GDPR に基づく要求に対して Azure Portal で簡単に対応できるように

執筆者: Tom Keane (Head of Global Infrastructure, Microsoft Azure) このポストは、2018 年 4 月 16 日に投稿された Streamlining GDPR requests with the Azure portal の翻訳です。   今回の記事では、今後 Azure ポータルでの提供を予定している、データ主体の要求 (DSR) に対応するための機能についてお伝えします。データ主体の要求に対応することは、EU データ保護規則 (GDPR) に準拠するうえで中心的な課題となります。そのためのシンプルかつ強力なツールをテナント管理者向けに提供します。マイクロソフトは、2018 年 5 月 25 日の GDPR 施行に先行してこの DSR 対応機能を完全にサポートし、マイクロソフトのクラウド サービス全体で GDPR に準拠します。 GDPR の施行により、EU のプライバシー関連法はこの 20 年間で最も大きな転換点を迎えます。プライバシーの権利に関して新しい国際標準が定められ、個人データの取り扱いと使用について各種要件が適用されます。GDPR の基本理念は、企業 (データ管理者) により収集される個人データについて一連の権利を個人 (データ主体) に付与することです。 GDPR…


オフライン メディアの Azure へのインポートを支援する Offline Media Import プログラムを発表

執筆者: Dean Paron (Director, Azure Silicon Valley) このポストは、2018 年 4 月 10 日に投稿された Offline media import for Azure の翻訳です。   マイクロソフトには、多くのお客様から「オフラインのデータ ストアからクラウドにデータをアップロードしたい」というご要望が寄せられています。しかし、どのお客様も、テープを挿入したり、古いハード ディスクを接続したり、フィルムをどうすればデジタル化してアップロードできるか調べるような手間は省きたいと考えています。そこでこのたびマイクロソフトは、パートナーの協力のもと Microsoft Azure へのデータ アップロードを支援する Offline Media Import プログラムを発表しました。パートナーの協力を得ることで実現したこのプログラムをご利用いただくことで、お客様は、テープ、光学ドライブ、ハード ディスク、フィルムなどほぼあらゆるメディアからデータを Azure に簡単に移動することができます。 そもそも既存のストレージ メディアから Azure にデータを移動する必要があるのか疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし Azure では、アーカイブ用の低コストのストレージから高パフォーマンスの SSD ストレージまでストレージ オプションを幅広く提供しており、お客様にはストレージのサービス レベルを選択していただくだけで、それ以外のことはすべてマイクロソフトにお任せいただけます。データを Azure に移動するだけで、分析、変換、配信などの付加価値の高い新たなシナリオを実現できるようにもなります。ここからは、このプログラムの一般的なユース ケースをご紹介しましょう。 メディアとエンターテイメント エンターテイメント企業のお客様には、コンテンツ資産の環境を一新して Cognitive Services や Media Analytics などのさまざまクラウド…


すべての Azure リージョンでアプリケーション セキュリティ グループの一般提供を開始

執筆者: Mario Lopez (Program Manager) このポストは、2018 年 4 月 5 日に投稿された Application Security Groups now generally available in all Azure regions の翻訳です。   このたび、すべての Azure リージョンでアプリケーション セキュリティ グループ (ASG) の一般提供を開始します。これは、Azure 内の仮想ネットワーク セキュリティを限りなく小さくセグメント化できる機能です。 ネットワーク セキュリティのマイクロ セグメンテーション ASG では、IP アドレスを明示的に指定する代わりに、アプリケーションごとのワークロードに基づくネットワーク セキュリティ ポリシーを細かく定義します。また、モニカーで VM をグループ化して、ネットワーク内の信頼できるセグメントからのトラフィックのみを許可することで、アプリケーションを保護します。 セキュリティ トラフィックを細かく制御することで、ワークロードを分離して個別に保護します。これにより、セキュリティ侵害が発生した場合でも、攻撃がネットワーク内に拡大するのを防止できます。 セキュリティ定義を簡素化 ASG では、以下のような方法で簡単にアプリケーション パターンに基づいてトラフィックをフィルタリングします。 アーキテクチャに沿ったモニカー名を付けてアプリケーション グループを定義します。これは、アプリケーション、ワークロードの種類、システム、階層、環境、任意のロールに利用します。 ASG とネットワーク セキュリティ グループ (NSG)…


