SAP OS/DB の SQL Server へのマイグレーションに関する FAQ v6.2 (2017 年 4 月)


執筆者: Cameron (MSFT SAP Program Manager)

このポストは、2017 年 5 8 日に投稿された SAP OS/DB Migration to SQL Server–FAQ v6.2 April 2017 の翻訳です。

 

この記事で紹介している FAQ ドキュメントには、UNIX/Oracle および DB2 からWindows + SQL Server に移行した過去数年間の多くのお客様からの情報を集約した知見を記載しています。

このドキュメントには、推奨事項、ツール、ヒント、一般的なエラーを多数掲載しています。Windows + SQL Server への OS/DB マイグレーションを実施する前にお読みいただくことをお勧めします。

OS/DB マイグレーションに関する FAQ の最新版には、以下の内容が追加されています。

  1. AIX/DB2 から Azure 上の Windows / SQL Server への移行事例の増加に伴い、DB2 用 R3load サーバーの作成に関するセクションを追加しました。
  2. 列ストア、Flat Cube および FEMS プッシュダウン を活用して BW システムをSQL Server 上にマイグレーションすることは引き続き好評であり、大規模顧客における SAP BW Accelarator の SQL Server 列ストアへのリプレース事例も出てきています。
  3. SMIGR_CREATE_DDL において、推奨オプションのAll Column-Storeを選択している場合、Post Migration レポート RS_BW_POSTMIGRATION により、F ファクト テーブルと E ファクト テーブルが自動的に列ストアに変換されます。
  4. ほぼすべての SAP アプリケーションについて、Oracle 12c 以外の主要な DB プラットフォームで、 Windows 2016 が一般利用可能となりました。
  5. Windows 2012 (非R2) や SQL 2012 などの旧バージョンのオペレーティング システムやデータベースが新しいプロジェクトでの利用が非推奨となりました。
  6. インポート後の処理ステップにおける sp_updatestats 実行の確認を追加しました。

7.    カーネルに関する推奨事項、既知のバグ、Azure 特有の移行関連情報を多数掲載しました。

最近の事例では、アジアの大手航空会社が AIX/DB2 から Azure Windows 2016 / SQL Server 2016 に移行しました。移行作業は 2 回の週末を利用して 2 段階で実施され、100% 正常に完了しています。D シリーズ VM と Premium Storage を採用し、パフォーマンスが大きく改善しました。

オーストラリアの大手エネルギー企業は、HPUX/Oracle から Azure 上の Windows 2012 R2 / SQL 2016 に移行しました。この事例については、ブログ記事「オーストラリアの大手エネルギー企業が SAP アプリの刷新と Azure 移行を実現 (英語)」を参照してください。

OS/DB マイグレーションに関する FAQ の最新版 (oracle-to-sql-migration-faq-v6-2) は、こちらからダウンロードできます (英語)

 

Comments (0)

Skip to main content