Azure Data Lake Store で HDInsight HBase のパブリック プレビューを発表


執筆者: Stephen Wu (Senior Program Manager, Big Data)

このポストは、5 月 18 日に投稿された Announcing Public Preview of HDInsight HBase on Azure Data Lake Store の翻訳です。

 

昨年 11 月 21 日、マイクロソフトは Azure Data Lake Store の一般提供開始を発表しました (英語)。Azure Data Lake Store はビッグ データ分析用ハイパースケール クラウド ストレージで、オープンな Hadoop ファイル システム (HDFS) の規格に準拠しています。Azure Data Lake Store では、SSL や格納時に既定で暗号化するなどといったエンタープライズ クラスのセキュリティ機能が提供され、ロール ベースのアクセス制御が可能です。

そして本日、Azure Data Lake Store HDInsight HBase のパブリック プレビューが発表されました。この機能により、列指向 NoSQL 分散型データベースの機能を、高パフォーマンスで無制限にスケーリング可能な Azure Data Lake Store で使用できるようになります。Azure Data Lake Store には容量制限がないため、ストレージ システムの制限はまったく気にする必要がありません。また、1 つのストレージ アカウントですべてのデータの格納と分析を行うことができます。

Azure Data Lake Store での HDInsight HBase の主な使用例を紹介します。

  • モノのインターネット (Internet of Things) – HBase には、センサーやデバイス、装置、機器、ソーシャル メディアなどから送信される膨大な数のリアルタイム イベントを格納できます。その後 HDInsight の Hadoop を使用して、Azure Data Lake Store に格納されたデータを一括分析できます。
  • Web のログ – HBase を使用して、Web のログとクリックストリーム データの格納やインデックス化を行うことができます。その後、そのデータを HDInsight の Hadoop を使用して一括分析できます。
  • ソーシャル センチメント – HBase を使用して、Twitter などのソーシャル メディア上で交わされる大量のセンチメント データを書き込み、格納することができます。

詳細については、以下のドキュメントや入門ガイドをご確認ください。

Azure Data Lake Store

HDInsight HBase

Comments (0)

Skip to main content