Azure ファイル共有のバックアップの概要

執筆者: Vishnu Charan TJ (Program Manager II, Azure Backup) このポストは、2018 年 2 月 21 日に投稿された Introducing backup for Azure file shares の翻訳です。   このたび、Azure ファイル共有のバックアップのパブリック プレビューを開始しました。Azure Files は、業界標準の SMB プロトコルをサポートするクラウド ファーストのファイル共有ソリューションです。今回のプレビュー期間中、Azure Backup は Azure ファイル共有のネイティブ バックアップ ソリューションとしてご利用いただけます。これは、企業への Azure Files の導入を促進するうえで大きな武器となります。Recovery Services コンテナーを使用して Azure Backup でファイル共有を保護すると、ファイルの安全性を簡単に確保し、過去のファイルを瞬時に復元することができます。 主な機能 保護されていないファイル共有を検出: Recovery Services コンテナーを使用して、保護されていないストレージ アカウントとそのファイル共有を検出します。 複数のファイルを同時にバックアップ: ストレージ アカウント内の複数のファイル共有を選択し、共通のポリシーを適用すると、大規模なバックアップを実行できます。 スケジュールを設定して自動化:…


Spring Security Azure AD: エンタープライズ クラスの認証と承認を追加

執筆者: Yitao Dong (Program Manager, Java on Azure) このポストは、2018 年 2 月 20 日に投稿された Spring Security Azure AD: Wire up enterprise grade authentication and authorization の翻訳です。   このたび、Azure Active Directory (Azure AD) と Spring Security が統合され、Java Web アプリケーションの保護に利用できるようになりました。わずか数行のコードを構成するだけで、Spring Boot プロジェクトにエンタープライズ クラスの認証と承認を追加できます。 Azure AD 用 Spring Boot Starter (英語) を使用すると、Java 開発者は Azure AD と OAuth 2.0…


Network Performance Monitor (NPM) で ExpressRoute 監視の一般提供を開始

執筆者: Abhave Sharma (Program Manager, Azure Infrastructure & Management) このポストは、2018 年 2 月 15 日に投稿された ExpressRoute monitoring with Network Performance Monitor (NPM) is now generally available の翻訳です。   このたび、Network Performance Monitor (NPM) での ExpressRoute 監視機能の一般提供を開始しました。数か月前にはパブリック プレビューを発表 (英語) し、皆様から貴重なフィードバックをお寄せいただきました。ExpressRoute の監視機能の品質向上は今も取り組みが続けられており、その成果は皆様に随時お届けしていく予定です。今回の記事では、ExpressRoute の監視機能をいくつかご紹介します。その前に、Network Performance Monitor の ExpressRoute 監視機能の簡単な紹介ビデオ (英語) をご覧ください。 ExpressRoute 経由の Azure VNET 接続の監視 NPM では、ExpressRoute で接続されているオンプレミスのリソース…


Azure Backup を使用した Linux VM のアプリケーション整合性バックアップの一般提供を開始

執筆者: Anurag Mehrotra (Program Manager II, Azure Backup) このポストは、2018 年 2 月 13 日に投稿された Application consistent backup for Linux VMs using Azure Backup is generally available の翻訳です。   このたび、Azure で実行されている Linux VM 向けのアプリケーション整合性バックアップの一般提供 (GA) が開始され、Azure Backup で利用できるようになりました。この機能は昨年プレビュー (英語) が開始され、既に Oracle、MySQL、Mongo DB、SAP HANA、PostGreSQL などのさまざまなアプリケーションで使用されています。 アプリケーション整合性バックアップの概要 アプリケーション整合性バックアップでは、バックアップ データのトランザクションの整合性が確保されると共に、VM の復元後にアプリケーションを起動することができます。トランザクションの整合性を確保するために、VM のスナップショットを取得するときにアプリケーションを停止して、未完了のトランザクションが存在しないようにする必要があります。 Windows にはボリューム シャドウ コピー サービス (VSS) というフレームワークがあり、アプリケーションの整合性を確保しながら…


Azure Hana ラージ インスタンスでの Hana システム レプリケーションのセットアップ

執筆者: Cameron (MSFT SAP Program Manager) このポストは、2018 年 2 月 10 日に投稿された Setting Up Hana System Replication on Azure Hana Large Instances の翻訳です。   今回は、先日 Cognizant SAP Cloud チーム (英語) が HANA ラージ インスタンスで構築したお客様の事例をご紹介します。HANA ラージ インスタンス (HLI) の構造上、異なる2つの Azure リージョンにある HLI 間の災害復旧機能として HANA システム レプリケーション (HSR) を使用できません。その理由は、別の Azure リージョン上の HLI 間のトランジット ルーティングをネットワーク アーキテクチャがサポートしていないためです。その代わりに、HLI では同じ地理的地域内のリージョン間でストレージ レプリケーションを実行することができます。詳しくはこちらの記事を参照してください。しかしながら、既存環境で災害復旧用にHANA…


