Azure Site Recovery の新しいオンボーディング エクスペリエンスで 30 分以内にレプリケーションの開始が可能に

執筆者: Anoop K. Vasudavan (Senior Program Manager) このポストは、2018 年 1 月 24 日に投稿された Start replicating in under 30 minutes using Azure Site Recovery’s new onboarding experience の翻訳です。   Azure Site Recovery 製品チームは、Azure ソリューションを活用した事業継続と災害復旧の方法を簡素化するために日々一丸となって取り組みを行っています。このたび Azure Site Recovery サービスの最新リリースに、VMware から Azure へのレプリケーションを直観的かつ簡単に開始できる新しいオンボーディング エクスペリエンスを追加しました。これにより、VM を 30 分以内にセットアップしてレプリケーションの準備を完了できます。   今回の新機能 オープン仮想化フォーマット (OVF) テンプレートを使用した構成サーバーのデプロイメント オープン仮想化フォーマット (OVF: Open Virtualization Format) テンプレートは、VM…


Azure Site Recovery の包括的な監視機能の一般提供を開始

執筆者: Bharath Sivaraman (Senior Program Manager, Azure Site Recovery) このポストは、2018 年 1 月 24 日に投稿された Comprehensive monitoring for Azure Site Recovery now generally available の翻訳です。   Azure Site Recovery は、Azure をご利用の多くのお客様の事業継続戦略に欠かせない機能となっており、ミッションクリティカルな IT システムの保護やコンプライアンス維持、災害対策のために活用されています。 事業継続計画を運用し、その計画に沿って目標を確実に達成するのは簡単なことではありません。計画の有効性を確認するには定期的なテストを行うしかありませんが、それでも構成ドリフトやリソースの使用状況などの変化により、次回以降もシームレスに機能するという確証は得られません。 こうした重大事項の監視が難しいままではよくありません。Azure Site Recovery の包括的な監視機能を利用すれば、事業継続目標の達成状況を総合的に確認できるようになります。それだけでなく、リソースの使用状況を監視しベスト プラクティスに基づいて構成を提案するフェールオーバー準備モデルによって、その時点での自社の災害への対応準備状況を確認することもできます。 新機能は以下のとおりです。 コンテナーの概要ページの拡充: 新しいコンテナーの概要ページに追加されたダッシュボードに、事業継続目標の達成状況を把握するために必要なあらゆる情報が表示されるようになりました。現時点での事業継続計画の健全性を理解するために必要な情報に加えて、ベスト プラクティスに基づく推奨事項が提示されるほか、問題が発生した場合にトラブルシューティングを行うためのツールが組み込まれています。 レプリケーション正常性モデル: 幅広いレプリケーション パラメーターの評価に基づき、サーバーのレプリケーション正常性を継続的にリアルタイムに監視できます。 フェールオーバー準備モデル: 構成および災害復旧に関するベスト プラクティスの包括的なチェックリストに基づくフェールオーバー準備モデルと、リソースの使用状況の監視により、自社の災害への対応準備レベルを評価できます。 トラブルシューティング エクスペリエンスの簡素化: コンテナー ダッシュボードから開始し、直観的なナビゲーションを使用して個々のコンポーネントを詳細に把握できます。また、レプリケートされたマシンを確認できる新しいダッシュボードなど、複数のトラブルシューティング ツールが追加されました。 詳細な異常検出ツール:…


VMware および Hyper-V 用 Azure Site Recovery Deployment Planner の一般提供を開始

執筆者: Nitin Soneji (Program Manager, Cloud + Enterprise) このポストは、12 月 13 日に投稿された General availability of Azure Site Recovery Deployment Planner for VMware and Hyper-V の翻訳です。   今回、VMware および Hyper-V 用 Azure Site Recovery Deployment Planner の一般提供 (GA) が開始されました。このツールを使用すると、VMware や Hyper-V をご利用の企業のお客様は、オンプレミスのネットワーク要件、Azure Site Recovery のレプリケーションやアプリケーションのフェールオーバー テストまたはフェールオーバーを正常に実行するための Microsoft Azure のコンピューティングおよびストレージ要件について理解できます。 インフラストラクチャ要件を理解する以外にも、お客様は Azure への災害復旧 (DR) の合計コストを見積もる必要があります。そこで、今回の一般提供版では、お客様の環境における Azure への…


