Azure Files の共有スナップショットの一般提供を発表

執筆者: Rena Shah (Program Manager, Azure Storage) このポストは、2018 年 3 月 27 日に投稿された Announcing the general availability of Azure Files share snapshot の翻訳です。   Azure Files の共有スナップショットのパブリック プレビュー (英語) を開始してから、数ヶ月が経ちました。それ以来、多くのお客様にAzure のファイル共有でご利用いただいてきましたが、このたび、この Azure Files の共有スナップショットを世界中のすべての Azure リージョンで一般提供することになりました。これは、Azure Files のサーバー メッセージ ブロック (SMB) 共有の差分バックアップを取得する機能で、ストレージ管理者はスナップショットを直接使用することが可能なほか、バックアップ プロバイダーは Azure Files のバックアップと復元機能を製品に統合することができます。 主なメリット 差分のみで高速 – データの変更箇所のみがスナップショットに保存されます。共有元から使用できるデータは、スナップショットには複製されません。スナップショット作成後に変更がない場合は、スナップショット容量はゼロのままです。初回のスナップショットも同様で、データは一切複製されません。このため、スナップショットの容量やコストを抑えられ、スナップショットの作成にかかる時間も短くなります。共有のスナップショットは、一瞬で作成することができます。スナップショットは共有レベルで取得されますが、ファイルは個別に復元可能です。アイテム レベルでの復元により、復旧作業も高速で効率的です。 使い慣れたエクスペリエンス – Windows の「以前のバージョン」、Azure…


Azure File Storage 用 Storage Service Encryption の一般提供を開始

執筆者: Lavanya Kasarabada (Senior Program Manager, Azure Storage) このポストは、5 月 10 日に投稿された Announcing general availability of Storage Service Encryption for Azure File Storage の翻訳です。   本日マイクロソフトは、Azure File Storage 用 Azure Storage Service Encryption の一般提供開始を発表しました。 Azure File Storage は、分散型クロス プラットフォーム ストレージを提供するフル マネージド サービスで、アプリケーションで Azure のファイル共有パスを指定するだけで、Azure Files を使用してオンプレミスのファイル共有をクラウドに移行できます。このため、クラウド ストレージの導入に開発費をかけることなくクラウドの使用を開始することができます。Azure Files Storage は、保存中のデータが暗号化される初のフル マネージド ファイル サービスとなりました。 この機能は多くの企業のお客様からご要望が寄せられていたもので、自社の規制要件やコンプライアンス要件 (HIPAA…


Azure File Storage を使用した永続的な Docker ボリューム

執筆者: Ahmet Alp Balkan (Software Engineer, Azure Linux) このポストは、3 月 16 日に投稿された Persistent Docker volumes with Azure File Storage の翻訳です。   本日マイクロソフトは、Azure File Storage 用 Docker ボリューム プラグイン (英語) を発表しました。このプラグインを利用すれば、Azure File Storage の SMB 3.0 プロトコル サポートを Linux で利用することができます。Docker ボリューム プラグインはオープン ソースであり、Docker (英語) コンテナーを使用して Virtual Machines の外部にデータ ボリュームを格納できるので、ステートフルなコンテナーをホスト間で容易に移行することができます。 標準の Docker コンテナー ボリュームは Docker ホスト マシンに格納されているディレクトリですが、特定のホストにあるファイルに依存するため、移行やスケールアウトを容易に行うことができません。Azure…


Azure File Storage の一般提供を開始

このポストは、9 月 29 日に投稿された Azure File Storage, now generally available の翻訳です。   マイクロソフトはこのたび、Azure File Storage の一般提供開始を発表しました。 Azure File Storage の登場によって、Microsoft Azure は完全に管理されたクラウドのファイル共有を提供することになります。Azure File Storage は、既存のオンプレミス アプリケーションの多くで採用されてきたファイル共有プロトコル Server Message Block 3.0 (SMB) を使用しています。そのため、既存アプリケーションをクラウドに簡単に移行することができます。また、全世界のあらゆる場所からアプリケーションでファイル共有をマウントできるようになるため、変更を加えることなく、現在のオンプレミス アプリケーションでクラウド ストレージの利用が可能になります。さらに REST API を実装しているため、開発した最新のアプリケーションを既存のアプリケーションと連携させることも可能です。 Azure File Storage の一般提供リリースに合わせて、新たに以下の機能の提供が開始されます。 暗号化と永続的ハンドルを含む SMB 3.0 のサポート Azure プレビュー ポータルの新しいブラウザーベースのファイル エクスプローラー Azure File Storage に対応した、Azure Storage の各種メトリック…