MySQL および PostgreSQL 用 Azure データベース サービスの一般提供


執筆者: Tobias Ternstrom (Principal Group Program Manager, Azure Data)

このポストは、2018 年 3 月 20 日に投稿された Announcing general availability of Azure database services for MySQL and PostgreSQL の翻訳です。

 

このたび、Azure Database for MySQL および Azure Database for PostgreSQL の一般提供を開始します。これに伴い、組み込みの高可用性、99.99% の可用性を保証する SLA、弾力的なパフォーマンス スケーリング能力、業界最高レベルのセキュリティ (英語)コンプライアンス (英語) を備えた MySQL および PostgreSQL を、Azure で多くの皆様にご利用いただけるようになります。

2017 年 5 月のプレビュー開始以来、Azure の MySQL および PostgreSQL では、数々の機能やサービスが改善されてきました。32 基の仮想コアまでコンピューティング能力をスケーリングできるようになり、新しい Memory Optimized サービス レベルが登場しました。また、柔軟なバックアップ ストレージ オプションにより、アプリケーション パフォーマンスに影響を与えることなくコンピューティング能力から独立してストレージをオンラインでスケーリングできるようになりました。ISO、SOC、HIPAA などの業界必須のコンプライアンスに加えて、2018 年 5 月 25 日から施行される一般データ保護規則 (GDPR) にも準拠しています。これは、世界 22 の地域で利用できる真のグローバル サービスと言えます。現在も積極的に提供地域を拡大しており、今後数か月以内に 40 を超えるすべての Azure リージョンで提供を開始する予定です。次のビデオでは、Sunil Kamath が解説する MySQL および PostgreSQL 用 Azure データベース サービスのメリットをご視聴いただけます。

「Azure Database for PostgreSQL は、まさに当社が期待していたとおりの製品です。柔軟なサービスで、より多くのアプリケーションをユーザーに配信することができます」

須貝達也氏 (日本ユニシス執行役員兼 CIO)

 

このようなサービスの構築に成功した大きな要因は、Azure チームとさまざまなオープン ソース コミュニティが協力して取り組んだことです。米国、中国、カナダ、ドイツ、セルビア、イスラエルなどの世界各地のマイクロソフトのチームが、グローバルなオープン ソース コミュニティの多くの人々と力を合わせて大きな成果を挙げたことを、心から嬉しく思います。これにより、オープン性を基本方針としてコミュニティと協力し、オンプレミスまたは Azure を問わずユーザーをサポートするというマイクロソフトの方向性が正しいことが証明されました。

11 月 15 日のブログ記事でご紹介したように、マイクロソフトはコミュニティと共に Azure サービスで提供するデータベース エンジンの改善を実施しています。さらにマイクロソフトは、MariaDB のオープン性を維持したり他のプロジェクトの成長を促したりするための基盤の必要性を考慮して、2017 年 11 月に MariaDB Foundation に参加しました。数か月以内に、MariaDB データベース サービスの提供を開始する予定です。限定プレビューへの参加申し込みはこちらで受け付けています (英語)。MySQL と PostgreSQL に加えて MariaDB 用のコミュニティ バージョンの Azure データベース サービスを提供することにより、Azure、アプリケーション開発中のノート PC、オンプレミス環境など、データベースを実行する場所を問わず一貫したカスタマー エクスペリエンスを提供できるようになります。

これらのサービスを支えるのが既存の Azure の技術です。MySQL および PostgreSQL サービスは、2010 年に構築された SQL Server ベースの Azure SQL Database のファブリックとインフラストラクチャによって管理されています。自動の脅威検出、データベース ワークロードのインサイト、自動パフォーマンス チューニングなどの重要な最新技術を備えた Azure SQL Database は、業界トップの完全に自動化されたデータベース サービスです。MySQL および PostgreSQL 向けの Azure データベース サービスは同じ基盤を使用して構築されており、類似性の高い優れたエクスペリエンスを提供します。

データベース サービスの改善や機能追加を継続していくために、マイクロソフトは今後も Azure および SQL Server の技術開発を進めてまいります。

最後にご紹介するのは、mysqldumppg_dump などの既存の Azure 移行ツールの代わりにすべての移行をシームレスに実施できる、Azure Database Migration Service (DMS) です。DMS を使用すると、移行中に移行元のデータベースの運用を完全に続けられるため、アプリケーションのダウンタイムを最小限に抑えることができます。今回、限定プレビューとして、Azure Database for MySQL への移行時の DMS サポートを開始いたします。Azure Database for PostgreSQL についても今後追加される予定です。MySQL 移行における DMS サポートの限定プレビューに参加をご希望の方は、こちらからお申し込み (英語) ください。

これらのデータベース サービスをご利用中の方に役立つリンクをご紹介します。

● Azure Database for MySQL

Ÿ● Azure Database for PostgreSQL

今回ご紹介したデータベース サービスは、以下のページから使用を開始することができます。

最新のデータベース サービスを皆様にご活用いただけますと幸いです。ぜひ PostgreSQL (英語) または MySQL (英語) の UserVoice にご意見をお寄せください。

 

Comments (0)

Skip to main content