2月にIT交差点 第二号が登場!!

みなさま、こんにちは。オーディエンスマーケティングの杉田です。 あっという間に1月が終わってしまいました。今日からもう2月ですね。は、はやい...。なぜか、とても気が焦ります。 年末年始とあわただしいなか、日本のITエンジニア応援マガジン「IT交差点」のvolume.2の製作をすすめておりました。 今回のIT交差点はまたさらにパワーアップ!ITエンジニアの皆さんがきになる技術情報はもちろんのこと、マイクロソフト外のいろいろなITエンジニアの方々をインタビューする新しい企画「技と人~プロフェッショナルの視点」もスタートします。この企画は、当マガジン宛にいただいた読者の方々のご希望をヒントにしています。同じITエンジニアとして活躍されている方々を紹介させていただくコーナーです。マイクロソフト社外の方にご登場いただくことで、”IT交差点”が”ITエンジニアの交差点”と成長していけるといいなという願いをこめています。 今回のPower to the PRO Timesでは、IT Pro道場へ潜入取材をして、参加されているITプロの方々に直接お話をうかがってきました。前回スタートした新企画、IT Engineer’s Voice (ITEV)では、今回は読者のみなさんが考える”ITエンジニアにとっての3種の神器”をおうかがいしました。 気がつけば、マイクロソフト社員ではない、いろいろなみなさんが登場していただく場が増えてきています。”IT交差点”という名前に負けないように。  杉  


2周年記念の番外編 IT Pro道場

こんにちは、マイクロソフト松井です。 ついにと言いますか。 ようやくと言いますか。。。 恐る恐る開始し、細々と継続し、なんとか全国行脚を繰り返すまで受講者の皆さんに育てていただいた IT Pro 道場が今月で2周年を迎えます。  このたび、この2周年記念として道場門下生(受講生)の皆さんの発案で 11月18日(日)に番外編を実施することになりました。 これまでも週末でないとなかなか仕事を抜け出せない多くの ITプロの皆さんに向けて、Weekend IT Pro 道場と称した企画を実施してきましたが、今回はこれまでの週末道場とは大きく違う点があります。 それは、いつもスピーカーをしているマイクロソフトのエバンジェリストはスタッフとして裏方に回り、いつも受講生(門下生)として参加いただいている皆さんが講師を務めるという点です。 (私自身はいままで同様裏方で参加する予定です) 企画を練る段階で話に加わっているエバンジェリストの奥主の話によれば、かなり良い内容が準備されているとのこと。 いままでに IT Pro 道場に参加したことのある方はもちろん、これまで参加したことのない方、またマイクロソフトのセミナーとしてではなく IT エンジニア同士の交流といったコミュニティに関心のある方も、ぜひ参加をお待ちしています。 詳しい内容や時間割は IT Pro 道場のページでご案内しています。  マーケティングチームとしてもエバンジェリストとともに皆さんの声をいただきながら、今後も IT Pro 道場を続けられるよう努力していきたいと思っています。  最後に過去の IT Pro 道場の模様を紹介しているページをご案内しておきます。 まだ細々とやっていたころの写真や動画です。ぜひ覗いてみてください。

3

IT Pro エバンジェリストの新企画

こんにちは、マイクロソフト 松井です。 私の所属するオーディエンス マーケティング グループの横には日々 ITエンジニア向けの活動を共にしている ’IT Pro エバンジェリスト’というタイトルのメンバーがいます。 通常はイベントやセミナー、ウェブキャストやブログ、そして各種出版物への寄稿などを通じて技術情報を発信する技術者集団なんですが、今回こういった普段の活動とはちょっとだけ毛色の違った企画を進めているようなのでご紹介します。 その名も「Back to the IT ~あの頃の情熱を取り戻せ~」 。 IT の現場から少し離れてしまっている 40歳以上のベテラン IT プロフェッショナルの皆さんを対象に、マイクロソフトの IT Pro エバンジェリストや参加者の方同士での交流を目的とした懇親会形式のネットワーキングの場にしていきたいとのこと。 どんな方々が集まり、どんな場になるのか、準備に携わっている我々としても大変楽しみでもあり、心配でもあります。 詳しい情報や参加登録はこちらの ‘Back to the IT’ のページをご覧ください。 堅苦しい技術セミナーとは違った技術者同士のコミュニケーションの場を楽しんでいただける皆様をお待ちしています。 エバンジェリストってどんな連中?と言う方は、IT Pro エバンジェリスト自身や彼らの活動全般がご覧いただける Webサイト ‘エバンジェリストの広場’をぜひ一度ご覧ください。   