最も包括的な回復性戦略を可能にする Azure 可用性ゾーンの一般提供を開始

執筆者: Tom Keane (Head of Global Infrastructure, Microsoft Azure) このポストは、2018 年 3 月 30 日に投稿された Azure Availability Zones now available for the most comprehensive resiliency strategy の翻訳です。   マイクロソフトは先日の Ignite において、Azure で高負荷のミッション クリティカルなワークロードのサポートを拡張する Azure 可用性ゾーンを発表しました (英語)。そして本日、米国とヨーロッパの一部リージョンを対象に、この機能の一般提供を開始しました。 Azure は世界で最も広範囲をカバーする (英語) クラウド サービスですが、可用性ゾーンを使用することで、ラック レベルで発生した障害の緩和や大規模インシデント発生時に異なるリージョンへのフェールオーバーなど、業界最高レベルの包括的な回復性戦略を提供できるようになります。同一リージョンで、物理的に離れた場所にある電源、ネットワーク、冷却装置を使用するため、フォールト トレランスが向上します。 ミッション クリティカルなアプリケーションが次々にクラウドへ移行される中、規制の厳しい業界の企業は、システムの回復性とビジネス継続性を重要視しています。小売業のオンライン販売システムから金融サービスの顧客向けアプリケーションまで、顧客にサービスを提供する場合には大きなリスクが伴います。たとえ小さなトラブルでも、企業のブランド価値、顧客満足度、収益に大きな影響を与える可能性があります。このような環境においては、最高レベルの基準を満たす多層構造の回復性アプローチでアプリケーションを開発する必要があります。 「可用性ゾーンは、低レイテンシと高可用性というお客様のニーズに応えることができます。高レベルの SLA が求められるアプリケーションは、すべて可用性ゾーンを利用して構築しています。物理的に分離されているため、きわめて高い冗長性を得られます」 – Mitch Nelson 氏 (Adobe、マネージド サービス担当ディレクター)  …


すべての Azure リージョンで Azure SQL Data Warehouse の一般提供を開始

執筆者: Ayo Olubeko (Program Manager, Azure SQL Data Warehouse) このポストは、2018 年 3 月 27 日に投稿された Azure SQL Data Warehouse now generally available in all Azure regions worldwide の翻訳です。   このたび、新たに西日本、オーストラリア東部、インド西部の 3 つのリージョンで Azure SQL Data Warehouse の一般提供が開始されました。これにより Azure SQL Data Warehouse は主要クラウド データ ウェアハウス プロバイダーで最多となる世界 33 の全リージョンで一般提供されたことになります。この一般提供開始に伴い、SQL Data Warehouse のプロビジョニングでは、33 すべてのリージョンで 99.9% の可用性を保証する返金制度付きの SLA がサポートされます。…


Azure Monitor のマルチディメンションのメトリック API の一般提供を開始

執筆者: Anirudh Cavale (Program Manager, Azure Monitor) このポストは、2018 年 3 月 27 日に投稿された Azure Monitor–General availability of multi-dimensional metrics APIs の翻訳です。   昨年 9 月に、Azure の組み込み型プラットフォーム監視サービスである Azure Monitor のマルチディメンションのメトリックのパブリック プレビューを開始しました。そして本日、これに対応する API の一般提供を開始しました。これによりさまざまなディメンションから Azure メトリックにアクセスして詳細なインサイトを取得できるようになります。ディメンションとは名前と値の組み合わせで、メトリックをセグメント化する際に使用することであらゆる角度から情報を見ることができます。また、Azure Monitor でのメトリックの保持期間を 30 日間から 93 日間に延長します。データへのアクセス期間が長くなることで、データを効果的に比較できるようになります。 マルチディメンションのメトリックには以下の方法でアクセスできます。 ·         REST API の Metric Definitions API (英語) および Metrics API (英語)。サンプルはこちら。 ·         Azure…


