Azure WebJobs SDK の 1.1.0 RTM を発表

このポストは、12 月 7 日に投稿された Azure WebJobs SDK 1.1.0 RTM の翻訳です。 このたび、Azure WebJobs SDK の最新 RTM 版をリリースしました。多数の機能が追加されており、今回から SDK の新しい拡張モデルとしてカスタム トリガーやバインダーの作成が可能になり、ファイル イベントや定期スケジュールなどに基づいて関数をトリガーできるようになりました。また、関数を含む単一の WebJobs を Azure Queues、Blobs、Service Bus、Files、Timers、WebHooks – GitHub、Slack、Instagram、IFTTT などでトリガーすることもでき、WebJobs の開発や管理がシンプルになりました。また、アラート設定により、関数が正常に動作しなかった場合に通知を送信することも可能です。その他にも多くの新機能が追加され、皆様からのフィードバックに基づいてバグも修正されています。 今回のリリースに含まれる機能 今回のリリースでは、カスタム トリガーやバインダー作成のための新しい SDK 拡張モデルの関連機能が多数用意されているほか、既存の機能セットのコア強化が含まれています。リリースの主な内容は以下のとおりです。 カスタム トリガーやバインダー作成のための拡張モデル 初回のリリースでは Azure Queues、Azure Blobs、Service Bus のイベントに基づいた関数トリガーが中心でした。しかし、他にもファイル イベントやスケジュール、SQL Server のイベントなどに基づいた関数のトリガーも行いたいという声を多数いただき、今回の拡張モデルでは、新しいトリガーやバインダーを作成し、他のユーザーがアプリケーションで使用できるようにしました。 Redis.WebJob.Extensions (英語) は Jason Haley 氏 (英語) による開発プロジェクトで、Redis のイベントに基づいて関数をトリガーする機能です。 新しい拡張モデルに基づく拡張機能のオープン…


Azure Resource Manager で Azure Automation Runbook をサポート

このポストは、12 月 7 日に投稿された Announcing Azure Resource Manager support in Azure Automation runbooks の翻訳です。 新しい Azure Resource Manager の管理レイヤーを通じてさまざまな機能が Azure に導入されているのに伴い、Azure Automation で Azure Resource Manager のコマンドレットをすぐに使用できるようにしてほしいというご要望が高まってきました (英語)。コマンドレットを使用できれば、簡単に Azure の新機能を自動化できるためです。以前、手動でモジュールをインポート (英語) し、ユーザー自身でブロックを解除して Azure Automation で Azure Resource Manager を使えるようにする方法をご説明しましたが、あまり手軽なやり方ではありませんでした。そして今回ついに、Azure Automation で Azure Resource Manager のコマンドレットを使用できるようになりましたのでお知らせします。 ここでは具体的な例を使ってご説明しましょう。同一の Runbook から、従来の Azure 仮想マシンの操作を自動化する場合 (Azure Service Management を使用) と、新しい…


Azure Managed Cache Service と In-Role Cache の提供を 2016 年 11 月 30 日に終了

このポストは、12 月 3 日に投稿された Azure Managed Cache and In-Role Cache services to be retired on 11/30/2016 の翻訳です。 Azure In-Role Cache と Azure Managed Cache Service の提供を 2016 年 11 月 30 日をもって終了することになりました。このためお客様には Azure Redis Cache に移行していただくことをお勧めしています。 Azure Redis Cache は既に一般提供が開始されており、中国や米国政府機関を含むすべての Azure リージョンで使用可能な推奨キャッシュ ソリューションとなっています。このことから、今回、Managed Cache Service と In-Role Cache の提供を終了する運びとなりました。 現在 Managed Cache Service および In-Role…


Azure Redis Cache の Premium レベルの一般提供を開始

このポストは、12 月 3 日に投稿された Azure Redis Cache: General availability of Premium tier の翻訳です。 Azure Redis Cache の Premium レベルの一般提供が開始されることが発表されました。Premium レベルは、最大のスケーラビリティとエンタープライズ統合を実現するエンタープライズ向けのサービスです。 Premium レベルの提供については今年 10 月に発表されましたが、それ以降 Azure チームでは、お客様にアプリケーション構築とデプロイを開始いただくために、運用環境への対応に取り組んできました。 この記事では Premium レベルの概要についてご説明します。本日から Premium レベルの Cache 作成が可能になり、以下に紹介するすべての機能を使用できるようになりました。パブリック プレビューでは制限されていた Redis Cache のクラスター化と永続化についても利用できるようになっています。 Basic/Standard レベルよりも高いパフォーマンス Premium レベルの Cache は高速なプロセッサを搭載したハードウェアにデプロイされるため、Basic/Standard レベルと比較してパフォーマンスが高くなります。 Cache のサイズが同じ場合、Premium レベルの方が Standard レベルよりも高スループットです。たとえば、53 GB の Cache では Standard C6…


