Azure SQL Data Warehouse でクラウド分析スピードが劇的に向上

執筆者: Rohan Kumar (Corporate Vice President, Azure Data) このポストは、2018 年 4 月 30 日に投稿された Turbocharge cloud analytics with Azure SQL Data Warehouse の翻訳です。   データは、使い方に合わせてさまざまに形を変えることができます。競争の激しい市場で優位に立つためには、データを効果的なインサイトに変換することができなければなりません。 このたび、爆発的に増加するデータからすばやくインサイトを導き出すことに重点を置いた、Azure SQL Data Warehouse のコンピューティング最適化 Gen2 パフォーマンス レベルの一般提供を開始しました。この高パフォーマンスに最適化されたレベルでは、マイクロソフトのソフトウェアおよびハードウェアの最新技術を活用して、クエリのパフォーマンスと並列実行数を大幅に向上しています。 高速、柔軟、安全なクラウド データ ウェアハウス マイクロソフトは、SQL ベースの強力な超並列処理 (MPP) アーキテクチャのデータ ウェアハウスを多くのお客様にご利用いただけるよう、3 年前に Azure SQL Data Warehouse をリリースしました。これは、コンピューティング能力とストレージの個別スケーリングや、一時停止と再開機能などにより、コスト削減を実現できる初のデータ ウェアハウスです。現在では、Adobe、東芝、LG Electronics をはじめとする多くのお客様に、柔軟性、高いクエリ パフォーマンス、包括的なデータ保護およびガバナンス機能をご活用いただいています。さらに、お客様のニーズにお応えして、提供範囲を 33 の Azure リージョンに拡大したことで、最もグローバルなクラウド…


すべての Azure リージョンで Azure SQL Data Warehouse の一般提供を開始

執筆者: Ayo Olubeko (Program Manager, Azure SQL Data Warehouse) このポストは、2018 年 3 月 27 日に投稿された Azure SQL Data Warehouse now generally available in all Azure regions worldwide の翻訳です。   このたび、新たに西日本、オーストラリア東部、インド西部の 3 つのリージョンで Azure SQL Data Warehouse の一般提供が開始されました。これにより Azure SQL Data Warehouse は主要クラウド データ ウェアハウス プロバイダーで最多となる世界 33 の全リージョンで一般提供されたことになります。この一般提供開始に伴い、SQL Data Warehouse のプロビジョニングでは、33 すべてのリージョンで 99.9% の可用性を保証する返金制度付きの SLA がサポートされます。…


Azure SQL Data Warehouse プレビュー: 3 倍のコンピューティング規模と無制限のカラムナ ストレージが利用可能に

執筆者: Rohan Kumar (General Manager, Database Systems Group) このポストは、7 月 10 日に投稿された Azure SQL Data Warehouse previews 3x compute scale with unlimited columnar storage の翻訳です。   Azure SQL Data Warehouse は、大規模な分析プラットフォームとしての利用を想定して設計された、完全に管理されたペタバイト級 SQL ベース クラウド データ ウェアハウスです。コンピューティングをストレージから分離することで、非常に高い弾力性を実現しています。弾力的なスケーリングによって、分単位でのプロビジョニング、秒単位でのスケーリング、必要に応じたサービスの停止や再開など、コンピューティング使用量を細かく制御することが可能です。 このたび、Azure SQL Data Warehouse の Data Warehouse ユニット (DWU) を 6,000 から 18,000 に引き上げ、コンピューティング規模を 3 倍に拡大します。これにより、コンピューティング負荷がきわめて高いデータ ウェアハウス ワークロードをクラウド上で実行できるようになります。 東芝…


Azure SQL Data Warehouse: SSMS のサポート、DWU の割り当て量増加、T-SQL 機能の追加を発表

執筆者: Kevin Ngo (Program Manager, SQL Engineering) このポストは、7 月 14 日に投稿された Azure SQL Data Warehouse supports SSMS, higher DWUs and additional T-SQL features の翻訳です。   このたび、Azure SQL Data Warehouse の一般提供開始が発表されました。このリリースに併せてパフォーマンスの向上が図られ、以下のようなツールや監視エクスペリエンスの強化と新しい T-SQL 機能の追加が行われました。 SQL Server Management Studio (SSMS) のビルトイン サポート 地理冗長バックアップによるデータ保護の強化 ハイエンド コンピューティング向けに DWU3000 と DWU6000 のサービスを提供開始 データベースが互換性レベル 130 に対応し、パフォーマンスが向上 データベース レベルの照合を新たに数千種類追加 分析関数とウィンドウ枠を拡張 データ ウェアハウス名の変更に対応 Azure…


Azure SQL Data Warehouse でデータベース照合をサポート

執筆者: Matt Usher (Program Manager, SQL Engineering) このポストは、10 月 10 日に投稿された Database collation support for Azure SQL Data Warehouse の翻訳です。   Azure SQL Data Warehouse データベースの新規作成時に Azure ポータルから既定のデータベース照合を変更できるようになりました。この新機能により、SQL Data Warehouse でサポートされている 3,800 のデータベース照合を使用してさらに簡単に新規データベースを作成できるようになりました。 照合では、文字ベースのデータ型のロケールやコード ページ、並べ替え順序、大文字と小文字の区別のルールなどが指定されます。いったん選択されると、照合情報を必要とするすべての列と表現が、データベース設定から選択された照合に継承されます。既定の継承は、文字ベースのデータ型で異なる照合を明示的に宣言すると上書きできます。 照合を変更する 既定の照合は、プロビジョニング エクスペリエンスで [Collation] フィールドを更新するだけで変更できます。 たとえば、既定の照合を変更して大文字と小文字を区別するように設定する場合は、[Collation] の名称を「SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS」から「SQL_Latin1_General_CP1_CS_AS」に変更します。 サポートされているすべての照合のリストを表示する Azure SQL Data Warehouse でサポートされているすべての照合のリストを表示するには、論理サーバーのマスター データベースに接続して以下のコマンドを実行します。 SELECT * FROM sys.fn_helpcollations(); これだけで、Azure SQL…