輪の広がりを実感した一週間

こんにちは、 マイクロソフト 松井です。 だいぶご無沙汰してしまいました。 あちこちのマイクロソフト社員ブログに書き込みがありますが、私も今週は Tech・Ed 会場でのプログラム運営で横浜にきています。 前回のプログラムをさらにパワーアップさせたもの、新たにチャレンジしたもの、今年も Tech・Ed の会場で多くのコミュニティ関連プログラムを企画させていただきました。 (すでに中心になって動いてくれた舟越や原水がブログでご紹介してますね。)  主催側であるマイクロソフトとしても、前回よりもさらによいものをと準備を進めてきたわけですが、我々は場を用意するだけでプログラムを完成させるにはコミュニティの皆さんとの協業が必要となるものばかり。 春からの長い準備期間、多くの方々の準備が実り、大変充実した内容を Tech・Ed ご来場の皆様にも提供できたのではと感じています。 昨年の Tech・Ed で Microsoft Community Ring をアナウンスしてから約一年。  この会場で多くのコミュニティ関係者の皆さんに会い、そして皆さんの活躍を見て、あらためてコミュニティにかかわる人々の輪の広がりを実感することができました これからもマイクロソフトとしてできることで、IT エンジニアの皆さんの輪を広げるお手伝いができればと思っています。   そうそう、写真は期間中コミュニティの方にいただいた手作りのマスコットです。思いもよらないいただきものでした。


仙台での Community Launch Team イベント

こんにちは。マイクロソフト松井です。 本日は Community Launch Team (CLT)イベント仙台 ~マイクロソフト共催 の実施のために仙台に来ています。このマイクロソフト共催での CLT イベントは本日で最終日です。 最終日らしく、ここ仙台と大阪の2会場での同日実施です。マイクロソフトのスタッフも二手に分かれてイベントをサポートに出掛けています。 大阪の模様はこちらのブログですでに準備状況や速報があがっているようです。 仙台の模様もほんの少しですが、写真でご覧ください。 ほかの会場にはなかった SharePoint Server 2007 のセッションが進んでいます。

1

Community Launch Team イベント東京会場終了です

マイクロソフト松井です。 これまでも、このブログや舟越や原水のブログで状況をお知らせしていた Community Launch Team イベントですが、本日新宿のマイクロソフトオフィス内セミナールームにて、東京会場分が実施され多くの皆様に参加いただくことができました。 今日は朝から大変天気もよく、もしかしたらこのイベントに来ないで青空の下に遊びに出掛けてしまう人も多いのではと、午前中の準備のときにスタッフの皆と話をして心配していたのですが、受付開始とともにたくさんの方が押し寄せ、最終的にはセッション後の懇親会にも多くの方が参加いただける大変良い交流の場となりました。 今回の実施では協力コミュニティとして、PASSJ とVSUG の皆さんに司会進行から、コミュニティ紹介までしていただきました。 本日の参加者の皆さんがこれをきっかけにコミュニティへの仲間入りをして ITエンジニアの輪を広げてくれれば、今回のようなイベントの価値をさらに高いものにできると思っています。 Community Launch Team イベンントはまだ今後も予定されています。 マイクロソフト共催での実施は来週 6/2(土) に仙台と大阪で実施されます。    

1

春はスキルアップの季節

マイクロソフト松井です。昨日発行の TechNet Flash にて ’春のスキルアップ特集’ということでご紹介している 2種類のイベントについてご紹介します。 1つ目はご存じ 「IT Pro 道場」。 年末から2月までの「全国行脚」で好評だった「あらためて Active Directory入門編」を5月~6月の期間集中的に繰り返し実施します。 時間帯はこれまでご要望が多かったにも関わらず実現できていなかった平日夕方からの開催です。  2つ目は以前ここで紹介した「Community Lanuch Team イベント」。 今回は「Community Launch Team イベント ~マイクロソフト共催」ということで、 MVP とエバンジェリストがスピーカーとなり、同じく5月~6月の土曜日に全国5か所で実施していきます。 おもなテーマは Windows Vista, 2007 Office System, .NET Framework 3.0 ですが、各会場によってスピーカーやセッション内容も様々です。 すでにスピーカー名やセッション内容、そして一緒にイベントを支えていただく協力コミュニティも公開しています。 製品、テクノロジーに関する情報収集にとどまらず、MVPやコミュニティとのネットワーク作りも魅力のひとつではないでしょうか。 詳しい情報は、下記の Microsoft Community Ring のページをご覧ください。http://www.microsoft.com/japan/powerpro/community/cltpub/ms/すでにデベロッパーオーディエンスマーケティングの舟越やコミュニティエンゲージメント推進部 原水のブログでも紹介されているようなので、そちらも参照ください。「開発者のみなさまへ」 http://blogs.msdn.com/devamm/archive/2007/04/19/5-clt.aspx「原水のコミュニティ通信」 http://blogs.technet.com/shinhara/archive/2007/04/17/clt-event-with-microsoft.aspx そして、最後になりましたが、IT Pro 道場も CLTイベントも参加費無料のイベントです。 この機会に ’スキルアップ + α’  を大いに楽しんでいただければ幸いです。  

