[今月の技術トピック] クラウド時代の Active Directory 次の一手シリーズ 第1回『Active Directory の位置づけ』

突然ですが、Microsoft Virtual Academy をご存知ですか? TechNet Flash でも何度かご紹介をしたことがあるので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。Microsoft Virtual Academy、略して MVA と呼んでいます。IT 技術者、開発者の方がいつでもどこでも最新のテクノロジを学習し、スキルを高めていただくことを支援する無償の e-learning サイトです。世界各国の技術者に愛用され、今では受講者が 200 万人を超えました。MVA の使命は、最新テクノロジを学習いただき、スキルを高め、キャリアを積んでいただけるよう支援することです。 注目のテクノロジとともに、関連する MVA のコースをご紹介しますので、ご自身のスキルアップやキャリアアップに是非ご活用ください。 Active Directory の本質はセキュリティなのか?  ~ テクノロジの話と MVA のコース紹介 ~ Active Directory が登場してから 15 年を迎えようとしています。多くの企業や教育機関で採用されている Active Directory ですが、その多くはユーザー認証とグループ ポリシーの利用にとどまっているように思えます。Active Directory は Windows Server とともに進化し続けており、2015 年にサポートが終了する Windows Server 2003 の時代とでは、市場が目指す方向性とその存在意義が変化しています。その顕著な例がパブリック クラウドやモバイル デバイスといった「社外リソース」へのガバナンスです。 以前はセキュリティといえば「社内のリソースを社外に出さないこと」でした。 そのため、多くの企業で PC の持ち出しや USB メモリの利用が禁止されました。当然、そのような認識下ではクラウド上のストレージにデータを保存するなどもってのほかです。しかし多くのクラウド…


[TN サブ] 会員様限定 MCP 受験割引チケット

みなさま、こんにちは。TechNet サブスクリプション担当の土屋です。 今日は、TechNet サブスクリプションをご利用いただいている会員の皆様にお知らせです。 会員の皆様の中には、スキルアップやキャリアアップの一つとして、資格の取得を検討していらっしゃる方も多いかと思います。 また、年末に皆様にご協力いただいたアンケートの中でも、資格について触れていらっしゃるコメントが多々ありました。   そこで、このたび、4 月末までに MCP 受験を予定していらっしゃる方に、受験チケットを 15% 割引の 12,750 円でご提供いたします。 以下の必要事項を明記の上、jplc@microsoft.com 宛てに E メールにてお申し込みください。 お申し込み受付期限は 2012 年 2 月 29 日までです。   【必要事項】 メールの件名:[受験は 4 月まで] MCP 割引バウチャー番号発行依頼 本文:以下5点を明記してください。 1. お名前 2. 受験予定日 3. MC ID (お持ちの方) 4. プロメトリック ID (お持ちの方) 5. TechNet サブスクリプションのサブスクライバー ID   お申し込みメール受領後、5 営業日以内にバウチャー番号をご連絡いたします。 届いたバウチャー番号にて試験のお申し込みを行ってください。 なお、発行するバウチャー番号の有効期限は4月末までとなりますので、4月末までの受験にご利用ください。…


残り 2 週間をきりました! TechNet サブスクリプションなどが当たる仮想化評価キャンペーンは 11/30 までです。

みなさん、こんにちは。TechNet オンラインを担当している藤山です。最近仕事中にパソコン用のめがねをかけているのですが、目があまりつかれなくなりました。みなさんもお仕事中はずっとパソコンをみていることが多いですか? ちなみにわたしは寝る前に蒸しタオルを目の上にのせると、なんだか幸せな気分になります! ところで現在 TechNet オンラインでは、「今すぐ始める仮想化」と題して、お客様の課題に合った評価版とドキュメントをご紹介しています。ちなみに現在よくお選びいただいている課題は下記の通りです。 ———————————————- 第 1 位: 仮想化環境ってノート PC でも構築できるの? 第 2 位: 無償の Hyper-V ってあるの? 第 3 位: 「プライベート クラウド」を学ぶには何から? ———————————————- 11 月 30 日までに評価版をダウンロードした方の中から抽選でプレゼントをお送りさせていただきますので、ぜひご応募ください! 評価版をダウンロードした後、お客様にお送りしているメールの中に応募用のリンクが掲載してあります。 キャンペーンおよびプレゼントの詳細は 評価版ダウンロードキャンペーン実施中 のページからご参照いただけます。 藤山


