Azure Container Service (AKS) でバーストに対応した B シリーズ VM のサポートを開始


執筆者: Saurya Das (Senior Program Manager , Azure Container Service (AKS))

このポストは、2018 年 2 月 26 日に投稿された B-series burstable VM support in AKS now available の 翻訳です。

 

Azure Container Service (AKS) で、バースト対応した B シリーズ VM を利用できるようになりました。

バースト対応の VM (B シリーズ) は、標準的で最適化された推奨モデルの VM (Standard_DS2_V2 など) に比べてコストを大幅に抑えることができます。特に、パフォーマンスの要件が一定でなく、急激に負荷が増加する開発/テスト環境などに適しています。さらに、CPU 使用率のバースト時のコストが最も低いため、開発/テスト環境の費用を大幅に抑えることができます。今回、B シリーズのメリットを AKS で活かせるようになったことで、Kubernetes AKS の学習、AKS での概念実証の構築、開発/テスト ワークロードの実行などのコストの大幅な削減が可能になります。

現在次の構成をご利用になれます。

SKU Type vCPU の数 メモリ (GB) データ ディスク数 最大 IOPS ローカル SSD
B1s Standard 1 1 2 800 2 GB
B1ms Standard 1 2 2 1,600 4 GB
B2s Standard 2 4 4 3,200 8 GB
B2ms Standard 2 8 4 4,800 16 GB
B4ms Standard 4 16 8 7,200 32 GB
B8ms Standard 8 32 16 10,800 64 GB

ノードのコストを比較すると、Standard_DS2_V2 は現在の B1/B2 SKU の 5 倍以上になります。VM の最新の料金をご確認ください。

利用を開始するには、Azure ポータルにログオンし、Container Service (マネージド) を検索してください。AKS のクラスター作成ワークフローの指示どおりに進むと、エージェント ノードの VM を構成するセクションで B シリーズ VM を選択することができます。バースト対応 VM の詳細については、こちらのドキュメントをご覧ください。

この機能についてのご意見は、下のコメント欄にお寄せください。

 

Comments (0)

Skip to main content