Azure プレビュー ポータル: 2015 年 11 月の更新

このポストは、11 月 25 日に投稿された Azure Preview Portal – November 2015 update の翻訳です。 Azure ユーザーの皆様にお知らせです。 このたび、Azure プレビュー ポータルの新たな機能強化について発表しました。前回と同様、これらの機能強化はすべて皆様からいただいた貴重なフィードバックをもとに行ったものです。皆様のご協力に心から感謝いたします。今後も引き続きたくさんのフィードバックをお待ちしています。 主な変更内容は次のとおりです。 ナビゲーションを改良 リソースを表示するときの操作性を改良 閲覧ブレードから直接リソースを操作可能に 既定のダッシュボードを簡素化 通知を改良 [New] メニューで Marketplace の検索を可能に リソース ブレードを簡素化 カスタマイズの強化と重要な発表 画面表示の更新: ダーク テーマを改良   ナビゲーションを改良 前回の更新 (英語) ではメイン ナビゲーションのエクスペリエンスが強化され、その結果リソースの閲覧がより簡単になり、ポータルでリソースを管理する際の最も一般的なエントリ ポイントとなりました。今回の更新ではこれがさらに進化し、リソースの閲覧エクスペリエンスが強化されました。 リソースの閲覧 リソース リストを閲覧中に特定のリソースをクリックすると、閲覧ブレードが自動的に折りたたまれ、リソース名のみを表示するリストになります。リソース ブレードを閉じると、閲覧ブレードが復元、展開されてすべての列が再表示されます。 このエクスペリエンスによってリソース リストの閲覧が簡単になり、効率的に特定のリソースを見つけられるようになりました。 また、閲覧ブレードの幅が広がったうえ、リソース リストに列が追加され、表示される分類が増加しました。たとえば、下の画像では、従来の仮想マシンのリストに DNS 名、サイズ、VIP の列が追加されているのがわかります。 閲覧ブレードから直接リソースを操作 閲覧ブレードから直接リソースを操作することができます。たとえば、仮想マシンへの接続や仮想マシンの起動や停止をリソース ブレードを開かずに仮想マシン リストから直接実行できます。また、閲覧ブレードのコマンド実行エクスペリエンスも見つけやすくなるように更新されています。…


Azure SQL Database で Dynamic Data Masking の一般提供を開始

このポストは、11 月 3 日に投稿された Dynamic Data Masking is now generally available for Azure SQL Database の翻訳です。 マイクロソフトは、Azure SQL Database バージョン V12 で Dynamic Data Masking の一般提供を開始しました。Dynamic Data Masking (DDM) は、クエリ結果に含まれるデータの一部を即時に読み取れない形にして、データベース内の機密データへのアクセスを制限する機能です。既に多くのお客様が、機密データの保護に DDM を活用されています。マイクロソフトでは、この機会にぜひ皆様のデータベースでもご利用いただきたいと考えています。 Dynamic Data Masking では、アプリケーションで機密データを非表示にすることができ、どのフィールドに対してどのようなマスクを適用するかというロジックはデータベース自体で集中管理されます。また、メンテナンスやトラブルシューティングの際に運用環境のデータベースに接続するエンジニアや IT オペレーターに対しても、データを表示しないようにすることができます。 以下は、United Public Safety の製品ディレクターを務める Andrew Robin 氏のコメント。 「Dynamic Data Masking により、当社ではお客様の特定につながる機密データを保護し、さらなる保護措置を通じて、許可されたユーザーのみがデータにアクセスできるようにしています。運用中の環境に簡単に構成、デプロイできるシンプルさも魅力です。当社のお客様が継続的に成長し成功を収めるためには、プライバシーとセキュリティが欠かせません。Microsoft Azure クラウド チームはこのことを理解しているのでしょう。この機能にはそれがよく表れています」。 Dynamic Data Masking…


Azure Application Insights を使用して WordPress Web アプリの利用状況を確認

このポストは、10 月 15 日に投稿された Determine your WordPress web app usage with Azure App Insights の翻訳です。  Visual Studio Application Insights (プレビュー) は、運用しているアプリケーションの利用状況やパフォーマンスをリアルタイムで把握できる、拡張可能な分析サービスです。開発者向けに構築されたこのサービスは、アプリのパフォーマンスや利用状況の継続的な改善を支援します。 この分析サービスでは、Web アプリケーションのページに JavaScript コードを埋め込むことで、利用状況に関するテレメトリ データの収集を可能にします。今回の記事では、任意の場所で実行されている WordPress アプリで Azure Application Insights を構成する方法について説明します。 手順 1: インストール プラグイン (英語) をダウンロードします。 ダウンロードしたプラグインを、WordPress をインストールしたディレクトリの wp-content\plugins に展開します。 WordPress に管理者としてログインし、プラグインのリストに移動してプラグインをアクティブ化します。 該当するプラグインのチェックボックスをオンにし、[Activate] をクリックします。 手順 2: Azure Active Directory アプリケーションを登録する この手順では、Azure Active Directory…


