GDPR に基づく要求に対して Azure Portal で簡単に対応できるように

執筆者: Tom Keane (Head of Global Infrastructure, Microsoft Azure) このポストは、2018 年 4 月 16 日に投稿された Streamlining GDPR requests with the Azure portal の翻訳です。   今回の記事では、今後 Azure ポータルでの提供を予定している、データ主体の要求 (DSR) に対応するための機能についてお伝えします。データ主体の要求に対応することは、EU データ保護規則 (GDPR) に準拠するうえで中心的な課題となります。そのためのシンプルかつ強力なツールをテナント管理者向けに提供します。マイクロソフトは、2018 年 5 月 25 日の GDPR 施行に先行してこの DSR 対応機能を完全にサポートし、マイクロソフトのクラウド サービス全体で GDPR に準拠します。 GDPR の施行により、EU のプライバシー関連法はこの 20 年間で最も大きな転換点を迎えます。プライバシーの権利に関して新しい国際標準が定められ、個人データの取り扱いと使用について各種要件が適用されます。GDPR の基本理念は、企業 (データ管理者) により収集される個人データについて一連の権利を個人 (データ主体) に付与することです。 GDPR…


最も包括的な回復性戦略を可能にする Azure 可用性ゾーンの一般提供を開始

執筆者: Tom Keane (Head of Global Infrastructure, Microsoft Azure) このポストは、2018 年 3 月 30 日に投稿された Azure Availability Zones now available for the most comprehensive resiliency strategy の翻訳です。   マイクロソフトは先日の Ignite において、Azure で高負荷のミッション クリティカルなワークロードのサポートを拡張する Azure 可用性ゾーンを発表しました (英語)。そして本日、米国とヨーロッパの一部リージョンを対象に、この機能の一般提供を開始しました。 Azure は世界で最も広範囲をカバーする (英語) クラウド サービスですが、可用性ゾーンを使用することで、ラック レベルで発生した障害の緩和や大規模インシデント発生時に異なるリージョンへのフェールオーバーなど、業界最高レベルの包括的な回復性戦略を提供できるようになります。同一リージョンで、物理的に離れた場所にある電源、ネットワーク、冷却装置を使用するため、フォールト トレランスが向上します。 ミッション クリティカルなアプリケーションが次々にクラウドへ移行される中、規制の厳しい業界の企業は、システムの回復性とビジネス継続性を重要視しています。小売業のオンライン販売システムから金融サービスの顧客向けアプリケーションまで、顧客にサービスを提供する場合には大きなリスクが伴います。たとえ小さなトラブルでも、企業のブランド価値、顧客満足度、収益に大きな影響を与える可能性があります。このような環境においては、最高レベルの基準を満たす多層構造の回復性アプローチでアプリケーションを開発する必要があります。 「可用性ゾーンは、低レイテンシと高可用性というお客様のニーズに応えることができます。高レベルの SLA が求められるアプリケーションは、すべて可用性ゾーンを利用して構築しています。物理的に分離されているため、きわめて高い冗長性を得られます」 – Mitch Nelson 氏 (Adobe、マネージド サービス担当ディレクター)  …


すべての Azure リージョンで Azure SQL Data Warehouse の一般提供を開始

執筆者: Ayo Olubeko (Program Manager, Azure SQL Data Warehouse) このポストは、2018 年 3 月 27 日に投稿された Azure SQL Data Warehouse now generally available in all Azure regions worldwide の翻訳です。   このたび、新たに西日本、オーストラリア東部、インド西部の 3 つのリージョンで Azure SQL Data Warehouse の一般提供が開始されました。これにより Azure SQL Data Warehouse は主要クラウド データ ウェアハウス プロバイダーで最多となる世界 33 の全リージョンで一般提供されたことになります。この一般提供開始に伴い、SQL Data Warehouse のプロビジョニングでは、33 すべてのリージョンで 99.9% の可用性を保証する返金制度付きの SLA がサポートされます。…


