Azure Resource Manager で VM の自動シャットダウンが可能に

執筆者: Xiaoying Guo (Sr. Program Manager, Azure DevTest Labs) このポストは、11 月 22 日に投稿された Announcing auto-shutdown for VMs using Azure Resource Manager の翻訳です。   このたび、ARM 環境で稼動するすべての仮想マシンで自動シャットダウンを簡単に設定できるようになりました。 これはもともと Azure DevTest Labs の VM でのみ使用できる機能でした。Azure DevTest Labs は、手間や管理コストを抑えながら開発/テスト用の環境を作成するための Azure のセルフサービス型サンドボックスで、作業環境のセットアップや環境の構成の所要時間、製品の再現性、保守費用の高騰などの IT チームや開発チームが直面している問題を解決することを目的としています。これにより、安全なセルフサービス型のテスト環境を迅速に構築することができるようになります。 DevTest Labs で作成したテンプレートは、あらゆる場所で再利用できます。パブリック API、PowerShell コマンドレット、VSTS 拡張機能 (英語) などを使用すると、ラボからリリース パイプラインまでの開発/テスト環境の統合が驚くほど簡単になります。Azure DevTest Labs は、開発/テストのほかにトレーニングやハッカソンなどのシナリオでも使用できます。このサービスの詳しい内容については、一般提供のリリース記事をお読みください。トレーニングで DevTest Labs を使用する方法の詳細については、「トレーニングでの Azure…


Azure Resource Policy の一般提供開始を発表

執筆者: Mike Chen (Program Manager, Azure Resource Manager) このポストは、4 月 15 日に投稿された Announcing Azure Resource Policy general availability の翻訳です。   ビジネスにおけるクラウドの利用が広がるにつれて、企業では自社のリソース構成を正しく制御し、独自のポリシーやガバナンス要件に的確に対応することがますます不可欠になっています。 マイクロソフトはこのたび、Azure Resource Manager を基盤とした Azure Resource Policy の一般提供開始を発表しました。 Azure サービスや対応地域での使用を許可するリソースの構成は、ポリシー ドキュメントで統括されますが、このポリシー ドキュメントの定義を Resource Policy で行うことができます。今回のリリースでは、お客様からのご意見に基づいてさらに複数の新機能を追加し、次のような機能強化を実施しました。 リソース SKU の制御 AzureCon の後、Azure Resource Policy はタグやリソース名、サービスの種類、場所といったさまざまなファセットに対応しました。また、このイベントでは企業の IT 管理者の方から、セキュリティ確保やコスト管理のために仮想マシン イメージと SKU を制限できるようにしてほしいという声も寄せられていたため、これに対応しました。 以下のコード サンプルは、仮想マシン SKU を Standard_A0 と…


Azure PowerShell 1.3.0: PowerShell Gallery からのインストールを強化

執筆者: Mark Cowlishaw (Senior Software Engineer, Azure Tools) このポストは、3 月 30 日に投稿された Azure PowerShell 1.3.0 – PowerShell Gallery installation improvements の翻訳です。   Azure PowerShell は、Azure Resource Manager (ARM) と Azure Service Management (RDFE) によって Azure の資産を管理するための PowerShell コマンドレットのセットです。このコマンドレットは、Microsoft Web Platform Installer、Azure PowerShell GitHub リポジトリの MSI インストーラー (英語)、PowerShell Gallery (英語) からインストールできます。リリース 1.3.0 では、PowerShell Gallery からのインストールが大幅に改善されました。 AzureRM:…


