新しい Azure IoT Suite の事前構成済み Remote Monitoring ソリューションの利用を始める


執筆者: Cory Newton-Smith (Principal Program Manager, Azure IoT)

このポストは、11 月 2 日に投稿された Getting started with the new Azure IoT Suite Remote Monitoring preconfigured solution の翻訳です。

 

以前の記事 (英語) で、次世代の Azure IoT Suite の事前構成済みソリューションの開発が進められていることをお伝えしましたが、このたび、最新バージョンの Remote Monitoring ソリューションが AzureIoTSuite.com開発用 CLI (英語) からデプロイできるようになりました。今回のリリースはメジャー アップデートとなっており、新たに多数のシナリオに対応し、多くの新機能が追加されています。この記事では、利用を開始するにあたってのアドバイスをご紹介します。

PCSScreenShot

ソリューションのコードを参照する

以下の両方のバージョンがオープン ソースとして公開されており、全面的なカスタマイズをすぐに開始することができます。お好きな方を選んでお使いください。

ソリューションの機能の詳細

docs.microsoft.com と GitHub の両方のドキュメントが大きく更新されています。新しいドキュメントは以下からご覧になれます。

このほか、Ignite のセッション「信頼性の高い IoT ソリューションをクラウドで迅速に構築する (英語)」のプレゼンテーションもご覧ください。この資料では、Remote Monitoring ソリューションの更新内容の詳細と、この機能をカスタム IoT ソリューションで簡単に活用する方法を紹介しています。

開催予定のトレーニングに登録する

新しい Remote Monitoring の Web セミナーの開催が 2 つ予定されています。どなたでもご参加いただけますので、ぜひ以下のリンクをチェックし、サインアップをお願いします。

ご意見やご質問をお寄せください

  • マイクロソフトでは皆様からのご意見をお待ちしています。機能のご提案や今後のサポート シナリオのご要望は、UserVoice (英語) までお寄せください。他のお客様のご提案の閲覧、アイデアへの投票、お客様ご自身のご要望の投稿などにご利用ください。
  • このソリューションで問題が発生した場合は、GitHub リポジトリ (.NET 版 (英語) および Java 版 (英語)) で Issue を作成してください。
  • 特によく寄せられる質問とその回答は、FAQ でご確認ください。

ソリューションをお試しください

使用を開始する場合は、Remote Monitoring ソリューションの最新バージョンを AzureIoTSuite.com からデプロイするか、または新しいインタラクティブなデモで実際にソリューションを動作させてご確認ください。

皆様からのフィードバックをお待ちしています。

 

Comments (0)

Skip to main content