Virtual Machines のシリアル コンソール アクセスのパブリック プレビューを開始

執筆者: Corey Sanders (Corporate Vice President, Azure) このポストは、2018 年 3 月 26 日に投稿された Virtual Machine Serial Console access の翻訳です。   私が Azure の仮想マシン (VM) プラットフォームを担当してからずっと、お客様から開発してほしいと求められていた機能があります。本日この発表ができる喜びは言葉で表しきれません。このたびマイクロソフトは、Linux と Windows の両方の VM 向けのシリアル コンソール アクセスのパブリック プレビューを開始しました。 VM の管理や実行は簡単ではありません。マイクロソフトでは、パッチの管理、構成管理、エージェント ベースのスクリプト作成、自動化、SSH/RDP 接続、Ansible や Chef、Puppet などの DevOps ツールのサポートなど、VM の管理やセキュリティ確保に役立つ拡張ツールを提供しています。しかし、これらのツールでは、問題の診断や修正を行う場合に不十分なことがあるという声を多くいただいていました。たとえば、一部変更を加えたことで Linux で fstab エラーが発生し、修正したくても接続できなくなったり、bcdedit を変更したせいで Windows に不正な起動状態がプッシュされたりするなどです。今後はいずれの場合も、この新たなサービスを使用することでシリアル ベースで直接アクセスしてデバッグを行い、最小限の作業で問題を修正できるようになります。この機能は、オフィスや自宅の快適な環境から、データセンターのサーバーにキーボードを接続するような感覚で使用できます。 Virtual Machines のシリアル コンソールは、本日より世界中のすべてのリージョンで提供が開始されます。この機能を使用するには、Azure…


Azure の次世代アラート機能をリリース

執筆者: Kiran Madnani (Principal PM Manager, AIM India) このポストは、2018 年 3 月 21 日に投稿された The next generation of Azure Alerts has arrived の翻訳です。   このたびマイクロソフトは、Azure の次世代アラート機能の一般提供を開始しました。Azure の監視サービスでは、インフラストラクチャ、アプリケーション、Azure プラットフォームの全体にわたって、アラートを設定してメトリックを監視したり、スタック全体のログ データを記録することができます。次世代のアラート機能のリリースに伴い、新しい統合アラート エクスペリエンスと、他の Azure サービスから利用できる高速な新しいアラート プラットフォームが提供されます。このアラート機能は既に一部のお客様にプレビューとしてご利用いただいています。ここでは、いただいた多くのフィードバックから一部をご紹介します。 「新しい統合エクスペリエンスは、アラート管理機能が大幅に強化されています。当社では、PaaS リソースのメトリックやログ、Azure のアクティビティ イベント、Log Analytics の検索など、さまざまなリソース監視機能を標準のクライアント構成の一部としてデプロイし、お客様の環境を包括的にモニタリングしていますが、これらの監視機能やアラートがすべて 1 つのインターフェイスから管理できるようになり、標準化したアクション グループを全体に階層的に配置できるようになりました。その結果、お客様への対応に一貫性を持たせながらも、管理上の負担を大幅に削減できました。 また、パフォーマンスも向上したため、お客様の環境で重要な問題が発生した場合にも、すぐに対処することができます。ハートビート ログなどのメトリックがほぼリアルタイムで得られるのも大きなメリットとなっています。おかげで、サーバー停止時のアラートをかつてない速さで受け取れるため、環境の復旧にすばやく取り掛かかれるようになりました」 Dugan Sheehan 氏 (Rackspace、Fanatical Azure サポート担当プリンシパル製品アーキテクト) ここからは、より迅速になったアラート機能と統合エクスペリエンスについて詳しくご説明します。   迅速なアラート メトリック アラート:…


