Accelerated Networking で VM のパフォーマンスを最大化 – Windows および Linux 向けの一般提供を開始


執筆者: Gabriel Silva (Senior Program Manager, R&D Azure Networking)

このポストは、2018 年 1 5 日に投稿された Maximize your VM’s Performance with Accelerated Networking – now generally available for both Windows and Linux の翻訳です。

 

このたび、Windows および最新版の Linux 向けに Accelerated Networking (AN) の一般提供 (GA) を開始いたします。これにより、最大 30 Gbps のネットワーク スループットを無料でご利用いただけるようになります。

Azure 内でプログラム可能な SR-IOV (英語) などのハードウェアやテクノロジにより、AN ではきわめて低いネットワーク レイテンシを維持することができます。CPU 内に存在する Azure のソフトウェア定義ネットワーク スタックのほとんどを FPGA ベースの SmartNIC に移行することで、エンド ユーザー アプリケーションによるコンピューティング サイクルの再生が可能になり、VM の負荷軽減、ジッターの低減、一貫性のあるレイテンシなどが実現します。

一般提供の開始に伴い、地域の制限が撤廃されたため、世界中のあらゆる地域でご利用いただけます。この機能は、D/DSv2、D/DSv3、E/ESv3、F/FS、FSv2、Ms/Mms の各 VM シリーズでサポートされます。

AN のデプロイ エクスペリエンスは、パブリック プレビュー期間中から改良が重ねられてきました。Ubuntu 16.04、Red Hat Enterprise Linux 7.4、CentOS 7.4 (Rogue Wave Software 提供)、SUSE Linux Enterprise Server 12 SP3 などの最新の Linux イメージは Azure Marketplace で公開されており、追加セットアップなしにすぐに使用を開始できます。また、Windows Server 2016 および Windows Server 2012R2 でもすぐに使用可能です。

AN 対応 VM のデプロイの詳細は、AN 対応の Windows VM (英語) および AN 対応の Linux VM (英語) のドキュメントをお読みください。

 

Comments (0)

Skip to main content