すべての Azure リージョンで Azure SQL Data Warehouse の一般提供を開始


執筆者: Ayo Olubeko (Program Manager, Azure SQL Data Warehouse)

このポストは、2018 3 27 日に投稿された Azure SQL Data Warehouse now generally available in all Azure regions worldwide の翻訳です。

 

このたび、新たに西日本、オーストラリア東部、インド西部の 3 つのリージョンで Azure SQL Data Warehouse の一般提供が開始されました。これにより Azure SQL Data Warehouse は主要クラウド データ ウェアハウス プロバイダーで最多となる世界 33 の全リージョンで一般提供されたことになります。この一般提供開始に伴い、SQL Data Warehouse のプロビジョニングでは、33 すべてのリージョンで 99.9% の可用性を保証する返金制度付きの SLA がサポートされます。

Capture

SQL Data Warehouse は安全で法規制に準拠した高パフォーマンスの SQL 分析プラットフォームです。データ全体を参照する SQL ベースのビューや、ペタバイト規模のフル マネージド型の高速なクラウド ソリューションを利用することができます。弾力性が高いため、数分程度でプロビジョニングし、数秒で最大 60 倍にまでスケーリングできます。また、地理冗長性を持つ標準の geo バックアップ機能により、リージョン全体でサービスが停止しても任意の Azure リージョンにデータ ウェアハウスを復元することが可能です。

Azure リージョンでは、低レイテンシ、高スループット、高冗長性のネットワークで接続された、物理的に分離された複数の可用性ゾーンを利用することができます。今後この高度な機能は、33 のすべてのリージョンで提供されます。

このクラウド ベースのデータ ウェアハウスの速度、拡張性、柔軟性、安全性をぜひ今すぐお試しください。SQL Data Warehouse の機能の詳細については、こちらのブログ記事をお読みください。

フィードバックのお願い

追加してほしい機能がありましたら、ぜひマイクロソフトまでお知らせください。

どんな機能を必要とされているか、フィードバック フォーラム (英語) への書き込みをお待ちしています。フィードバックや投票にご協力いただいた場合、ご希望の方には機能の最新情報やリリース情報をお知らせいたします。

ご質問は StackOverflow (英語) または MSDN フォーラム (英語) をご利用ください。

参照情報

SQL Data Warehouse については、以下をはじめとするさまざまな資料をご用意しています。ぜひご覧ください。

·         SQL Data Warehouse のベスト プラクティス

·         ビデオ ライブラリ

 

Comments (0)

Skip to main content