Azure IaaS 仮想マシンの災害復旧機能のパブリック プレビューを発表

執筆者: Rochak Mittal (Principal Program Manager, Cloud + Enterprise) このポストは、5 月 31 日に投稿された Announcing public preview of disaster recovery for Azure IaaS virtual machines の翻訳です。   マイクロソフトは、Azure Site Recovery (ASR) の拡張機能である Azure IaaS 仮想マシン (VM) の災害復旧機能のパブリック プレビューを発表しました。この機能を使用すると、Azure で実行される IaaS ベースのアプリケーションを同一地域 (英語) の別の Azure リージョンに簡単に複製して保護することができます。この際、追加のインフラストラクチャ コンポーネントやソフトウェア アプライアンスを既存のサブスクリプションにデプロイする必要はありません。この新機能を IaaS 仮想マシンの Azure Backup と併用することで、Azure 上のすべての IaaS ベース アプリケーションに対する総合的なビジネス継続性および災害復旧の戦略を策定できます。…


VMware 向け Azure Site Recovery Deployment Planner のパブリック プレビューを発表

執筆者: Nitin Soneji (Program Manager, Cloud + Enterprise) このポストは、3 月 1 日に投稿された Public Preview of Azure Site Recovery Deployment Planner for VMware の翻訳です。   Azure Site Recovery (ASR) を信頼できる障害復旧ソリューションとして導入する場合、大企業では何百という仮想マシンを Microsoft Azure で保護することになるため、運用環境への移行前には適切な導入計画を行わなければなりません。そして今回、Azure Site Recovery Deployment Planner のパブリック プレビューをリリースしました。このツールを使用すると、オンプレミスのネットワーク要件、ASR のレプリケーションとアプリケーションのテスト フェールオーバーまたはフェールオーバーに必要な Microsoft Azure のコンピューティング要件やストレージ要件を把握することができます。今回のパブリック プレビュー版では、VMware から Azure へのレプリケーションにのみ対応しています。 Deployment Planner はオンプレミス環境に ASR コンポーネントをインストールすることなく実行できます。 運用環境のサーバーには直接接続せず、サーバーのパフォーマンスに影響を与えません。すべてのパフォーマンス データは、運用環境の仮想マシンをホストする VMware…


ASR で Hyper-V VM のディスクの除外を新たにサポート

執筆者: Nitin Soneji (Program Manager, Cloud + Enterprise) このポストは、12 月 19 日に投稿された Announcing Exclude Disk Support for Hyper-V VMs with ASR の翻訳です。   Azure Site Recovery (ASR) のお客様から、「レプリケーションの対象から特定のディスクを除外して、そのディスクに使用されるレプリケーション帯域幅やレプリケート先のリソースを最適化したい」というご要望が数多く寄せられていました。それを受けてマイクロソフトは、今年に入ってすぐ、ASR で VMware から Azure へのレプリケーションを行う場合にそれができるようにしていましたが、今回ようやく、ASR で Hyper-V から Azure へのレプリケーションを行う場合にもこれをできるようにしました。 なぜレプリケーション対象からディスクを除外するのか レプリケーション対象からディスクを除外する必要があるのは、多くの場合、次のような理由によります。 除外されたディスク上の変更されたデータが重要ではない、または、それをレプリケートする必要がない 変更をレプリケートしないことで、ストレージおよびネットワーク リソースを節約できる では、“重要でない” データとはどのようなものでしょうか? レプリケートするデータの重要性は、フェールオーバー時の有用性によって決まります。レプリケートの対象から除外できるのは、フェールオーバー時にも不要なデータであり、このデータが存在しなくても目標復旧時点 (RPO) に影響しないデータです。 代表的なシナリオ 特定しやすいデータ変更の例はいくつかありますが、そのうち除外候補として適しているのは、ページ ファイルへの書き込みや Microsoft SQL Server の…