Azure Resource Manager のテンプレート エクスポート機能を発表

執筆者: Mike Chen (Program Manager, Azure Resource Manager) このポストは、3 月 30 日に投稿された Announcing template export feature in Azure Resource Manager の翻訳です。   マイクロソフトはこのたび、リソース グループをテンプレートとしてエクスポートしたい (英語) という多くのご要望にお応えして、テンプレート エクスポート機能のプレビューをリリースしました。この記事では、新たに追加された 3 つの操作をご紹介します。 実行中のリソース グループからテンプレートをエクスポートする Azure ポータルで現在のリソース グループを選択し、[Settings] の [Export template] を選択してテンプレートをエクスポートします。テンプレートがエクスポートされたら、テンプレート ファイルをダウンロードしたり、ポータルから新しいデプロイメントを開始することができます。また、テンプレートのデプロイに使用できる PowerShell スクリプトと CLI スクリプトも確認できます。 PowerShell からテンプレートをエクスポートするには、次のコマンドレットを実行します。 Export-AzureRmResourceGroup -ResourceGroupName <String> [-Path <String>] [-IncludeParameterDefaultValue [<SwitchParameter>]] [-IncludeComments []] CLI…


VMのサイズの変更方法について

執筆者: Drew McDaniel (Principal Program Manager, Azure Compute) このポストは、2 月 24 日に投稿された Resize virtual machines の翻訳です。 Azure Virtual Machines のメリットの 1 つは、CPU、ネットワーク、ディスク パフォーマンスの要件に応じて VM のサイズを変更できる点です。この記事では、Azure Classic Compute VM および新しい Azure Resource Manager VM をご利用のお客様が VM のサイズを変更する際の手順をご紹介します。 VM のサイズ変更が簡単かどうかは、以下の 3 つの要素の状況によって変わってきます。 VM がどのリージョンにデプロイされているか。VM のサイズごとに必要な物理ハードウェアは異なります。ご利用の Azure リージョンによっては、変更したい VM サイズのサポートに必要なハードウェアが含まれていない場合があります。どの Azure リージョンでもサポートされているのは、Standard_A0 ~ A7 と Basic_A0 ~ A4…


MySQL 仮想マシンを基盤に Azure App Service 上で動作する WordPress アプリケーション

このポストは 1 月 4 日に投稿された WordPress on Azure App Service backed by MySQL Virtual Machines の翻訳です。   マイクロソフトは皆様からのフィードバックにお応えするために、Azure Virtual Machines 上で実行される MySQL データベース クラスターを基盤として、Azure App Service の Web Apps で動作する WordPress アプリケーションの作成を自動化するためのハイブリッド Azure Resource Manager (ARM) テンプレートを作成しました。そして今回このテンプレートが Azure Marketplace で公開されました。 このテンプレートの特徴は以下のとおりです。 MySQL 5.6 サーバーをホストするために、Azure Virtual Machines に CentOS 6.6 が使用されています。 GTID ベースのレプリケーションの構成とテストが行われています。 Azure VNet で…


Azure Resource Manager で Azure Automation Runbook をサポート

このポストは、12 月 7 日に投稿された Announcing Azure Resource Manager support in Azure Automation runbooks の翻訳です。 新しい Azure Resource Manager の管理レイヤーを通じてさまざまな機能が Azure に導入されているのに伴い、Azure Automation で Azure Resource Manager のコマンドレットをすぐに使用できるようにしてほしいというご要望が高まってきました (英語)。コマンドレットを使用できれば、簡単に Azure の新機能を自動化できるためです。以前、手動でモジュールをインポート (英語) し、ユーザー自身でブロックを解除して Azure Automation で Azure Resource Manager を使えるようにする方法をご説明しましたが、あまり手軽なやり方ではありませんでした。そして今回ついに、Azure Automation で Azure Resource Manager のコマンドレットを使用できるようになりましたのでお知らせします。 ここでは具体的な例を使ってご説明しましょう。同一の Runbook から、従来の Azure 仮想マシンの操作を自動化する場合 (Azure Service Management を使用) と、新しい…


