Azure SQL Data Warehouse でクラウド分析スピードが劇的に向上

執筆者: Rohan Kumar (Corporate Vice President, Azure Data) このポストは、2018 年 4 月 30 日に投稿された Turbocharge cloud analytics with Azure SQL Data Warehouse の翻訳です。   データは、使い方に合わせてさまざまに形を変えることができます。競争の激しい市場で優位に立つためには、データを効果的なインサイトに変換することができなければなりません。 このたび、爆発的に増加するデータからすばやくインサイトを導き出すことに重点を置いた、Azure SQL Data Warehouse のコンピューティング最適化 Gen2 パフォーマンス レベルの一般提供を開始しました。この高パフォーマンスに最適化されたレベルでは、マイクロソフトのソフトウェアおよびハードウェアの最新技術を活用して、クエリのパフォーマンスと並列実行数を大幅に向上しています。 高速、柔軟、安全なクラウド データ ウェアハウス マイクロソフトは、SQL ベースの強力な超並列処理 (MPP) アーキテクチャのデータ ウェアハウスを多くのお客様にご利用いただけるよう、3 年前に Azure SQL Data Warehouse をリリースしました。これは、コンピューティング能力とストレージの個別スケーリングや、一時停止と再開機能などにより、コスト削減を実現できる初のデータ ウェアハウスです。現在では、Adobe、東芝、LG Electronics をはじめとする多くのお客様に、柔軟性、高いクエリ パフォーマンス、包括的なデータ保護およびガバナンス機能をご活用いただいています。さらに、お客様のニーズにお応えして、提供範囲を 33 の Azure リージョンに拡大したことで、最もグローバルなクラウド…


Azure SQL Database でユーザー管理キーによる透過的なデータ暗号化の一般提供を開始

執筆者: Alice Kupcik (Senior Program Manager, Azure SQL Database Security) このポストは、2018 年 4 月 17 日に投稿された Transparent Data Encryption with customer managed keys in Azure SQL Database generally available の翻訳です。   このたび、Azure SQL Database および Azure SQL Data Warehouse で、透過的なデータ暗号化 (TDE) 機能の Bring Your Own Key (BYOK) サポートの一般提供を開始しました。この機能は、機密データの保護を重視する多くの企業のお客様からご要望が寄せられていたもので、これによって個別のキー管理機能を実装し、規制上およびコンプライアンス上の要件を満たすことができます。TDE の BYOK サポートは、新規の Azure SQL Databases で既定で有効化されている…


すべての Azure リージョンで Azure SQL Data Warehouse の一般提供を開始

執筆者: Ayo Olubeko (Program Manager, Azure SQL Data Warehouse) このポストは、2018 年 3 月 27 日に投稿された Azure SQL Data Warehouse now generally available in all Azure regions worldwide の翻訳です。   このたび、新たに西日本、オーストラリア東部、インド西部の 3 つのリージョンで Azure SQL Data Warehouse の一般提供が開始されました。これにより Azure SQL Data Warehouse は主要クラウド データ ウェアハウス プロバイダーで最多となる世界 33 の全リージョンで一般提供されたことになります。この一般提供開始に伴い、SQL Data Warehouse のプロビジョニングでは、33 すべてのリージョンで 99.9% の可用性を保証する返金制度付きの SLA がサポートされます。…


SQL 透過的データ暗号化の Bring Your Own Key サポートのプレビュー

執筆者: Rebecca Zhang (Program Manager, Azure SQL Database) このポストは、8 月 28 日に投稿された Preview: SQL Transparent Data Encryption (TDE) with Bring Your Own Key support の翻訳です。   Azure SQL Database および Azure SQL Data Warehouse で、透過的データ暗号化 (TDE) 機能の Bring Your Own Key (BYOK) サポートのプレビューが開始されます。これにより、Azure Key Vault にマスター キーを格納して、保存データを TDE で暗号化する際に使用するキーを制御できるようになります。 このサポートにより、TDE Protector の透過性と制御性が向上し、ハードウェア セキュリティ モジュール (HSM)…


Azure SQL Data Warehouse でレプリケート テーブルのプレビューを開始

執筆者: Ron Ortloff (Senior Program Manager) このポストは、8 月 15 日に投稿された Replicated tables now in preview for Azure SQL Data Warehouse の翻訳です。   SQL Data Warehouse は、ペタバイト規模の完全管理型クラウド データ ウェアハウスです。弾力性に優れており、セットアップを数分間で、容量のスケーリングは数秒で行うことができます。このたび、SQL Data Warehouse の大量のデータに対するクエリの処理スピードをさらに向上させる、レプリケート テーブル機能のパブリック プレビューを発表いたします。これは、データの移動を減らすことでクエリを高速化する機能です。分散データ ウェアハウス システムでデータ移動が発生するのは、テーブルの結合時や集約時に、コンピューティング ノード間でのテーブルの分散状態に矛盾が生じる場合です。レプリケート テーブルでは、データの完全なコピーを各コンピューティング ノードに保存することで、データの移動を減らします。そのため、データ移動が必須だったクエリの実行時間が短縮できます。 レプリケート テーブル機能以前には、Date ディメンションなどのディメンション テーブルは、ラウンドロビンの分散方式で実装するのが一般的でした。ファクト テーブルとの結合時には、Date ディメンションをファクト テーブルと一致させるために、クエリ プランにデータ移動のステップが実装され、この処理のために全体的なクエリ実行時間が長くなっていました。レプリケート テーブルを使用すると、分散されたファクト データとディメンション データの完全なローカル コピーがコンピューティング ノード内で直接結合されます。早期に採用したお客様では、一部のクエリの実行時間が 40% も短縮し、クエリ実行に必要なステップ数も 10 分の…