Azure Traffic Manager で世界規模のパフォーマンスを改善

執筆者: Dilip Lukose (Principal Program Manager, Azure Networking) このポストは、2018 年 3 月 19 日に投稿された Global performance acceleration with Azure Traffic Manager の翻訳です。   最高のユーザー エクスペリエンスを提供するためには、ユーザー トラフィックをしっかりと理解することが重要です。Azure Traffic Manager の新機能 Traffic View では、収集した豊富な情報をユーザー エクスペリエンスのヒートマップとしてわかりやすく視覚化することができます。これにより、世界規模でユーザーのトラフィック パターンを把握したり、特定地域をピンポイントで確認したりできるようになります。 Traffic View でパフォーマンスを改善 このたび、Traffic View の一般提供を開始します。昨年秋にパブリック プレビューを開始して以来、多くの皆様に積極的にご利用いただき、フィードバックをお寄せいただきました。Traffic View では、ユーザー ベースが存在する地域、その地域でのレイテンシ、トラフィック量などのさまざまなインサイトを取得して、さまざまな Azure リージョンでワークロード配置を最適化する際に役立てることができます。この機能は Azure ポータルで使用できるほか、生データをダウンロードして Power BI などのツールで独自に分析することもできます。 今回より、精度を高めるために、サブスクリプション レベルではなくプロファイル レベルで Traffic…


MySQL および PostgreSQL 用 Azure データベース サービスの一般提供

執筆者: Tobias Ternstrom (Principal Group Program Manager, Azure Data) このポストは、2018 年 3 月 20 日に投稿された Announcing general availability of Azure database services for MySQL and PostgreSQL の翻訳です。   このたび、Azure Database for MySQL および Azure Database for PostgreSQL の一般提供を開始します。これに伴い、組み込みの高可用性、99.99% の可用性を保証する SLA、弾力的なパフォーマンス スケーリング能力、業界最高レベルのセキュリティ (英語) とコンプライアンス (英語) を備えた MySQL および PostgreSQL を、Azure で多くの皆様にご利用いただけるようになります。 2017 年 5 月のプレビュー開始以来、Azure の…


バックアップと復元のパフォーマンス強化、大容量ディスクのバックアップのサポートを発表

執筆者: Trinadh Kotturu (Senior Program Manager, Azure Backup) このポストは、2018 年 3 月 13 日に投稿されたAnnouncing backup and restore performance improvements and support for large disk backup の翻訳です。   このたびマイクロソフトは、大容量ディスク搭載 VM のバックアップのサポート、およびバックアップと復元の所要時間を短縮するためのさまざまな機能強化を発表しました。これらの機能強化と大容量ディスクのサポートは新しい VM バックアップ スタックで提供され、Managed Disks と Unmanaged Disks の両方に適用されます。新しいスタックにアップグレードする際、現行のバックアップ ジョブへの影響はまったくなく、バックアップや復元のセットアップ方法も変わりません。 今回発表した機能強化の内容は次のとおりです。 大容量ディスクのサポート – Managed Disks と Unmanaged Disks の両方で、最大 4TB (4,095GB) のディスクを搭載した VM のバックアップに対応しました。 即時復旧ポイント –…


分離型の仮想マシン(VM) に新しいサイズを追加

執筆者: Joel Pelley (Senior VM Sizes and Hardware Program Manager) このポストは、2018 年3 月 12 日に投稿された New isolated VM sizes now availableの翻訳です。   このたびマイクロソフトは、E64i_v3 および E64is_v3 の 2 サイズの仮想マシン (VM) を新たに発表しました。これらの VM は、分離された形で単一のお客様専用のハードウェアに提供されます。このため、コンプライアンスおよび法規制遵守のために他のユーザーと高度に分離する必要のあるワークロードに最適です。また、Azure でサポートされている入れ子型 VM を使用して、リソースをさらに分割することもできます。 E64i_v3 と E64is_v3 のパフォーマンスと料金体系は、類似製品の E64_v3 と E64s_v3 と同一で、現在これらが提供されているリージョンで提供される予定です。名称に含まれる小文字の「i」は、この VM が分離型 (isolated) であることを示しています。 E64_v3 と E64s_v3 とは異なり、この新たな 2 サイズは特定のハードウェアにバインドされます。また、これらは Intel® Xeon®…


