ASR で Hyper-V VM のディスクの除外を新たにサポート

執筆者: Nitin Soneji (Program Manager, Cloud + Enterprise) このポストは、12 月 19 日に投稿された Announcing Exclude Disk Support for Hyper-V VMs with ASR の翻訳です。   Azure Site Recovery (ASR) のお客様から、「レプリケーションの対象から特定のディスクを除外して、そのディスクに使用されるレプリケーション帯域幅やレプリケート先のリソースを最適化したい」というご要望が数多く寄せられていました。それを受けてマイクロソフトは、今年に入ってすぐ、ASR で VMware から Azure へのレプリケーションを行う場合にそれができるようにしていましたが、今回ようやく、ASR で Hyper-V から Azure へのレプリケーションを行う場合にもこれをできるようにしました。 なぜレプリケーション対象からディスクを除外するのか レプリケーション対象からディスクを除外する必要があるのは、多くの場合、次のような理由によります。 除外されたディスク上の変更されたデータが重要ではない、または、それをレプリケートする必要がない 変更をレプリケートしないことで、ストレージおよびネットワーク リソースを節約できる では、“重要でない” データとはどのようなものでしょうか? レプリケートするデータの重要性は、フェールオーバー時の有用性によって決まります。レプリケートの対象から除外できるのは、フェールオーバー時にも不要なデータであり、このデータが存在しなくても目標復旧時点 (RPO) に影響しないデータです。 代表的なシナリオ 特定しやすいデータ変更の例はいくつかありますが、そのうち除外候補として適しているのは、ページ ファイルへの書き込みや Microsoft SQL Server の…


Azure Site Recovery の操作性の簡略化と、ARM と CSP のサポートを発表

執筆者: Manoj Kumar Jain (Principal Program Manager Lead, Azure Site Recovery) このポストは、5 月 12 日に投稿された Azure Site Recovery now has a simplified experience plus support for ARM and CSP の翻訳です。   現行の Azure ポータルがアップグレードされ、Azure Site Recovery (ASR) の一般提供が開始されました。この一般提供版では操作性がシンプルになったほか、Azure Resource Manager (ARM) との連携が実現しました。また、Cloud Solution Provider (CSP) プログラムでも利用が可能になりました。今回の一般提供版のリリースにより、ASR で掲げている「災害復旧の一般化」という使命をさらに前進させることができました。ASR は Operations Management Suite (OMS) の一部として設計されたコスト効率がよく使いやすいソリューションであり、多くの企業の自社環境の保護に使用されています。 信頼性が高くコスト効率に優れた災害復旧を実現することは、企業とサービス プロバイダーのどちらにとっても重要なことです。企業はミッション…