Azure Analysis Services の一般提供開始を発表

執筆者: T.K. Anand (General Manager, Business Intelligence) このポストは、4 月 19 日に投稿された Announcing Azure Analysis Services general availability の翻訳です。   本日開催された Data Amp (英語) イベントで、マイクロソフトのクラウド データ プラットフォームに新たに追加された Microsoft Azure Analysis Services の一般提供開始が発表されました。Azure Analysis Services は、分析エンジンとして実績のある SQL Server Analysis Services を基盤とした、フルマネージド型の「サービスとしてのプラットフォーム (PaaS)」として提供されるエンタープライズ クラスの OLAP エンジンおよび BI モデリング用プラットフォームです。Azure Analysis Services を使用すると、開発者や BI プロフェッショナルは BI ツールやカスタム アプリケーションで非常にインタラクティブかつ高度な分析エクスペリエンスを実現できる BI セマンティック…


東日本と英国南部で Azure Analysis Services の提供を開始

執筆者: Josh Caplan (Senior Program Manager) このポストは、3 月 29 日に投稿された Azure Analysis Services now available in Japan East and UK South の翻訳です。   昨年 10 月、Azure Analysis Services のプレビューがリリースされました。Azure Analysis Services は、Microsoft SQL Server Analysis Services に組み込まれた実績ある分析エンジンです。これを使用することでセマンティック データ モデルをクラウドでホストすることが可能なため、社内のユーザーが Excel や Power BI などのさまざまなツールを使用してデータ モデルに接続し、レポート作成やアドホックなデータ分析を行うことができます。 このたび、Azure Analysis Services プレビューの提供リージョンとして、新たに東日本と英国南部の 2 つの地域が加わりました。これで Azure Analysis Services の提供リージョンは、オーストラリア南東部、カナダ中部、ブラジル南部、東南アジア、北ヨーロッパ、西ヨーロッパ、米国西部、米国中南部、米国中北部、米国東部…


Power BI ソリューション テンプレートで Azure Analysis Services をサポート

執筆者: Richard Tkachuk (Principal Program Manager) このポストは、3 月 14 日に投稿された Power BI solution templates now support Azure Analysis Services の翻訳です。   このたび、Power BI ソリューション テンプレートで Azure Analysis Services がサポートされるようになりました。本日より、「Twitter 向けキャンペーン/ブランド管理」、「System Center Configuration Manager」、「Dynamics 365 用の売上管理」、「Salesforce 用の売上管理」の各ソリューション テンプレートで Azure Analysis Services をご利用いただけます。 Power BI ソリューション テンプレートを利用すると、現在広く使用されているアプリケーションをベースに簡単かつスピーディに分析ソリューションを構築できます。簡単なガイドに従って構成するだけで、拡張性、柔軟性、安全性を備えたアーキテクチャを基盤に説得力のある分析/視覚化ソリューションを作成し、迅速に価値を実現することができます。自由にカスタマイズすることも可能です。数週間~数か月も期間をかけることなくすぐに分析を始められ、自社のニーズに合わせてその結果を拡張したりカスタマイズしたりできます。詳細については、Power BI ソリューション テンプレートのページをご覧ください。 ここでは、Azure Analysis Services の概要と今回これをサポートすることになった理由についてご説明します。 Azure Analysis Services…


Azure Network Watcher を発表: Azure のネットワーク パフォーマンス監視および診断サービス

執筆者: Yousef Khalidi (CVP, Azure Networking) このポストは、2 月 22 日に投稿された Announcing Azure Network Watcher – Network Performance Monitoring and Diagnostics Service for Azure の翻訳です。   皆様は、重大な問題を診断する必要があり、そのために仮想マシンのパケット データにアクセスしなければならなかったことはありませんか? その場合、仮想マシンのパケット データをわずか数クリックでキャプチャできたら便利だと思いませんか? あるいは、Network Security Groups のフロー データをログに記録し、その情報を好きなツール プラットフォームで視覚化して解釈できたらどうでしょう? これらのことを実現してくれるのが、Azure Network Watcher です。Azure Network Watcher では、さまざまなログ機能や診断機能を利用してネットワークのパフォーマンスと正常性を判断するための情報を入手できます。これらの機能は、ポータル、PowerShell、CLI、REST API、SDK から利用できます。 Azure Network Watcher の機能 Topology (トポロジ) わずか数回のクリックでデプロイメントのネットワーク トポロジを表示することができます。たとえば以下の図は、Azure にデプロイされた単純な Web アプリケーションのネットワーク…


Azure SQL Database の脅威検出機能の一般提供を 2017 年 4 月に開始

執筆者: Ron Matchoro (Senior Program Manager, Azure SQL Database) このポストは、2 月 10 日に投稿された Announcing Azure SQL Database Threat Detection general availability coming in April 2017 の翻訳です。   このたび、Azure SQL Database の脅威検出機能の一般提供が 2017 年 4 月に開始されることが発表されました。プレビュー期間中 (英語) にはサービスの最適化が行われ、SQL の脅威に関するアラートについては、お客様からのフィードバックの 90% で「とても役に立つ」と高い評価をいただいています。一般提供開始後の料金は、サーバー 1 台あたり月額 15 ドルです。60 日間は無料で試用版をご利用いただけます。 Azure SQL Database の脅威検出機能の概要 Azure SQL Database の脅威検出機能は、Azure SQL Database…