Azure IoT SDK で新しい Long Term Support Branch をリリース

執筆者: Yi Zhong (Program Manager II) このポストは、2018 年 2 月 12 日に投稿された Azure IoT SDKs released new Long-Term Support branch の翻訳です。   Azure IoT SDK で、新しい Long Term Support (LTS) Branch がリリースされました。マイクロソフトは、SDK をオープンな GitHub リポジトリで開発し、その新バージョンを隔週でリリースすることで最新機能を皆様にお届けしています。また 2017 年 7 月からは、重大なバグの修正やセキュリティ更新プログラムのみを提供するブランチの提供もスタートしました。2018 年 1 月にリリースした最新の LTS バージョンでは、Azure IoT Hub および Azure IoT Hub Device Provisioning Service と連携するクライアントを開発することができます。 LTS…


Azure IoT で X.509 証明書のサポートを開始

執筆者: Sam George (Partner Director, Azure Internet of Things) このポストは、8 月 2 日に投稿された Introducing Azure IoT support for X.509 certificates の翻訳です。   このたび、デバイス レベルの認証を強化する X.509 証明書がサポートされるようになりました。X.509 証明書は、ネットワークに接続したデバイスとクラウド プラットフォームなど、2 者間の情報交換の代表的標準とされており、暗号化による保護対策により、送信中の情報が何らかの潜在的脅威にさらされている場合にそれを認識できます。 Azure IoT での X.509 証明書のサポートにより、IoT デバイスは秘密キーをローカルに保存し、関連付けられたデバイスの X.509 証明書を生成して、情報を送信する前に Azure IoT Hub に対してデバイスの認証を行うことができます。製造、ヘルスケア、スマート シティなどの業界のお客様にとっては、デバイス ID を末端からクラウドへ安全に送信できると共に整合性を維持できるというメリットがあります。この機能の詳細については、こちらを参照してください。 IoT のデプロイメントの保護 Azure IoT Hub のセキュリティ機能に関してわかりやすく説明した入門者向けの記事「Securing your IoT deployment (IoT デプロイメントを保護する、英語)」を新たに公開しました。IoT…