ClearDB で新たに MySQL の Premium サービス レベルをサポート

このポストは、10 月 7 日に投稿された Announcing new MySQL Premium tiers from ClearDB の翻訳です。 ClearDB で、完全な専用データベース クラスターがサポートされることになりました。このクラスターは Azure プレビュー ポータルから使用可能で、新たに 5 種類のデータベース サイズのオプションをご用意しています。 ClearDB の新しい Premium サービス データベースは、すべてシングル テナント クラスターでホストされます。クラスターは、ストレージ容量の制限内であれば追加コストなしで複数のデータベースをホストできます。 Premium クラスターにはマスターを複数配置でき、また 1 秒以内に実行可能な自動フェールオーバー機能が実装されているため、ダウンタイム対策も充実しています。また、100% の可用性、15 分以内のサポート対応、6 時間以内の問題解決などが保証されています。 また、ストレージ容量 60 GB で最大接続数 300 のプランからストレージ容量 1 TB で最大接続数 6,000 のプランまでご用意しており、基幹業務アプリケーションの実行環境に適しています。   ClearDB の専用リソースの新規作成 新しい Premium サービスは、Azure プレビュー ポータルを使用して ClearDB…


Azure File Storage の一般提供を開始

このポストは、9 月 29 日に投稿された Azure File Storage, now generally available の翻訳です。   マイクロソフトはこのたび、Azure File Storage の一般提供開始を発表しました。 Azure File Storage の登場によって、Microsoft Azure は完全に管理されたクラウドのファイル共有を提供することになります。Azure File Storage は、既存のオンプレミス アプリケーションの多くで採用されてきたファイル共有プロトコル Server Message Block 3.0 (SMB) を使用しています。そのため、既存アプリケーションをクラウドに簡単に移行することができます。また、全世界のあらゆる場所からアプリケーションでファイル共有をマウントできるようになるため、変更を加えることなく、現在のオンプレミス アプリケーションでクラウド ストレージの利用が可能になります。さらに REST API を実装しているため、開発した最新のアプリケーションを既存のアプリケーションと連携させることも可能です。 Azure File Storage の一般提供リリースに合わせて、新たに以下の機能の提供が開始されます。 暗号化と永続的ハンドルを含む SMB 3.0 のサポート Azure プレビュー ポータルの新しいブラウザーベースのファイル エクスプローラー Azure File Storage に対応した、Azure Storage の各種メトリック…


IoT のリアルタイム分析

このポストは、9 月 29 日に投稿された Real-time analytics on your IoT の翻訳です。 このたび、Azure IoT Suite (英語) の発売が発表されました。信頼性の高い Azure クラウド プラットフォームを基盤として構築された Azure IoT Suite は、事前構成済みのサービスを統合し、企業のお客様が Internet of Things ソリューションを迅速かつ簡単に開発、デプロイできるように支援します。 Azure IoT Suite の主要なサービスである Azure Stream Analytics には、多数の更新が追加され、IoT のデプロイメントに関する一般的なビジネス ニーズへの対応が強化されました。Stream Analytics の最新の更新内容は以下のとおりです。 IoT Hub の入力のサポート: Stream Analytics ジョブに Azure IoT Hub からのデータを取り込むプレビュー機能が追加され、すべての接続デバイスから取得した大量のイベントをリアルタイムで分析できるようになりました。 Azure プレビュー ポータルへの統合: Azure 管理ポータルに加えて、Azure プレビュー ポータルにも…


新しい Azure DocumentDB のパフォーマンス メトリック

このポストは、9 月 28 日に投稿された New Azure DocumentDB Performance Metrics の翻訳です。 マイクロソフトは、Azure の NoSQL ドキュメント データベース サービスである DocumentDB の管理、運用エクスペリエンスの強化に日々努めています。本日新たに、複数のストレージ メトリックが Azure プレビュー ポータルに追加され、Microsoft Azure Insights Library (英語) 経由でご利用いただけるようになりました。今回追加されたパフォーマンス メトリックは、以下のとおりです。 データ サイズ インデックス サイズ ストレージ容量 空き容量 これらのメトリックを追加するには、既存の DocumentDB メトリック部分の編集用ハイパーリンクをクリックするか、または、既存の DocumentDB メトリック部分を右クリックし [Edit Chart] をクリックします。 追加するメトリックと期間を選択し、[Save] をクリックします。 また、既存のグラフをクリックすると、選択したメトリックの詳細情報を表示できます。 マイクロソフトでは今後も、DocumentDB のパフォーマンス メトリックをどんどん追加していけるよう努めていきます。今回の発表に関するご意見は、ページ下部のコメント欄までお寄せいただければ幸いです。いただいたご意見は今後お届けする情報や追加機能の参考にさせていただきます。ご不明な点は Stack Overflow 開発者フォーラム (英語) までお寄せいただくか、DocumentDB エンジニアリング チームとの個人チャットをご予約ください…