Premium Storage の導入により Azure SQL Data Warehouse のパフォーマンスの予測可能性が向上

執筆者: Kevin Ngo (Program Manager, SQL Engineering) このポストは、5 月 31 日に投稿された Azure SQL Data Warehouse introduces Premium Storage for greater performance predictability の翻訳です。   Azure SQL Data Warehouse サービスが Standard Storage から Premium Storage に移行されました。これにより、特に DWU (Data Warehouse Unit) が大きい場合に、クエリ ランタイムのパフォーマンスの予測可能性と一貫性が向上します。今後、Azure Premium Storage が提供されているリージョンのほとんどで、データ ウェアハウスを新規作成する場合に Premium Storage が使用されます。プレビュー期間終了後は、SQL Data Warehouse のストレージに対して 1 TB の割り当て容量の料金が発生します。ただし、プレビュー期間中に SQL…


Azure SQL Data Warehouse の機能強化 – AAD のサポート、行サイズの拡張、新しい T-SQL 機能の追加

執筆者: Sonya Marshall (Senior Program Manager, SQL Engineering) このポストは、5 月 17 日に投稿された Azure SQL Data Warehouse now supports AAD, large rows and additional T-SQL features の翻訳です。   Azure SQL Data Warehouse の機能が強化されました。安定性と信頼性が強化されたほか、複数の新機能が追加されています。その多くはお客様からのフィードバックを直接反映したものです。今後のバージョンで追加してほしいという機能がありましたら、フィードバック ページ (英語) までご要望をお寄せください。 Azure Active Directory (AAD) 認証 Azure Active Directory (ADD) を使用してデータ アクセス管理を大幅に簡略化できるようになりました。AAD は現在、約 950 万件のディレクトリと 6 億件のユーザー アカウントをホストしています。AAD 認証を使用することでデータベースや他のマイクロソフト サービスのユーザーの ID…


Azure のデータの移動速度が向上

執筆者: Harish Kumar Agarwal (Sr. Program Manager, Azure Data Factory) このポストは、5 月 12 日に投稿された Data movement made faster in Azure の翻訳です。   Azure Data Factory では、各種データ ストアやエンドポイントへの接続の拡充 (現在利用可能なサービスはこちら) やさまざまなデータ形式への対応 (現在 Text、Avro、JSON に対応) のほかに、データの移動速度の向上にも積極的に取り組んでいます。今回、Azure Data Factory のスループットを増大させることで速度向上を実現しました。これにより、Azure Data Factory のコピー機能が以下のように強化されました。 Azure Blob Storage がオンプレミスのファイル システムや Azure Blob Storage から 1 TB のデータを取得するのにかかる時間が約 3 時間に (転送速度 100…


Azure SQL Data Warehouse の 2016 年 1 月の更新

このポストは、2 月 8 日に投稿された Azure SQL Data Warehouse: January 2016 Updates の翻訳です。 SQL Data Warehouse の 1 月の更新では、安定性と信頼性を向上させる機能強化が実装されました。 読み込み 外部テーブルに対して Polybase クエリを実行すると、場合によっては JVM のメモリ不足を示すエラー メッセージが表示されて失敗するという問題がありましたが、これが修正されました。この問題は、多数の日付/時刻データ型の値が含まれるフラット ファイルを読み込むときに発生することがあります。 一括読み込み処理の実行時間が非常に長くなる、あるいは処理が停止して最終的に失敗するという問題がありましたが、これが修正されました。この問題は特に、同時に実行されている読み込み処理の対象テーブルが同一だった場合に発生することがあります。これは、Azure Data Factory を使用して Azure SQL Data Warehouse にデータを読み込む場合に多いパターンです。 監視 sys.dm_pdw_exec_requests (英語) の動的管理ビューでセッションに関連付けられていない行が意図せず表示される問題がありましたが、これが修正されました。 安定性 Azure SQL DW サービス チームによって開始され、ユーザーの操作が関係していないアップグレードの処理中にデータ ウェアハウスのインスタンスが断続的に使用できなくなる問題がありましたが、これが修正されました。サービス チームは、全世界に存在するすべてのデータ ウェアハウスの正常性を監視し、サービスの正常性に関する問題を事前に検出して解決しています。この問題が修正されたことで、特定の問題の発生が防止されました。 ご意見をお寄せください 製品を改良して、皆様にとってより使いやすいものをご提供するためには、何よりも皆様のご協力が欠かせません。今後ともぜひフィードバックをお寄せください。機能のご要望は feedback.azure.com (英語) で受け付けています。また、ご不明な点がある場合やサンプルをお求めの場合は StackOverflow (英語)…


Azure SQL Data Warehouse: 2015 年 11 月の更新

このポストは、11 月 30 日に投稿された Azure SQL Data Warehouse: November 2015 Updates の翻訳です。 ここでは 11 月に行われた Azure SQL Data Warehouse の機能強化点についてお知らせします。前回の更新からさらに Data Auditing と Transparent Data Encryption が追加されました。 PolyBase 非リレーショナル データを処理する PolyBase に新機能が追加されました。 Azure Storage の BLOB からの読み取り、書き込み、Parquet ファイルのクエリを実行できるようになりました。 削除した列の詳細情報が取得できるようになりました。たとえば、読み込みに成功したものの、一部の列が削除された場合には、以下のようなメッセージが表示されます。   Query completed. Rows were rejected while reading from external source(s). 10 rows rejected from FactSalesExternal…