SAS の更新: アカウント SAS をすべてのストレージ サービスで使用可能に

このポストは、1 月 14 日に投稿された SAS Update: Account SAS now supports all storage services の翻訳です。 共有アクセス署名 (SAS) を使用すると、ストレージ アカウント キーを共有することなくストレージ アカウント内のデータへのアクセス権を委任することができます。マイクロソフトは 2015 年の後半に、Azure Blob Service と File Service をサポートする「アカウント SAS」という新たな種類の SAS トークンを発表しました。 そして今回、このアカウント SAS が Azure Storage の Table と Queue にも対応することになりました。この機能は Azure Storage サービスのバージョン 2015-04-05 に適用されます。 アカウント SAS は 1 つまたは複数のストレージ サービスでリソースへのアクセス権を委任するもので、ストレージ アカウント キーと同等の機能を使用できます。これにより BLOB…