Azure Zone Redundant Storage のパブリック プレビュー

執筆者: Dinesh Murthy (Principal Program Manager, Azure Storage) このポストは、2018 年 1 月 24 日に投稿された Azure Zone Redundant Storage in public preview の翻訳です。   このたび、Azure Zone Redundant Storage (ZRS) のパブリック プレビューの提供が開始されました。ZRS では、高可用性アプリケーションの開発を大幅に簡素化するために、3 つの可用性ゾーンにそれぞれデータのレプリカを保管します。データの挿入や更新は、すべての可用性ゾーンで同時に実行されます。これにより、いずれかの可用性ゾーンでデータを利用または復旧できなくなった場合でも、引き続きデータの読み取り/書き込みを行うことができます。ZRS は Azure の可用性ゾーンを基盤として構築されており、単一リージョン内の複数のデータセンターによって障害を分離することで、障害からの回復性を提供します。 Zone Redundant Storage の使用は、リージョン内の可用性を確保することが不可欠で、ダウンタイムが許容されず、読み取りアクセスと書き込みアクセスの両方が常時必要となるアプリケーションにご検討ください。 今回の ZRS パブリック プレビューのリリースにより、お客様のストレージに関するニーズに対応する Azure の耐久性オプションがさらに強化されます。このオプションには、リージョン内の高可用性を確保する ZRS、単一リージョンの耐久性に優れたストレージを低コストで提供するローカル冗長ストレージ (LRS)、災害復旧シナリオに備えてリージョン間の冗長性を確保する geo 冗長ストレージ (GRS)、GRS に読み取りアクセスを追加した読み取りアクセス geo 冗長ストレージ (RA-GRS) が含まれます。…


Azure Site Recovery の包括的な監視機能の一般提供を開始

執筆者: Bharath Sivaraman (Senior Program Manager, Azure Site Recovery) このポストは、2018 年 1 月 24 日に投稿された Comprehensive monitoring for Azure Site Recovery now generally available の翻訳です。   Azure Site Recovery は、Azure をご利用の多くのお客様の事業継続戦略に欠かせない機能となっており、ミッションクリティカルな IT システムの保護やコンプライアンス維持、災害対策のために活用されています。 事業継続計画を運用し、その計画に沿って目標を確実に達成するのは簡単なことではありません。計画の有効性を確認するには定期的なテストを行うしかありませんが、それでも構成ドリフトやリソースの使用状況などの変化により、次回以降もシームレスに機能するという確証は得られません。 こうした重大事項の監視が難しいままではよくありません。Azure Site Recovery の包括的な監視機能を利用すれば、事業継続目標の達成状況を総合的に確認できるようになります。それだけでなく、リソースの使用状況を監視しベスト プラクティスに基づいて構成を提案するフェールオーバー準備モデルによって、その時点での自社の災害への対応準備状況を確認することもできます。 新機能は以下のとおりです。 コンテナーの概要ページの拡充: 新しいコンテナーの概要ページに追加されたダッシュボードに、事業継続目標の達成状況を把握するために必要なあらゆる情報が表示されるようになりました。現時点での事業継続計画の健全性を理解するために必要な情報に加えて、ベスト プラクティスに基づく推奨事項が提示されるほか、問題が発生した場合にトラブルシューティングを行うためのツールが組み込まれています。 レプリケーション正常性モデル: 幅広いレプリケーション パラメーターの評価に基づき、サーバーのレプリケーション正常性を継続的にリアルタイムに監視できます。 フェールオーバー準備モデル: 構成および災害復旧に関するベスト プラクティスの包括的なチェックリストに基づくフェールオーバー準備モデルと、リソースの使用状況の監視により、自社の災害への対応準備レベルを評価できます。 トラブルシューティング エクスペリエンスの簡素化: コンテナー ダッシュボードから開始し、直観的なナビゲーションを使用して個々のコンポーネントを詳細に把握できます。また、レプリケートされたマシンを確認できる新しいダッシュボードなど、複数のトラブルシューティング ツールが追加されました。 詳細な異常検出ツール:…


Azure Backup を VM 作成エクスペリエンスに統合

執筆者: Trinadh Kotturu (Senior Program Manager, Azure Backup) このポストは、2018 年 1 月 23 日に投稿された Announcing integration of Azure Backup into VM create experience の翻訳です。   このたび、ポータルの VM 作成エクスペリエンスから仮想マシンのバックアップを有効化できるようになりました。昨年には、VM 管理ブレードからの仮想マシンのバックアップもサポートされています。今回の発表により、VM 作成時からエンタープライズ レベルのバックアップ ソリューションを使用して VM を保護することが可能になります。Azure Backup では、Azure が提供するさまざまな種類の VM のバックアップがサポートされます。対象は Windows と Linux、マネージド ディスクと非マネージド ディスク上の VM、Premium Storage と Standard Storage、暗号化 VM と非暗号化 VM、これらの組み合わせなど多岐にわたります。   機能の概要 Azure…


Accelerated Networking で VM のパフォーマンスを最大化 – Windows および Linux 向けの一般提供を開始

執筆者: Gabriel Silva (Senior Program Manager, R&D Azure Networking) このポストは、2018 年 1 月 5 日に投稿された Maximize your VM’s Performance with Accelerated Networking – now generally available for both Windows and Linux の翻訳です。   このたび、Windows および最新版の Linux 向けに Accelerated Networking (AN) の一般提供 (GA) を開始いたします。これにより、最大 30 Gbps のネットワーク スループットを無料でご利用いただけるようになります。 Azure 内でプログラム可能な SR-IOV (英語) などのハードウェアやテクノロジにより、AN ではきわめて低いネットワーク レイテンシを維持することができます。CPU 内に存在する…