新しい Azure Load Balancer はスケーリング能力が 10 倍

執筆者: Yousef Khalidi (CVP, Azure Networking) このポストは、2018 年 3 月 27 日に投稿された The new Azure Load Balancer – 10x scale increase の翻訳です。   Azure Load Balancer は、TCP と UDP の負荷分散を行う高スケーラビリティ、高スループット、低レイテンシのネットワーク ロード バランサーです。 このたび、Azure Load Balancer の新しい Standard SKU をリリースしました。スケーリング能力が 10 倍上がったこの SKU では、既存の Basic SKU よりも高度な診断をはじめとするさまざまな機能を使用できます。また、秒間数百万のフロー処理や、非常に高い負荷のスケーリングにも対応するよう設計されています。Standard および Basic の SKU は共通の API を使用しており、複数のオプションから必要なものをお選びいただけます。 新しい Standard…


Azure Files の共有スナップショットの一般提供を発表

執筆者: Rena Shah (Program Manager, Azure Storage) このポストは、2018 年 3 月 27 日に投稿された Announcing the general availability of Azure Files share snapshot の翻訳です。   Azure Files の共有スナップショットのパブリック プレビュー (英語) を開始してから、数ヶ月が経ちました。それ以来、多くのお客様にAzure のファイル共有でご利用いただいてきましたが、このたび、この Azure Files の共有スナップショットを世界中のすべての Azure リージョンで一般提供することになりました。これは、Azure Files のサーバー メッセージ ブロック (SMB) 共有の差分バックアップを取得する機能で、ストレージ管理者はスナップショットを直接使用することが可能なほか、バックアップ プロバイダーは Azure Files のバックアップと復元機能を製品に統合することができます。 主なメリット 差分のみで高速 – データの変更箇所のみがスナップショットに保存されます。共有元から使用できるデータは、スナップショットには複製されません。スナップショット作成後に変更がない場合は、スナップショット容量はゼロのままです。初回のスナップショットも同様で、データは一切複製されません。このため、スナップショットの容量やコストを抑えられ、スナップショットの作成にかかる時間も短くなります。共有のスナップショットは、一瞬で作成することができます。スナップショットは共有レベルで取得されますが、ファイルは個別に復元可能です。アイテム レベルでの復元により、復旧作業も高速で効率的です。 使い慣れたエクスペリエンス – Windows の「以前のバージョン」、Azure…


Azure Service Health の一般提供、アラートの構成が可能に

執筆者: Dushyant Gill (Principal Program Manager, Microsoft Azure) このポストは、2018 年 3 月 26 日に投稿された Announcing Azure Service Health general availability – configure your alerts today の翻訳です。   このたび、Azure Service Health の一般提供を開始します。これは、Azure サービスでユーザーに影響する問題が発生した場合に、パーソナライズされたダッシュボードに対処方法などを表示する機能です。一般的な情報を伝える共通の状態ページとは異なり、お客様のリソースに合わせてカスタマイズした情報を表示します。また、リソースの可用性に影響する計画的メンテナンスなどの準備にも役立ちます。簡単にアラートを構成して、リソースに影響するサービス正常性イベントを関連するチームに通知することができます。 Azure Service Health は、2017 年 7 月のプレビュー開始以来、お客様からのフィードバックに基づき、アラート統合などのサービス改良を進めてきました。まだご利用でないお客様は、Service Health のアラートをセットアップしてお試しください。 次のビデオでは、Azure Service Health の使用例を簡単に紹介しています。 Azure Service Health のダッシュボードでは、以下のような情報を確認できます。 サービスに関する問題 – リソースに影響する Azure サービスの問題。いつ、どのサービス、どのリージョンで問題が発生したか、どのリソースが影響を受けているかを迅速に把握することができます。問題の参照リンクを担当チームと共有したり、ポータルにアクセスできないユーザーのためにサマリーを PDF…