各言語に対応した Microsoft Azure Backup Server を発表

このポストは、12 月 2 日に投稿された Announcing Microsoft Azure Backup Server の翻訳です。 Microsoft Azure Backup Server は、Hyper-V、VMware、または物理サーバーで実行されている SQL、SharePoint、Exchange などの主要なマイクロソフトのサービスをクラウドやディスクにバックアップできるサービスで、Azure Backup の一部として提供され、無料でダウンロードできます。Microsoft Azure Backup Server は 2015 年 10 月 7 日にリリースされましたが、サポート言語が英語のみに限定されていました。今回のリリースでは、Azure でサポートされているすべての言語 (ドイツ語、スペイン語、フランス語、イタリア語、日本語、韓国語、ポルトガル語 (ブラジル)、ロシア語、簡体中国語 (中国)、繁体中国語 (台湾)) がサポートされます。 Microsoft Azure Backup Server の概要、ダウンロード手順、インストール手順について紹介しているビデオがありますので、以下をご覧ください。 1. Microsoft Azure Backup Server の概要  [View:https://sec.ch9.ms/ch9/819e/0a264156-d311-43cb-a669-a9c7ec5d819e/AzureBackupServer_mid.mp4:0:0]  2. Microsoft Azure Backup Server のダウンロード手順 [View:https://sec.ch9.ms/ch9/8b96/e47993f8-d81f-4ea7-a01a-187a4ee58b96/MABSDownload_mid.mp4:0:0] 3….


File Storage と Table Storage に対応した AzCopy 5.0 の一般提供開始を発表

このポストは、12 月 2 日に投稿された Announcing general availability of AzCopy 5.0 with File and Table Storage support の翻訳です。 このたび、File Storage と Table Storage に対応した AzCopy 5.0 の一般提供開始が発表されました。今回のリリースにより、AzCopy の全機能が公式にリリースされたことになります。 AzCopy 5.0 では下記の Azure Storage データの移動操作が可能です。 BLOB コンテナー/ブロック BLOB/ページ BLOB/追加 BLOB のアップロード/ダウンロード/コピー ファイル共有/ファイルのアップロード/ダウンロード/コピー テーブル エンティティのインポート/エクスポート 同時/再帰的/条件付きコピー ログ記録 中断された操作の再開 AzCopy の最新バージョンはこちらからダウンロードできます。また、詳しい使用方法については、AzCopy の使用開始に関するドキュメントを参照してください。 皆様からのフィードバックをお待ちしています。 Microsoft Azure Storage チーム


Azure Container Service プレビューの提供開始を発表

このポストは、12 月 2 日に投稿された Azure Container Service preview の翻訳です。 このたび、Azure Container Service (ACS) のプレビューの提供が開始されました。ACS とは、アプリケーション コンテナーのオーケストレーションを行う多数の「マスター」マシンと共に、コンテナーのホストとして機能する仮想マシンのクラスターを作成、管理するための Azure のコンピューティング リソース プロバイダーです。  ACS は広く利用されているオープン ソースのスケジュール設定ツールやオーケストレーション ツールの構成を最適化するもので、ユーザーはこれまでに習得したスキルを使用してコンテナー ベースのアプリケーションを Microsoft Azure にデプロイして管理することができます。9 月の記事でお伝えしたとおり、このプレビューはパートナーの Docker Inc. と Mesosphere との協力により開発されたもので、Docker や Apache Mesos、Mesosphere の Datacenter Operating System (DCOS) のオープン ソース コンポーネントを利用して、運用環境に対応したコンテナー サービスを提供します。マイクロソフトはオープン ソース コミュニティと協力して、アプリケーションの移植性を確保しながら、これらのワークロードを Azure で最適な形で実行できるように取り組んでいます。この取り組みは今後も継続され、さらにサービスの強化が進められる予定です。 プレビューの初期段階では、ご興味をお持ちのお客様からのお申し込み (英語) をお待ちしております。お申し込みいただいたお客様にはメールでご連絡差し上げます。なお、ご利用には Azure サブスクリプションが必要です。まだお持ちでない方は、こちらのページから無料試用版へのサインアップをお願いいたします。…


