されています。内部的には、ファイルとディレクトリ メタデータを格納するために、Azure Table ストレージ (英語) のインフラストラクチャを使用しています。メタデータは、従来のファイル システムにより SMB 3.0 のクラスター化されたソリューションで管理されます。同様に、Azure File Storage は各ファイルのデータを Azure ページ BLOB に格納します。Azure…


マイクロソフトの ExpressRoute: Office 365、Azure Government Cloud、パートナー企業の拡大、料金体系の簡素化について

このポストは、9 月 29 日に投稿された Microsoft ExpressRoute: Office 365, Azure Government Cloud, more partners, simplified billing の翻訳です。   今回開催された AzureCon では、Microsoft Azure ExpressRoute の機能拡張と、マイクロソフトのクラウド サービスの利用に関するオプションの拡充について、下記のような発表を行いました。 Skype for Business を含む Office 365 へのアクセスの一般提供を開始 ExpressRoute 経由での Azure Government Cloud へのアクセスの一般提供を開始 ExpressRoute での Microsoft Dynamics への接続を今年中に可能に ExpressRoute で Azure Resource Manager を利用可能に 帯域幅のオプションを拡張 料金オプションを簡素化し、50 Mbps ~ 10 Gbps の帯域幅オプションのすべてで定額制と従量課金制の料金プランをご用意…