Azure Event Grid の一般提供を開始

執筆者: Corey Sanders (Director of Compute, Azure) このポストは、2018 年 1 月 30 日に投稿された Announcing the general availability of Azure Event Grid の翻訳です。   モダン アプリケーションは、モノリシック アーキテクチャから離れる代わりに多様なサービス セットを連動させることで、クラウドの俊敏性と柔軟性を最大限に活用しています。これには、Azure のようなクラウド プラットフォームで提供される基本サービス (データベース、ストレージ、IoT、コンピューティング、サーバーレス機能など) とアプリケーション独自のサービス (在庫管理、支払いサービス、製造プロセス、モバイル エクスペリエンスなど) が含まれます。これらの新しいアーキテクチャではイベント主導による実行が基軸となるため、サービス間の通信をポーリングする手間が解消すると同時に、メカニズムが簡素化されます。イベントには、IoT デバイスのシグナル、クラウドのプロビジョニング通知、ストレージ Blob のイベントのほか、人事システムへの新規従業員の追加などのカスタム シナリオも含まれます。新しいアプリのパラダイムでは、こうしたイベントに効率よく確実に応答することが不可欠です。 このたび、Azure Event Grid の一般提供開始が発表されました。これは、イベント ベースのアプリケーションの開発を簡素化するフル マネージド型のイベント ルーティング サービスです。 Azure Event Grid はこれまでにないタイプの製品で、アプリやサービスが Azure サービスや同様のアプリの異なる部分から、対応する必要のあるすべてのイベントをサブスクライブできます。 イベントはプッシュ配信されるため、コードが簡素化され、リソース消費も抑制されます。また、変更を継続的にポーリングする必要がなくなり、料金はイベント数によって決定されます。サービスは自動でスケーリングされ、1 秒あたり数百万回以上のイベントに対応できます。 Azure…