Storage Explorer で Azure Data Lake Store をサポート – パブリック プレビュー

執筆者: Jenny Jiang (Principal Program Manager, Big Data Team) このポストは、2018 年 2 月 12 日に投稿された Microsoft Azure Data Lake Storage in Storage Explorer – public preview の翻訳です。   Azure Data Lake Store リソースを管理する高機能 GUI への多くのご要望にお応えして、このたび、パブリック プレビュー版として Azure Storage Explorer (ASE) で Azure Data Lake Store (ADLS) をサポートしました。これにより、ASE で ADLS リソースの自由な操作、フォルダーやファイルのアップロードとダウンロード、フォルダー間または ADLS アカウント間でのファイルのコピーと貼り付け、フォルダーやファイルに対する CRUD 操作などが可能になります。ASE には現在、フォルダーおよびファイルのドラッグ、アップロード、ダウンロード、移動などの従来のデスクトップ…


Azure Redis Cache で geo レプリケーションの一般提供を開始

執筆者: Ye Gu (Principal Program Manager, Azure Developer Experience) このポストは、2018 年 2 月 12 日に投稿された Azure Redis Cache geo-replication is now generally available の翻訳です。   このたび、Azure Redis Cache で geo レプリケーション機能の一般提供を開始します。Redis Cache は、一般的なオープン ソース Redis のインメモリ型キー/値ストアを基盤とした、Microsoft Azure が提供するサービスとしてのキャッシュです。geo レプリケーションに対応したことにより、開発者や IT プロフェッショナルの皆様に、ディザスター リカバリー プラン構築のための Azure サービスの 1 つとして Redis Cache をご利用いただけます。この機能では、万が一リージョン規模の障害が発生した場合でも、クラウドで実行するミッション クリティカルなアプリケーションの可用性を確保することが可能です。Azure Site Recovery 対応の Virtual…


Azure IoT SDK で新しい Long Term Support Branch をリリース

執筆者: Yi Zhong (Program Manager II) このポストは、2018 年 2 月 12 日に投稿された Azure IoT SDKs released new Long-Term Support branch の翻訳です。   Azure IoT SDK で、新しい Long Term Support (LTS) Branch がリリースされました。マイクロソフトは、SDK をオープンな GitHub リポジトリで開発し、その新バージョンを隔週でリリースすることで最新機能を皆様にお届けしています。また 2017 年 7 月からは、重大なバグの修正やセキュリティ更新プログラムのみを提供するブランチの提供もスタートしました。2018 年 1 月にリリースした最新の LTS バージョンでは、Azure IoT Hub および Azure IoT Hub Device Provisioning Service と連携するクライアントを開発することができます。 LTS…


Semi-Annual チャネルとして最初の System Center をリリース

執筆者: Bala Rajagopalan (Principal Group Program Manager, System Center) このポストは、2018 年 2 月 8 日に投稿された First System Center Semi-Annual Channel release now available の翻訳です。   このたび、System Center バージョン 1801 がリリースされました。このリリースではお客様からのフィードバックにお応えして、Linux の監視強化、VMware のバックアップの効率化、Windows Server のサポートの追加、ユーザー エクスペリエンスとパフォーマンスの向上をはじめとする多くの新機能や機能強化を提供します。 System Center バージョン 1801 は、今までより速いペースで新機能を提供する最初の Semi-Annual チャネル リリースです。Semi-Annual チャネル リリースには、18 か月のサポート ポリシーが適用されます。また、これと併せて、5 年間のメインストリーム サポートとその後 5 年間の延長サポートを提供するリリース頻度の低い Long Term Servicing チャネル…


SAP on Azure の更新まとめ – 2018 年 1 月

執筆者: Cameron – MSFT SAP Program Manager このポストは、2018 年 1 月 4 日に投稿された SAP on Azure: General Update – January 2018 の翻訳です。   SAP とマイクロソフトは、Azure クラウド プラットフォーム向けの新機能を継続的にリリースしています。今回の記事では、最近数か月にわたってリリースされた更新、不具合の修正、機能強化、推奨されるベスト プラクティスなどをまとめてお伝えします。 1. NetWeaver で M、Dv3、Ev3 シリーズ VM を認定 SAP は、NetWeaver AnyDB ワークロード用に新たに 3 種類の VM を認定し、サポートを開始しました。AnyDB は、SQL Server、Oracle、DB2、Sybase、MaxDB で実行されている NetWeaver アプリケーションをさします。 現在、この VM シリーズの一部では Hana への認定も進められています。 Dv3 シリーズは、CPU…