1

週末のマイクロソフトセミナールーム

こんにちは、マイクロソフト松井です。 このところ週末、マイクロソフトオフィスにあるセミナールームには多くの ITエンジニアの方が集まることが増えています。Microsoft Commuity Ring が立ち上がってから、さまざまなコミュニティが勉強会の会場として使っていることもその理由の一つです。先週末の土曜日は、年明けからの全国行脚に先立って実施された 「IT Pro 道場」が朝から晩まで開催され、同時に「コミュニティ」の勉強会(わんくま同盟)が実施され、その勉強会のセッションの一つとして 「Microsoft On」 のコンテンツをマイクロソフトのエバンジェリストが話をするといった状況で、とても休日のオフィスとは思えない賑わいでした。 ITエンジニアは日頃意外と孤独なんですよ、というお話を聞くこともよくあります。我々の活動が、そんな皆さんの出会いと交流の場を作るお役に立てていれば大変嬉しいですね。実は、これら「IT Pro道場」、「コミュニティ」、「Microsoft On」は私が直接担当している活動でもあり、自分にとってもなんとも濃い一日となりました。この日実施して大変好評おいただいた IT Pro 道場は、年明けから全国で実施しますので、是非参加いただければとおもいます。詳しくは IT Pro 道場サイトでご案内中ですが、日程だけここでご紹介させていただきます。 1月23日 札幌1月25日 大阪1月30日 名古屋2月2日  広島2月7日  福岡2月9日  仙台2月14日  高松2月16日   金沢 みなさん、各会場でお会いしましょう。


今回は4箇所での開催でした

こんにちは、マイクロソフト松井です。 今回、MSC とともに各会場で開催させていただいたコミュニティオープンステージは昨日の札幌会場での実施で終了となりました。  コミュニティオープンステージも本当は MSCの全会場で開催し、各地へくまなくお伺いしたかったのですが、今回は会場他の都合で実現できませんでした。  少々残念ではありますが、今回の企画を実施してみて、マイクロソフトのセミナーにいらっしゃる多くのお客様がコミュニティへの関心を持っていることがわかりましたので、今後より多くの地方でコミュニティ関連企画を実施できるよう計画していきたいと思います。一連の出演コミュニティのステージ内容については、こちらのページにまとめていますのでご覧ください。http://www.microsoft.com/japan/powerpro/community/msc06/default.aspxMSCそのものは明日の広島をはじめまだまだ全国へのツアーが続きます。 


Admintech.jp 設立記念勉強会での出来事

こんにちは、マイクロソフト松井です。 昨日は、こちらの原水ブログでも紹介されていた IT Pro コミュニティ ‘Admintech.jp’ の設立記念勉強会に参加させて頂きました。 師走の土曜にも関わらず部屋いっぱいの参加者が集り、設立記念の初めての勉強会とは思えない盛況ぶりでした。 内容や詳細は Admintech.jpのページ にて報告されると思います。 実はこの日はプラスアルファの出来事がありました。 Admintech.jp は、8月末に日本での活動を開始した Culminis のメンバーコミュニティなのですが、今週日本に来ている Culminis Inc. CEO  Dave Sanders が勉強会の最後に飛びいり参加し、集まっていた日本の IT Pro の皆さんに向けて語りかけるというとっても珍しい場面に遭遇しました。 Culminis というものをあまりよく知らない参加者の皆さんも、世界の IT Pro の成功を目指す彼らのビジョンを共有していただけていたようです。  世界の IT Pro の状況を日本にいても知ることができる、そしてお互い相談もできる。 こんな関係が Culminis を通じてもっと広がっていくとよいと思います。     

2