Azure Migrate を発表


執筆者: Shon Shah (Principal Program Manager Lead, Azure Migrate)
このポストは、9 月 25 日に投稿された Announcing Azure Migrate の翻訳です。

 

皆様はもう、組織のデジタル トランスフォーメーションの最初の一歩となるクラウド戦略を策定中ですか? あるいは、基礎的なワークロードの一部を既に移行し終えていて、次の段階の準備を進めているところでしょうか? また、インフラストラクチャの重要な部分の移行を始めたいと考えながらも、その方法が難しいと感じていらっしゃるのではないでしょうか?
クラウドへの移行は、必ずしも難しくはありません。しかし多くの企業が苦労しているのは、スタート地点です。環境の透明性を確保し、アプリケーション、ワークロード、データ間の緊密な相互依存関係を確保することが難しいと感じているのです。透明性が確保されなければ、その後の計画を立てることが難しくなります。移行を成功させるために必要な要素が明確にならないままでは、正しい議論を行うことはできません。潜在的なコスト削減効果を把握できない。ワークロードをただクラウドに移行するだけでよいのかわからない。大幅な再作業を伴うのかわからない。これでは多くの組織が移行に躊躇するのは当然です。

 

マイクロソフトは本日、Azure への移行を支援するガイド、情報、メカニズムを提供する新たなサービスとして、Azure Migrate (英語) を発表しました。

Blog1Blur

Blog2.2Blur

Azure Migrate では、アプライアンスを使用して以下のような機能を提供します。

• オンプレミスの仮想マシンの検出と評価
• 多層アプリケーションの検出の信頼性を向上させる組み込みの依存関係マッピング
• Azure Virtual Machines のインテリジェントなサイズ選択
• 互換性レポート (潜在的な問題を修正するためのガイドを含む)
• データベースの検出と移行を目的とした Azure Database Management Service との統合

Azure Migrate を使用すると、ワークロードの移行がビジネスに与える影響を最小限に抑えながら、ワークロードを期待どおりに Azure で実行することができます。また、適切なツールとガイドが提供されるため、投資を最大限に回収しながらパフォーマンスと信頼性に関する重要なニーズに確実に対応できます。
Azure Migrate の詳細情報と限定プレビューへのサインアップにご興味のある方は https://aka.ms/azuremigrate (英語) にアクセスしてください。限定プレビューでは VMware ベースの環境の検出とコスト分析が可能で、推奨構成も提供されます。また、今後数か月以内に Hyper-V 環境の検出とレプリケーションによるサーバー移行のサポートも追加される予定です。
移行に関する詳細な資料、ツール、サービスについては、新しく開設された Azure Migration Center (英語) にアクセスしてください。

 

Comments (0)

Skip to main content