Azure Site Recovery で保存中のデータを暗号化する機能の一般提供を開始

執筆者: Poornima Natarajan (Program Manager, Cloud + Enterprise) このポストは、10 月 5 日に投稿された Encryption At Rest with Azure Site Recovery is now generally available の翻訳です。   これまでプライベート プレビューとして提供されていた Azure Site Recovery で保存中のデータを暗号化する機能の一般提供が開始されました。今回の発表は、先日 Azure Storage チームによってこの機能の一般提供が発表されたことを受けたものです。 Storage Service Encryption (SSE) は、企業におけるデータ保護を支援する機能であり、セキュリティやコンプライアンスに関するニーズを満たすために開発されました。Azure Site Recovery での Storage Service Encryption のサポートは、エンタープライズ クラスのセキュリティと信頼性を備えたビジネス継続性ソリューションを提供するというマイクロソフトのお約束の一環として実現されました。 この機能を使用すると、オンプレミスのデータを暗号化したうえでストレージ アカウントに複製することができます。下の図 1 のように、この機能はストレージ アカウントの設定ウィンドウのポータルから有効化できます。 この機能の有効と無効をプログラムで指定する場合は、Azure Storage リソース…


Azure Site Recovery のストレージ関連の機能強化

執筆者: Poornima Natarajan (Program Manager, Cloud + Enterprise) このポストは、5 月 23 日に投稿された Storage specific enhancements in Azure Site Recovery の翻訳です。   先日の Azure Site Recovery (ASR) のアップグレードの一環として、Azure ストレージの複数の機能が新たにサポートされました。今回サポートされた機能は以下のとおりです。 VMware 仮想マシンおよび物理サーバーの Premium Storage へのレプリケーション   Resource Manager を使用して作成されたストレージ アカウントに対する Azure Storage Service Encryption (保存データの暗号化) (プレビュー)   ローカル冗長ストレージ (LRS) アカウントへのレプリケーション   マイクロソフトはエンタープライズ クラスの安全性と信頼性に優れたビジネス継続性ソリューションを提供すると共に、異種混在環境のワークロードをサポートすることをお約束しています。今回新たにサポートされた機能はすべて、このお約束の実現に向けたものです。 Premium Storage へのレプリケーション 今回、VMware…


Azure Site Recovery の操作性の簡略化と、ARM と CSP のサポートを発表

執筆者: Manoj Kumar Jain (Principal Program Manager Lead, Azure Site Recovery) このポストは、5 月 12 日に投稿された Azure Site Recovery now has a simplified experience plus support for ARM and CSP の翻訳です。   現行の Azure ポータルがアップグレードされ、Azure Site Recovery (ASR) の一般提供が開始されました。この一般提供版では操作性がシンプルになったほか、Azure Resource Manager (ARM) との連携が実現しました。また、Cloud Solution Provider (CSP) プログラムでも利用が可能になりました。今回の一般提供版のリリースにより、ASR で掲げている「災害復旧の一般化」という使命をさらに前進させることができました。ASR は Operations Management Suite (OMS) の一部として設計されたコスト効率がよく使いやすいソリューションであり、多くの企業の自社環境の保護に使用されています。 信頼性が高くコスト効率に優れた災害復旧を実現することは、企業とサービス プロバイダーのどちらにとっても重要なことです。企業はミッション…


VMware からの移行と災害復旧をサポートする ASR 機能強化を発表

このポストは、1 月 11 日に投稿された Announcing enhanced migration and disaster recovery for VMware using ASR の翻訳です。 このたび、Azure Site Recovery (ASR) の VMware to Azure 機能が強化され、一般提供が開始されました。これにより、Azure IaaS でレプリケーション コンポーネントやオーケストレーション コンポーネントをデプロイしなくても、VMware 仮想マシンや物理サーバーを Azure に簡単に複製し保護できるようになりました。今回の ASR 機能強化 (英語) によって、ASR をデプロイして VMware ワークロードを Azure に複製し保護 (または移行) する場合の総所有コストが大幅に削減されると同時に、管理のしやすさや簡易性が大きく改善されます。 従来の VMware to Azure 機能を使用するシナリオも現時点では引き続き可能ですが、今後 VMware のワークロードや物理サーバーを Azure に複製する際は、強化された新しい機能を使用していただくことを強くお勧めします。 この機能は 2015 年 10…