Azure Data Lake のご紹介: ビッグ データをより使いやすくするためのマイクロソフトの取り組み

このポストは、9 月 28 日に投稿された Introducing Azure Data Lake – Microsoft’s expanded vision for making big data easy の翻訳です。 今週は 2 つのビッグ イベントの開催が予定されています。1 つは AzureCon (英語) で、マイクロソフトはこれに向けて着々と準備を進めています。もう 1 つはニューヨークで開催される Stata + Hadoop World で、ビッグ データ関連の大きなイベントとなっています。今回マイクロソフトは、このタイミングで、Azure Data Lake の新機能の導入と機能強化を発表 (英語) しました。Azure Data Lake は、ビッグ データの処理と分析のスムーズな実行とアクセス性を強化する新しい Azure サービスです。 Build カンファレンス (英語) の際には、Azure Data Lake Store を発表 (英語) しました。Azure…


Azure HDInsight で Hadoop をお試しください – クレジット カード情報が不要に

このポストは、9 月 23 日に投稿された Try Hadoop on Azure HDInsight – No credit card needed の翻訳です。   Azure チームは、ユーザーの皆様にどうすれば Azure サービスを気軽にお試しいただけるか日々考えています。そうした中で今回は、Azure HDInsight の使用版をご利用いただく際の新しい方法をご紹介したいと思います。今後は、クレジット カード情報の入力や Azure アカウントの作成なしに、HDInsight クラスターを 1 週間無制限でご利用いただけるようになりました。 HDInsight クラスターの試用版を利用するには HDInsight クラスターの試用版 (1 週間) にお申し込みいただくには、以下の情報が必要です。 氏名 企業または組織名 勤務先のメール アドレス 希望のワークロード: Hadoop (Hive/Pig/MapReduce)、HBase、Storm、Spark のいずれか 試用期間中の使用目的を 1 行以内で簡単にご説明ください (例: Hive の学習、オンプレミスとの比較、PoC の作成など) これらの情報を rashimg@microsoft.com まで英文メールにてお送りください。 クラスターの詳細 メールを受領後、マイクロソフトから以下の利用資格情報を提供します。…


新しい Azure DocumentDB のパフォーマンス メトリック

このポストは、9 月 28 日に投稿された New Azure DocumentDB Performance Metrics の翻訳です。 マイクロソフトは、Azure の NoSQL ドキュメント データベース サービスである DocumentDB の管理、運用エクスペリエンスの強化に日々努めています。本日新たに、複数のストレージ メトリックが Azure プレビュー ポータルに追加され、Microsoft Azure Insights Library (英語) 経由でご利用いただけるようになりました。今回追加されたパフォーマンス メトリックは、以下のとおりです。 データ サイズ インデックス サイズ ストレージ容量 空き容量 これらのメトリックを追加するには、既存の DocumentDB メトリック部分の編集用ハイパーリンクをクリックするか、または、既存の DocumentDB メトリック部分を右クリックし [Edit Chart] をクリックします。 追加するメトリックと期間を選択し、[Save] をクリックします。 また、既存のグラフをクリックすると、選択したメトリックの詳細情報を表示できます。 マイクロソフトでは今後も、DocumentDB のパフォーマンス メトリックをどんどん追加していけるよう努めていきます。今回の発表に関するご意見は、ページ下部のコメント欄までお寄せいただければ幸いです。いただいたご意見は今後お届けする情報や追加機能の参考にさせていただきます。ご不明な点は Stack Overflow 開発者フォーラム (英語) までお寄せいただくか、DocumentDB エンジニアリング チームとの個人チャットをご予約ください…