新しい Azure ポータルで提供される CDN の新機能を発表

このポストは、12 月 2 日に投稿された Announcing new CDN features and capabilities in the new Azure Portal の翻訳です。 このたび、Azure CDN をさらに強化する多数の強力な新機能がリリースされました。また、新しい Azure ポータルでも Azure CDN の提供が開始され、CDN Standard と CDN Premium という 2 種類の SKU からお選びいただくことができます。いずれの SKU でも CDN を有効化および管理するための新機能を使用できるほか、インド、オーストラリア、南米の新しい CDN POP にアクセス可能です。 CDN Premium の高度な新機能 Azure CDN Premium では、CDN Standard で提供される機能に加えてさらに高度な拡張機能を使用できます。その 1 つがルール エンジンで、コンテンツを配信するタイミングや条件を非常に細かく制御することができます。また、高度なリアルタイム分析モジュールでは、履歴データやリアルタイムのデータを使用して、どのようなユーザーがどのようにコンテンツを利用しているかを詳細に把握することができます。 ルール エンジンでは、1 つ以上のアクションが実行される前に満たす必要のある要求に関する条件を定義することができます。ルールのトリガーには、URL…


Azure セキュリティ センターのパブリック プレビューの提供を発表

このポストは、12 月 2 日に投稿された Azure Security Center now available の翻訳です。 マイクロソフトの CEO である Satya Nadella は、2 週間前の基調講演 (英語) の中で、モバイル ファースト、クラウド ファーストの世界における企業セキュリティのビジョンについて述べました。Nadella がとりわけ注目したのは、セキュリティに対する新たなアプローチの必要性です。アプローチの 1 つとしては、脅威に対してマイクロソフト独自の知見を活用するという方法があります。この講演では、マイクロソフトのさまざまなセキュリティ テクノロジをご紹介しましたが、その中の 1 つに、脅威の防止、検出、対応を支援する Azure セキュリティ センターがあります。 本日、Azure セキュリティ センターのパブリック プレビューの提供開始を発表しました。Azure セキュリティ センターはクラウド リソースのセキュリティを監視/管理するための優れたサービスで、今日の企業に包括的なセキュリティ プラットフォームを提供するマイクロソフトのビジョンの中でも重要なサービスです。Azure セキュリティ センターの主な機能は以下のとおりです。 Azure リソースのセキュリティ状態を把握 ポリシーによるセキュリティ構成の推奨と監視で、クラウドのセキュリティを制御 マイクロソフトとパートナーの統合セキュリティ ソリューションのデプロイを簡素化 (現時点では Barracuda、F5、Trend Micro の各社ソリューションに対応しており、近日中に Fortinet、Check Point、Cisco、Imperva、Incapsula、CloudFlare にも対応予定) 機械学習や行動プロファイリングなどの高度な分析機能や、マイクロソフトの世界中の膨大なインテリジェンス資産を使用して脅威が検出された場合に、アラートを生成 Azure セキュリティ…


Microsoft Azure DocumentDB: プレビュー版の SDK の提供終了

このポストは、12 月 1 日に投稿された Microsoft Azure DocumentDB: Retirement of Preview SDKs の翻訳です。 2015 年 4 月 8 日に Azure DocumentDB の一般提供を開始して以来、マイクロソフトでは複数のバージョンをリリースし、各バージョンでプロトコルの改良と新機能の追加を行ってまいりました。最新の SDK ではこれまで以上にパフォーマンスが強化され、DocumentDB 開発者向けの最も包括的な機能セットが提供されています。4 月のリリースに先立って、サポートが制限された Azure DocumentDB のパブリック プレビューが実施されました。このときのサービス バージョンと関連するクライアント SDK は、このパブリック プレビュー固有のものでした。 このたび、プレビュー版の REST API とクライアント SDK の提供を終了することになりました。この記事では、該当するバージョンが削除された後もご利用のアプリケーションが引き続き問題なく動作するようにするために、皆様に知っておいていただきたい情報をお伝えします。 背景: DocumentDB のバージョン管理 Azure DocumentDB にはサービスの REST API (機械翻訳) を使用してアクセスします。この API は、Azure DocumentDB のプレビュー版がリリースされた 2014 年…