Azure の次世代アラート機能をリリース

執筆者: Kiran Madnani (Principal PM Manager, AIM India) このポストは、2018 年 3 月 21 日に投稿された The next generation of Azure Alerts has arrived の翻訳です。   このたびマイクロソフトは、Azure の次世代アラート機能の一般提供を開始しました。Azure の監視サービスでは、インフラストラクチャ、アプリケーション、Azure プラットフォームの全体にわたって、アラートを設定してメトリックを監視したり、スタック全体のログ データを記録することができます。次世代のアラート機能のリリースに伴い、新しい統合アラート エクスペリエンスと、他の Azure サービスから利用できる高速な新しいアラート プラットフォームが提供されます。このアラート機能は既に一部のお客様にプレビューとしてご利用いただいています。ここでは、いただいた多くのフィードバックから一部をご紹介します。 「新しい統合エクスペリエンスは、アラート管理機能が大幅に強化されています。当社では、PaaS リソースのメトリックやログ、Azure のアクティビティ イベント、Log Analytics の検索など、さまざまなリソース監視機能を標準のクライアント構成の一部としてデプロイし、お客様の環境を包括的にモニタリングしていますが、これらの監視機能やアラートがすべて 1 つのインターフェイスから管理できるようになり、標準化したアクション グループを全体に階層的に配置できるようになりました。その結果、お客様への対応に一貫性を持たせながらも、管理上の負担を大幅に削減できました。 また、パフォーマンスも向上したため、お客様の環境で重要な問題が発生した場合にも、すぐに対処することができます。ハートビート ログなどのメトリックがほぼリアルタイムで得られるのも大きなメリットとなっています。おかげで、サーバー停止時のアラートをかつてない速さで受け取れるため、環境の復旧にすばやく取り掛かかれるようになりました」 Dugan Sheehan 氏 (Rackspace、Fanatical Azure サポート担当プリンシパル製品アーキテクト) ここからは、より迅速になったアラート機能と統合エクスペリエンスについて詳しくご説明します。   迅速なアラート メトリック アラート:…


Azure Traffic Manager で世界規模のパフォーマンスを改善

執筆者: Dilip Lukose (Principal Program Manager, Azure Networking) このポストは、2018 年 3 月 19 日に投稿された Global performance acceleration with Azure Traffic Manager の翻訳です。   最高のユーザー エクスペリエンスを提供するためには、ユーザー トラフィックをしっかりと理解することが重要です。Azure Traffic Manager の新機能 Traffic View では、収集した豊富な情報をユーザー エクスペリエンスのヒートマップとしてわかりやすく視覚化することができます。これにより、世界規模でユーザーのトラフィック パターンを把握したり、特定地域をピンポイントで確認したりできるようになります。 Traffic View でパフォーマンスを改善 このたび、Traffic View の一般提供を開始します。昨年秋にパブリック プレビューを開始して以来、多くの皆様に積極的にご利用いただき、フィードバックをお寄せいただきました。Traffic View では、ユーザー ベースが存在する地域、その地域でのレイテンシ、トラフィック量などのさまざまなインサイトを取得して、さまざまな Azure リージョンでワークロード配置を最適化する際に役立てることができます。この機能は Azure ポータルで使用できるほか、生データをダウンロードして Power BI などのツールで独自に分析することもできます。 今回より、精度を高めるために、サブスクリプション レベルではなくプロファイル レベルで Traffic…


MySQL および PostgreSQL 用 Azure データベース サービスの一般提供

執筆者: Tobias Ternstrom (Principal Group Program Manager, Azure Data) このポストは、2018 年 3 月 20 日に投稿された Announcing general availability of Azure database services for MySQL and PostgreSQL の翻訳です。   このたび、Azure Database for MySQL および Azure Database for PostgreSQL の一般提供を開始します。これに伴い、組み込みの高可用性、99.99% の可用性を保証する SLA、弾力的なパフォーマンス スケーリング能力、業界最高レベルのセキュリティ (英語) とコンプライアンス (英語) を備えた MySQL および PostgreSQL を、Azure で多くの皆様にご利用いただけるようになります。 2017 年 5 月のプレビュー開始以来、Azure の…


バックアップと復元のパフォーマンス強化、大容量ディスクのバックアップのサポートを発表

執筆者: Trinadh Kotturu (Senior Program Manager, Azure Backup) このポストは、2018 年 3 月 13 日に投稿されたAnnouncing backup and restore performance improvements and support for large disk backup の翻訳です。   このたびマイクロソフトは、大容量ディスク搭載 VM のバックアップのサポート、およびバックアップと復元の所要時間を短縮するためのさまざまな機能強化を発表しました。これらの機能強化と大容量ディスクのサポートは新しい VM バックアップ スタックで提供され、Managed Disks と Unmanaged Disks の両方に適用されます。新しいスタックにアップグレードする際、現行のバックアップ ジョブへの影響はまったくなく、バックアップや復元のセットアップ方法も変わりません。 今回発表した機能強化の内容は次のとおりです。 大容量ディスクのサポート – Managed Disks と Unmanaged Disks の両方で、最大 4TB (4,095GB) のディスクを搭載した VM のバックアップに対応しました。 即時復旧ポイント –…