Terraform の Azure へのサポート投資を拡大


執筆者: Corey Sanders (Director of Compute)

このポストは、8 月 17 日に投稿された Investing deeply in Terraform on Azure の翻訳です。

 

Azure にデプロイするアプリの数が増えるにつれて、Azure の DevOps ツールに興味を持つお客様が増えてきました。また、ハイブリッド デプロイメントやマルチクラウド デプロイメントなど複数の環境にアプリをデプロイする際に、同じツールを使用することで DevOps エクスペリエンスを統一したいという声も寄せられるようになりました。マイクロソフトではこうしたニーズにお応えするために、DevOps とクラウド インフラストラクチャ管理の分野で有名な HashiCorp との連携を強化し、Terraform への投資を大幅に拡大 (英語) することにしました。

マイクロソフトと HashiCorp の提携は 2016 年前半から始まり、HashiCorp のポートフォリオに含まれる Packer や Terraform などの多数のツールで Azure Resource Manager を完全にサポートする計画を共同発表 (英語) しました。それ以来、HashiCorp 製品での Azure サポートはお客様にたいへんご好評いただいています。

今回このパートナーシップを強化し、Azure Container InstancesAzure Container ServiceManaged Disks (英語)Virtual Machine Scale Sets など、Terraform で直接サポートされるサービスをさらに拡充します。そうすることで、「Infrastructure as Code」に柔軟に対応できるようになり、より多くのネイティブな Microsoft Azure サービスを簡単に Terraform から直接デプロイできるようになります。詳細については、Terraform 用 Azure Provider (英語) を参照してください。

 

 

 

 

マイクロソフトでは、複雑で多様なこの分野のサポートをリードする HashiCorp とのパートナーシップを光栄に思っています。同社のポートフォリオには、DevOps を採用しているお客様を支援する製品が充実しており、Azure や複数の環境にまたがるインフラストラクチャの管理の自動化をサポートしています。

ご利用を検討中のお客様は、ぜひ今すぐ Azure で Terraform をお試しください。このプロジェクトはオープン ソースとして進められていますので、今後もサポートの拡張などの最新情報にご注目ください。

 

次回の記事もお楽しみに。

Corey Sanders

Comments (0)

Skip to main content