合格のご褒美

MS Learningの篠木です。先日、あるMSの資格試験を受験しました。(もちろん自分は問題内容や評価に関与できないものです。)申請してから通知を受け取るまで時間のかかる内容のものだったので、その間はドキドキでした。ぎりぎりのラインでなんとか合格だったのですが、いくら勉強してても落ちる可能性はあるし、受験って気持ちが落ち着かないですよね。 特にMCP試験は技術的に難しいので、合格まで何度かトライされるというお話を良く聞きます。また、上位資格を取得するには、複数試験に受かる必要がありますので、受験費用も嵩みます。 そのような皆様のために、MCPアクションパックという受験のセットを用意しています。 http://www.microsoft.com/japan/learning/mcp/actionpack/default.mspx 期限が間近ですので、受験をご検討される方はぜひご参照ください。 因みに僕の合格の自分へのご褒美はリリエンベルグのケーキでした。 http://www.lilienberg.jp/5cake.html たまには(?)甘いものも自分に許可してイイですよね。

1

MCA受験チケットが抽選で当たる!

皆さん、こんにちは。MS Learning篠木です。先週、マイクロソフト新宿オフィス内にコンビニがオープンしました。お弁当が安くて便利なのですが、いつでもお菓子やアイスが買えるというのはちょっと危険かも。。。 さて、本題ですが、インプレス社のMCA問題集を買うと受験チケットが当たる”渡りに舟”キャンペーンを実施中です。 http://direct.ips.co.jp/book/Template/Promotion/pr_subpromotionimp.cfm?PM_No=1275 問題集にチャレンジすると、自分がどこを分かっていないか、を把握し効率的に学習できますのでお勧めです。また、MCAってどんな問題が出るんだろう?という方向けの”ちょこっとチェック”も公開しています。ぜひ一度お試しください。 http://www.microsoft.com/japan/learning/mca/mcas_checktest.aspx MS Learning篠木


Amazon.com "Best Books of 2006" を受賞!

大変ごぶさたになってしまいました。マイクロソフトプレスの石塚です。今日届いたニュースですが、Microsoft Press刊行の書籍 “Software Estimation” が、米国 Amazon.com の “Best Books of 2006 / Top 10 Editors’ Picks: Computers & Internet” 部門において、ナンバー1を獲得しました!この書籍、刊行前から各所で話題となっており、邦訳『ソフトウェア見積もり』については当ブログの私のエントリーでもご案内をしたことがございました。たとえばどれほど優秀な人でも「時間」を止めたり伸長させたりすることはできませんが、効果的な見積もり手法を習得することで、最良の方法を事前に見出し、よりベストに近い「時間」の使い方を取得することが可能になるかもしれません。コストや作業量、品質もまたしかり。あらゆるみなさまに、ご一読いただきたい一冊です。


ISBN コードの規格が新体系になっています

みなさま、こんにちは。マイクロソフトプレスの石塚です。さて、突然ですがお手元に何らかの書籍がありましたら、裏表紙をご覧になってみてください。背表紙の上のほうに、バーコード2点とISBNxxxxxxというコード、および価格が表示されているかと思います。 ご存知の方もいらっしゃると思いますが、このISBNコードの規格が全世界的に新体系へ移行しています。日本は2007年1月1日より、新体系になりました。従来は10桁(ISBN-10)だったのですが、現在は13桁(ISBN-13)です。2007年以降に発行される書籍は、すべてISBN-13のコードになります。 10桁(旧) 13桁(新) この変更、将来見込まれるコードの枯渇に対応しながら ISBN の適用可能範囲を広げていく(オンラインメディアへの適用などが起草されています)という目的を達成するための拡張工事なのですが、結局のところ「JANコード」という日本で一番ポピュラーな商業流通のコード体系に統合された、と考えていただいて構いません。 書籍を検索される際など、今後なんだかんだで引っかかるケースがあるかもしれませんので、ご注意くださいませ。ちなみに、日本では一気に切り替えとなりましたが、米国では10桁と13桁を並行表記する期間を設けて流通の混乱を避ける、という措置が取られています。国によって、いろんな対応があるのですね。


