Azure Monitor のマルチディメンションのメトリック API の一般提供を開始


執筆者: Anirudh Cavale (Program Manager, Azure Monitor)

このポストは、2018 3 27 日に投稿された Azure MonitorGeneral availability of multi-dimensional metrics APIs の翻訳です。

 

昨年 9 月に、Azure の組み込み型プラットフォーム監視サービスである Azure Monitor のマルチディメンションのメトリックのパブリック プレビューを開始しました。そして本日、これに対応する API の一般提供を開始しました。これによりさまざまなディメンションから Azure メトリックにアクセスして詳細なインサイトを取得できるようになります。ディメンションとは名前と値の組み合わせで、メトリックをセグメント化する際に使用することであらゆる角度から情報を見ることができます。また、Azure Monitor でのメトリックの保持期間を 30 日間から 93 日間に延長します。データへのアクセス期間が長くなることで、データを効果的に比較できるようになります。

マルチディメンションのメトリックには以下の方法でアクセスできます。

·         REST API Metric Definitions API (英語) および Metrics API (英語)サンプルはこちら

·         Azure Portal のプレビュー。サンプルはこちら

·         Azure CLI (英語) コマンド。

·         .NET SDK (英語)サンプルはこちら (英語)

·         Java SDK (英語)サンプルはこちら (英語)

·         Grafana Azure Monitor Plugin (version 0.1.0) を更新し、これらの新しい API を活用できるようにしました。この Grafana のプラグインでもAzure US GovernmentAzure GermanyAzure 中国版クラウドがサポートされます!

数週間後には PowerShell でもマルチディメンションのメトリックをサポートする予定です。

上記のアクセス方法以外にも、先日一般提供を開始した次世代のメトリック アラート機能を使用して、マルチディメンションのメトリックに基づくアラートを作成することができます。

今回はさらに、以下の Azure サービスでメトリックを使用できるようになりました。

·         従来のクラウド サービス

·         Azure Key Vault

·         DNS ゾーン

·         HDInsight

·         Azure Container Instances (ACI)

·         Power BI 専用機能

Azure Monitor で使用可能なリソースやメトリックは、こちらのドキュメントにすべて掲載されています。メトリックのクエリ用 API の料金については、料金ページでご確認ください。

 

Comments (0)

Skip to main content