Azure Resource Manager テンプレートを使用したハイブリッド インフラストラクチャの自動化

このポストは、11 月 18 日に投稿された Hybrid Infrastructure Automation with Azure Resource Manager Templates の翻訳です。 今年 5 月に Azure Resource Manager テンプレートを発表しました。 今日のオンライン番組「Microsoft Mechanics」では、Microsoft Azure コンピューティングのチームを率いる Corey Sanders が、Azure Resource Manager テンプレートの技術的な特徴についてご紹介しました。SharePoint などのテスト環境や運用環境をセットアップしたことがある方なら、Active Directory、バックエンド データ用の SQL、SharePoint サーバーというように複数のツールをセットアップしなければならないことをご存じでしょう。 高度なスクリプト作成スキルやレベル 400 のタスク シーケンスのスキルがあれば自動化も可能ですが、テンプレートやマニフェスト ファイルを選択してクリックするだけで十数個の VM をつなげて相互通信を構成できれば非常に便利です。Azure Resource Manager テンプレートを使用すれば、Corey がお見せしたとおり、クラウドやオンプレミス、またはその両方でリソースを自動化することができます。 [View:https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=DevCgPFbiS8:0:0]  クラウドとオンプレミスで共通のインフラストラクチャ自動化モデル 新たにリリースされる Azure Stack では、自社のデータセンター内で Microsoft Azure の運用管理モデルとリソース管理モデルを構築できますが、Azure…


Supercomputing カンファレンス: マイクロソフトが Linux のサポートを発表

このポストは、11 月 16 日に投稿された Microsoft at Supercomputing: Yes, we support Linux の翻訳です。 組織変革につながる新たな発見や知見を求めて、コンピューティング集約型のモデリング、シミュレーション、分析機能が、さまざまな業界で活用されています。マイクロソフトは 2004 年より HPC への投資を行っており、Supercomputing カンファレンスの場でその成果について発表することにしています。お客様がワークロードをクラウドに移行することで、インフラストラクチャの管理から解放され、オンデマンドのスケーリングを利用できるようになると、次は「Linux もサポートしてくれないか?」という声が聞かれるようになりました。その答えは、もちろん「イエス」です。Microsoft Azure では、お客様が使用するオペレーティング システム、ジョブ スケジューラ、アプリケーション、ツール、データベース、デバイスといったあらゆるものをサポートするための取り組みを続けています。 Linux への対応もその 1 つで、Azure Big Compute チームが毎日努力を重ねています。マイクロソフトは真の HPC の性能を備えたエンタープライズ クラスのインテリジェント クラウド構築を進めており、業界全体のパートナーと協力して世界レベルのパフォーマンス、スケーラビリティ、サポートをお客様のアプリケーションやツールに提供するために取り組んでいます。その他にも、最新鋭のテクノロジを搭載した最新型のクラウド対応アプリケーションを開発して、俊敏性向上と運用コスト縮小を推進しています。 マイクロソフトはパートナーと共に取り組んできたことの成果を、米国テキサス州オースティンで開催される Supercomputing カンファレンス (SC15) で披露します。ぜひお越しになって、Windows と Linux HPC 関連の Azure の最新機能をその目でお確かめください。 エンタープライズ対応のインテリジェント クラウド マイクロソフトはお客様に真の HPC 性能を提供するために多大な投資を行っている唯一のパブリック クラウド プロバイダーです。マイクロソフトにとっての「真の HPC」とは、パフォーマンス、スケーラビリティ、そして、低レイテンシの RDMA ネットワークや…


Cloud Foundry の一般提供版と Pivotal Cloud Foundry のプレビュー版の提供を開始

このポストは、11 月 2 日に投稿された General availability of Cloud Foundry and preview access of Pivotal Cloud Foundry の翻訳です。 このたび、Azure で Cloud Foundry の一般提供が開始されました。これは、5 月に発表された Azure での Cloud Foundry のサポートとプレビュー更新に続く期待のリリースです。 Cloud Foundry (英語) を使用すると、さまざまな言語で従来よりもすばやく簡単にクラウド アプリケーションの構築、テスト、デプロイ、スケーリングを行うことができます。今回の発表により、多くの開発者が Azure で一貫した Cloud Foundry エクスペリエンスを利用し、また、Azure Resource Manager テンプレートを活用してワークフローのプロビジョニングを簡単に行えるようになります。 Azure Cloud Provider Interface (CPI) が上流のオープン ソース Cloud Foundry リポジトリと統合されたため、Azure にデプロイされる Cloud Foundry は…