SQL Server on Azure 用 Azure Backup のパブリック プレビュー

執筆者: Anurag Mehrotra (Program Manager II, Azure Backup) このポストは、2018 年 6 月 7 日に投稿された Azure Backup for SQL Server on Azure now in public preview の翻訳です。   先日、Corey Sanders が自身のブログ記事「現在と将来のインフラストラクチャのニーズを満たすうえで Azure が最適な理由」の中で、Azure Backup の新機能のプレビューについてご紹介しました。バックアップ機能が拡張され、Azure Virtual Machines で実行される SQL ワークロードのバックアップに対応できるようになったというものです。今回は、この企業向けバックアップ機能が他のパブリック クラウドにはない Azure 独自の画期的な機能である点について詳しくご説明したいと思います。この機能はインフラストラクチャ不要の従量課金制 (PAYG) サービス (英語) で、SQL ネイティブのバックアップと復元 API を使用して Azure IaaS VM 上の SQL Server…


Azure SQL データ同期の一般提供を開始

執筆者: Xiaochen Wu (Senior Program Manager, Azure SQL Database) このポストは、2018 年 6 月 18 日に投稿された Announcing the general availability of Azure SQL Data Sync の翻訳です。   このたび、Azure SQL データ同期の一般提供を開始したことを発表しました。この機能は Azure SQL Database と他の任意の SQL エンドポイントの間を単方向または双方向に接続するもので、ハイブリッド SQL デプロイメントが可能になるほか、Azure とオンプレミス アプリケーションの両方からローカル データにアクセスできるようになります。また、グローバルにデプロイされたデータ アプリケーションから各リージョンに存在するローカル コピーを使用可能で、すべてのリージョンで確実にデータを同期できます。これによりネットワーク レイテンシや接続障害の影響を受けなくなるため、アプリケーションの応答時間と信頼性が大幅に改善されます。 Azure SQL データ同期の新機能 一般提供開始に伴い、Azure SQL データ同期に次の新機能が追加されました。 構成エクスペリエンスが向上 – 構成ワークフローの信頼性が向上し、また、ユーザー エクスペリエンスがさらに直観的になりました。 データベース スキーマ更新の信頼性と速度を強化…


Security Center の Overview ダッシュボードを刷新

執筆者: Oren Parag (Senior Program Manager) このポストは、2018 年 6 月 19 日に投稿された Introducing the redesigned Security Center Overview dashboard の翻訳です。   このたび、Azure Security Center のダッシュボードが刷新されました。この刷新により、企業のセキュリティ ポスチャに影響を与える重要なメトリックを含むレポートを、複数のサブスクリプションをまたいで企業レベルで生成できるようになり、企業全体のセキュリティ ポスチャの改善に役立つ有用なインサイトを得られるようになりました。 また、この刷新に伴い、Security Center に次の 2 つのコンセプトが導入されました。 [Subscription Coverage]: このメトリックは、ユーザーが読み取り以上のアクセス許可を持つすべてのサブスクリプションにおける Security Center のステータスを表すもので、適切なセキュリティ制御が行われていないサブスクリプションを特定することができます。 注: AAD テナント下のすべてのサブスクリプションの状態を把握するためには、ルート管理グループで、閲覧者、セキュリティ閲覧者、セキュリティ管理者のいずれかのロールを設定する必要があります。Azure 管理グループと Security Center の統合の詳細については、ドキュメント「Security Center のセキュリティ ポリシーを Azure Policy に統合する」をご覧ください。   [Policy Compliance]: このメトリックは、リソースに割り当てられたセキュリティ…


Azure Blob Storage の不変ストレージのパブリック プレビュー

執筆者: Mitra Sinha (Principal PM, Azure Storage) このポストは、2018 年 6 月 19 日に投稿された Immutable storage for Azure Storage Blobs now in public preview の翻訳です。   SEC、CFTC、FINRA、IIROC、FCA などの規制に準拠する金融サービス機関では、業務に関するやり取りの記録を、消去や変更ができない Write-Once-Read-Many (WORM) の不変状態で一定期間保持する必要があります。不変ストレージは、金融機関に限らず、医療、保険、メディア、公安、法的機関などでも求められています。 このたび、こうしたご要望にお応えするために、すべての Azure パブリック リージョン向けに Azure Blob Storage 用不変ストレージのパブリック プレビューを開始しました。これによりユーザーは構成可能なポリシーを使用して、作成や読み込みは可能でありながら変更や削除ができない不変状態で Azure Blob Storage のデータを保持できるようになります。   一般的な使用方法 規制遵守: 不変ストレージは、金融機関が SEC 17a-4(f)、CFTC 1.31©-(d)、FINRA などに対応する際に利用することができます。規制要件への具体的な対応方法について、近日技術ホワイトペーパーを公開する予定です。コンプライアンス認定の詳細については、Azure トラスト センターをご確認ください。 ドキュメントを安全に保管: 不変ストレージのデータは、アカウント管理者を含むすべてのユーザーを対象に削除および変更が許可されないため、データをきわめて強固に保護することができます。…


Traffic Analytics の一般提供を開始

執筆者: Yajvendra Gupta (Senior Program Manager, Azure Networking) このポストは、2018 年 6 月 20 日に投稿された Traffic Analytics now generally available の翻訳です。   このたび、クラウド ネットワーク上のユーザーやアプリケーションのトラフィックを可視化する SaaS ソリューションである Traffic Analytics の一般提供を開始しました。 3 か月前にパブリック プレビューを開始して以降、仮想サブネット、VNet、Azure データセンター リージョン、VPN などで、テラバイト単位のネットワーク アクティビティのフロー ログを継続的に分析するために利用されてきました。その結果、お客様に次のことを支援する有益なインサイトを提供してきました。 ネットワークを監視し、シャドウ IT やコンプライアンスに違反したワークロードを完全に排除 ワークロードの配置を最適化し、エンド ユーザーのエクスペリエンスを改善 セキュリティ上の問題を検出し、アプリケーションやデータのセキュリティを強化 過剰なプロビジョニングや使用率が低いリソースを排除し、デプロイメントの規模を適正化してコストを削減 多数のサブスクリプション、複数の Azure リージョンにまたがるパブリック クラウド ネットワークの状況を可視化 今回の一般提供開始に伴い、問題検出の強化、ネットワークのセキュリティ強化と最適化、高速化が実施され、エクスペリエンスも以前より直観的になりました。 今回のリリースで強化された機能の一部は以下のとおりです。 Your environment 画面: Azure ネットワーク全体の状況が視覚的に示され、非アクティブなリージョン、仮想ネットワーク、サブネットを把握できます。たとえば、VM…


今後の当ブログにつきまして

今後の新しいポストは 【 Cloud and Server Product Japan Blog 】ブログにて行いますので、こちらを定期的に確認いただければ幸いです。 https://blogs.technet.microsoft.com/mssvrpmj   これまで【 IT プロフェッショナルのみなさまへ 】ブログにポストした内容に関しては、引き続きこちらの URL にて参照いただけます。 https://blogs.technet.microsoft.com/jpitpro   よろしくお願いいたします。