Azure SQL Database Managed Instance を使用してデータベースをフルマネージド サービスに移行

執筆者: Borko Novakovic (Senior Program Manager, Microsoft Database Systems Group) このポストは、2018 年 3 月 7 日に投稿された Migrate your databases to a fully managed service with Azure SQL Database Managed Instance の翻訳です。   このブログ記事は、CADD & AI チームのシニア プロダクト マーケティング マネージャーを務める Eric Hudson と共同で執筆しました。 このたび、Azure SQL Database Managed Instance のプレビューを開始します。これは、SQL Server ワークロードをフルマネージド型のデータベース サービスへ効率的に移行するための SQL Database の新しいデプロイ オプションです。SQL…


Storage Service Encryption with Customer Managed Keys の一般提供を開始

執筆者: Lavanya Kasarabada (Senior Program Manager, Azure Storage) このポストは、2018 年 3 月 7 日に投稿された Announcing Storage Service Encryption with customer managed keys general availability の翻訳です。   このたび、Azure Blob Storage および File Storage の Azure Key Vault と統合された Azure Storage Service Encryption with Customer Managed Keys の一般提供を開始しました。マイクロソフトが管理するキーを使用した Azure Blob Storage および Azure File Storage 用の Storage…


Just-in-Time VM Access の一般提供を開始

執筆者: Ben Kliger (Senior Product Manager, Azure Security Center) このポストは、2018 年3 月 7 日に投稿された Just-in-Time VM Access is generally available の翻訳です。   Azure Security Center は複数の脅威侵入防止メカニズムを備えており、これを利用することで、攻撃を受ける可能性のある領域を狭めることができます。そのメカニズムの 1 つが、Just-in-Time (JIT) VM Access です。このたびマイクロソフトは、Just-in-Time VM Access の一般提供を開始しました。この機能では、VM への永続的なアクセスを拒否し、必要なときにのみ許可することで、ネットワーク帯域幅消費型攻撃のリスクを低減できます。 VM で JIT アクセスを有効化すると、保護対象のポート、ポートを開放する制限時間、ポートへのアクセスを許可する IP アドレスをポリシーで定義できます。このポリシーでは、ユーザーからのアクセス要求があった場合にどれを許可するかを制御できます。要求は Azure のアクティビティ ログに記録されるため、アクセスの監視や監査も簡単にできます。また、このポリシーで、既存の仮想マシンのうち JIT が有効化されているものや JIT の適用が推奨されるものをすばやく特定できます。 この機能は、Security Center の Standard 料金レベルで提供されます。Security Center…


NCv3 VM シリーズの一般提供と GPU 対応リージョンの拡大を発表

執筆者: Corey Sanders (Corporate Vice President, Azure) このポストは、2018 年 3 月 6 日に投稿された NCv3 VMs generally available, other GPUs expanding regions の翻訳です。   NCv3 シリーズの Virtual Machines は、昨年 11 月のプレビュー発表 (英語) 時点で大きな反響を呼ぶことが予想されていました。なぜならこのシリーズは、NVIDIA の最新 GPU である Tesla V100 を搭載しているほか、マイクロソフトが誇る最高の HPC、機械学習、AI 機能を備えており、さまざまな業界でメリットが見込まれていたからです。プレビューをご利用いただいたお客様によると、従来の GPU では 1 ~ 2 時間かかっていた音声認識モデルのトレーニングが、わずか 20 分で完了しました。また、油層シミュレーションのパフォーマンスを 40 ~ 50% 効率化できたということです。 このようにお客様からご好評いただいている NCv3 シリーズについて、このたび米国東部で一般提供を開始しました。今月中には西ヨーロッパと米国中南部でも、また、4…