新しい Azure Load Balancer はスケーリング能力が 10 倍

執筆者: Yousef Khalidi (CVP, Azure Networking) このポストは、2018 年 3 月 27 日に投稿された The new Azure Load Balancer – 10x scale increase の翻訳です。   Azure Load Balancer は、TCP と UDP の負荷分散を行う高スケーラビリティ、高スループット、低レイテンシのネットワーク ロード バランサーです。 このたび、Azure Load Balancer の新しい Standard SKU をリリースしました。スケーリング能力が 10 倍上がったこの SKU では、既存の Basic SKU よりも高度な診断をはじめとするさまざまな機能を使用できます。また、秒間数百万のフロー処理や、非常に高い負荷のスケーリングにも対応するよう設計されています。Standard および Basic の SKU は共通の API を使用しており、複数のオプションから必要なものをお選びいただけます。 新しい Standard…


Azure Files の共有スナップショットの一般提供を発表

執筆者: Rena Shah (Program Manager, Azure Storage) このポストは、2018 年 3 月 27 日に投稿された Announcing the general availability of Azure Files share snapshot の翻訳です。   Azure Files の共有スナップショットのパブリック プレビュー (英語) を開始してから、数ヶ月が経ちました。それ以来、多くのお客様にAzure のファイル共有でご利用いただいてきましたが、このたび、この Azure Files の共有スナップショットを世界中のすべての Azure リージョンで一般提供することになりました。これは、Azure Files のサーバー メッセージ ブロック (SMB) 共有の差分バックアップを取得する機能で、ストレージ管理者はスナップショットを直接使用することが可能なほか、バックアップ プロバイダーは Azure Files のバックアップと復元機能を製品に統合することができます。 主なメリット 差分のみで高速 – データの変更箇所のみがスナップショットに保存されます。共有元から使用できるデータは、スナップショットには複製されません。スナップショット作成後に変更がない場合は、スナップショット容量はゼロのままです。初回のスナップショットも同様で、データは一切複製されません。このため、スナップショットの容量やコストを抑えられ、スナップショットの作成にかかる時間も短くなります。共有のスナップショットは、一瞬で作成することができます。スナップショットは共有レベルで取得されますが、ファイルは個別に復元可能です。アイテム レベルでの復元により、復旧作業も高速で効率的です。 使い慣れたエクスペリエンス – Windows の「以前のバージョン」、Azure…


Azure Service Health の一般提供、アラートの構成が可能に

執筆者: Dushyant Gill (Principal Program Manager, Microsoft Azure) このポストは、2018 年 3 月 26 日に投稿された Announcing Azure Service Health general availability – configure your alerts today の翻訳です。   このたび、Azure Service Health の一般提供を開始します。これは、Azure サービスでユーザーに影響する問題が発生した場合に、パーソナライズされたダッシュボードに対処方法などを表示する機能です。一般的な情報を伝える共通の状態ページとは異なり、お客様のリソースに合わせてカスタマイズした情報を表示します。また、リソースの可用性に影響する計画的メンテナンスなどの準備にも役立ちます。簡単にアラートを構成して、リソースに影響するサービス正常性イベントを関連するチームに通知することができます。 Azure Service Health は、2017 年 7 月のプレビュー開始以来、お客様からのフィードバックに基づき、アラート統合などのサービス改良を進めてきました。まだご利用でないお客様は、Service Health のアラートをセットアップしてお試しください。 次のビデオでは、Azure Service Health の使用例を簡単に紹介しています。 Azure Service Health のダッシュボードでは、以下のような情報を確認できます。 サービスに関する問題 – リソースに影響する Azure サービスの問題。いつ、どのサービス、どのリージョンで問題が発生したか、どのリソースが影響を受けているかを迅速に把握することができます。問題の参照リンクを担当チームと共有したり、ポータルにアクセスできないユーザーのためにサマリーを PDF…


Cost Management API で新たにタグをサポート

執筆者: Vinod Kurpad (Principal Program Manager, Azure Intelligence Platform) このポストは、2018 年 3 月 26 日に投稿された Support for tags in cost management APIs is now available の翻訳です。   Cloud Cost Management (CCM) のさまざまな API を使用すると、Azure の使用状況と料金に関する詳細なレポートを得ることができます。Azure で普及しているタグと API との関連付けの一環として、このたび Usage Details API と Budgets API の両方でタグをサポートすることになりました。将来的には、すべての API でタグ単位でのグループ化やフィルタリングが可能になります。今回のリリースでは Enterprise Agreements (EA) サブスクリプションのタグのみが対象となりますが、今後、他の種類のサブスクリプションにも適用していく予定です。 Usage Details API のタグ…