Vista対応MCA Securityベータ試験予約開始

MCA Securityベータ試験の予約が昨日より開始となりました。お申し込みいただいた皆様はPrometric社からのメールをご参照の上、手続きをよろしくお願いします。担当の篠木は、新年開始より、ベータ試験用の数百問のレビューを行っています。問題に技術的な間違いや用語ミス、誤字脱字等がもし残っていたら全て私のせいです。集中力を落とさないように(という言い訳で)チョコを食べながら目をこらしてレビューを続けています。今回Vista対応の問題を増やしてまして、あらためてなんですが、やっぱりVistaは良いです。Security面でも。仕事がらDesktopマシンでは2003 Serverの環境を残していますが、使用している3台のノートPCは全てVistaに変えてしまいました。エアロが使えない若干古いマシンもあるのですが、メモリを1GBに増やしてReady Boostしながらなんとか快適に使っています。時々Vistaでお勧めのエディションを聞かれるのですが、やっぱりUltimateですよね。色々と調べているとマシンが作りたくなってくる誘惑にかられます。。が、新年早々、なんと財布を紛失してしまいました。カード停止とかでもう大変です。現金も戻ってこないので、、あのお金があればパーツが買えたのになどと思ってしまう今日このごろです。 MS Learning篠木


新年早々 Windows Vista/2007 Office system の書籍で机の上を埋め尽くしてみる

みなさま、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。マイクロソフトプレスの石塚です。 年明けの出社早々、私のデスクには何やらたくさんの梱包が。開いてみると、アメリカで発刊された Windows Vista と 2007 Office system に関する書籍の表紙や印刷サンプルの数々でした。年末年始の輸送事情で一定量がたまっていたらしく(とはいっても 2007 Office は主だったところだけでも 10 以上のプロダクトがあるので、当然書籍数も多くなるのですが)、新年早々なんとまあカラフルな机になりました。 PC で新しい環境をお使いになる場合、書籍を片手にお試しいただくのもまた定番。マイクロソフトプレスでも、1月下旬の発刊に向け最後の追い込み作業にかかっております。またあらためてドカーンとご案内差し上げますので、引き続きご注目いただけますと幸いです。 今年もよろしくお願いいたします。


その秘密、教えます。

マイクロソフト プレスの石塚です。みなさまこんにちは。  ともすると時間の感覚がおかしくなるくらいに進化のスピードが速いテクノロジの世界ですが、資料を見ていてちょっと驚きました。マイクロソフトのソフトウェア基盤の中核に位置する .NET Framework、その最初のリリース時、つまりバージョン 1.0 の頃って、Windows 98 や Windows NT 4.0 もしっかりカバーしていたのです。たとえばこの FAQ をご提供したのが 2001 年 7 月。もう 5 年以上前になります。普段その継続性や一貫性が話題になることはあまりありませんが、実は結構な歴史を積み重ねてきています。 時代は進み、Windows Server 2003 をお使いになられるお客様が非常に増え、Windows Vista の導入も本格的に検討をいただき始めているという現在にあって、マイクロソフト プレスからは『プログラミング Microsoft .NET Framework 第 2 版』が発売されています。 .NET Framework 3.0 の時代となり、たとえば Windows が Windows Presentation Foundation や Windows Communication Foundation などを介してメディアを超えていく様子を見たりすると、しみじみ「すごい時代になったもんだなあ」とつぶやかずにはいられない私ですが、この書籍、そうしたテクノロジの根幹を理解いただくには最良の友となります。  「どうして動くのか?」、その秘密を探りたい方は、ぜひ。