AMD EPYC™ プロセッサ搭載の Lv2 シリーズ VM を発表


執筆者: Corey Sanders (Director of Compute, Azure)

このポストは、12 月 5 日に投稿された Announcing the Lv2-Series VMs powered by the AMD EPYC™ processor の翻訳です。

 

お客様があらゆるワークロードにおいて業界最高クラスのパフォーマンスを実現するには、さまざまなサイズの仮想マシンと最新のハードウェアを用意することが不可欠です。このたびマイクロソフトは、AMD EPYCTM プロセッサを搭載した、ストレージが最適化された次世代 L シリーズ VM をリリースいたしました。

嬉しいことに、Azure コンピューティング ファミリに新たに AMD が加わったことになります。ストレージが最適化された AMD EPYC™ プロセッサ搭載の Lv2 シリーズは、マイクロソフトと AMD が緊密に協力して開発を進めてきた成果です。この Lv2 シリーズは、MongoDB、Cassandra、Cloudera など、ストレージ使用量が多く、高いレベルの I/O 性能が求められる、要件の厳しいワークロードを使用するお客様に対応した設計となっています。

Lv2 シリーズ VM は AMD EPYC™7551 を搭載し、ベース クロック周波数は 2.2 GHz、シングル コアでのターボ ブースト時の最大クロック周波数は 3.0 GHz です。また、このシリーズ最大サイズの VM は、64 コアの vCPU、15 TB のローカル リソース ディスクを備えています。

Lv2 VM のプレビューに参加して新しいサイズの VM をお試しになりたいお客様は、こちらのフォーム (英語) からお申し込みください。

サイズ vCPU メモリ (GiB) ローカル SSD (GiB)
L8s 8 64 1 x 1.9 TB
L16s 16 128 2 x 1.9 TB
L32s 32 256 4 x 1.9 TB
L64s 64 512 8 x 1.9 TB

次回の記事もお楽しみに。

Corey Sanders

 

Comments (0)

Skip to main content