最大サイズの Azure ディスクのプレビューを発表


執筆者: Yuemin Lu (Program Manager, Azure Storage)

このポストは、5 月 30 日に投稿された Announcing the preview of Azure’s Largest Disk sizes の翻訳です。

 

マイクロソフトは先日の Build カンファレンスで、Azure に最大 4 TB の容量を持つ新しいディスク サイズを追加することを発表しました。この新しいディスク サイズは、最大 250 MBps のストレージ スループット、7,500 IOPS の入出力に対応しています。この発表の詳細については、Build セッションのビデオ (英語) をご確認ください。

今回追加された新しいディスク サイズは、Managed/Unmanaged Premium Disks の P40 (2 TB) と P50 (4 TB)、および Standard Managed Disks の S40 (2 TB) と S50 (4 TB) の 2 種類です。Standard Unmanaged Disks については、最大で 4,095 GB のディスクを作成できます。これらのサイズは、現時点では米国中西部リージョンで ARM から Azure Powershell や CLI を使用する場合にのみ利用できます。提供範囲は今後数か月かけて徐々に拡大され、世界各地の多くのリージョンで Azure ポータルから利用できるようになる予定です。これに併せて Azure ツールも刷新され、1 TB を超える容量の VHD をアップロードできるようになります。

新しいディスク サイズの詳細

この新しいディスク サイズの詳細を以下の表にまとめています。

  P40 P50 S40 S50
ディスク サイズ 2,048 GB 4,095 GB 2,048 GB 4,095 GB
ディスクの入出力速度 7,500 IOPS 7,500 IOPS 最大 500 IOPS 最大 500 IOPS
ディスクの帯域幅 250 MBps 250 MBps 最大 60 MBps 最大 60 MBps

 

Comments (0)

Skip to main content