Microsoft Cognitive Services – Face API、Computer Vision API、Content Moderator の一般提供を開始


執筆者: Microsoft Azure

このポストは、4 月 19 日に投稿された Microsoft Cognitive Services – General availability for Face API, Computer Vision API and Content Moderator の翻訳です。

 

今回は、Cognitive Services チームによる記事をご紹介します。

Microsoft Cognitive Services は、自然言語によるコミュニケーションを通じて周囲の状況を見聞きし、理解し、解釈できる機能を持つ次世代アプリケーションを作成するための開発者向けサービスです。これを使用することで、インテリジェントな機能をより簡単にプラットフォームに追加できるようになります。

マイクロソフトは、本日開催するオンライン イベント Microsoft Data Amp (英語) で、Microsoft Cognitive Services Face APIComputer Vision APIContent Moderator API の一般提供を開始することを発表しました。

  • Face API: 人間の顔を検出したり、似た顔を比較したり、視覚的な類似性に基づいて人をグループ化したり、以前にタグ付けした人を識別したり、人の感情を判断したりすることができます。
  • Computer Vision API: 画像の内容を理解するために利用できます。たとえば、画像に含まれる有名人やその動作を識別するタグを作成し、その内容を説明するわかりやすい文章を記述できます。また、画像内のランドマークや手書き文字を検出することもできます。手書き文字の検出は引き続きプレビューとなります。
  • Content Moderator: テキストや画像のモデレートをコンピューターが支援し、手動によるレビュー ツールを補助します。ビデオ モデレートは、Azure Media Services の一部としてプレビュー版を使用できます。

以降では、これらの API でどのようなことができるかを説明します。

Anna が Cognitive Services の最新情報を説明

アプリに視覚機能を追加

Face API ではこれまで、年齢、性別、顔の位置、姿勢を取得することができました。今回のリリースではそれに加え、同じ Face API 呼び出しで感情も取得できるようになりました。これは、年齢と感情が同時に必要となるような場合に便利です。詳細については、Face API のドキュメント (英語) を参照してください。

ランドマークの認識

Computer Vision API にランドマークを認識する機能が追加されました。ドメイン独自モデル (英語) として、ランドマーク モデルや有名人認識モデルなどを使用できます。このランドマーク認識モデルでは、世界中の 9,000 種類の自然物や人工物のランドマークを認識できます。Computer Vision API のドメイン独自モデルによって継続的に機能が進化しています。

下の写真は私が旅行中に撮影したものです。この写真をアプリに認識させてみましょう。

Landmark image

この場所がわかる人はいるかもしれませんが、コンピューターの場合、どうやって認識するのでしょう?

C# では、以下のシンプルな REST API 呼び出しでこれらの機能を使用できます。なお、他の言語を使用する場合は、この記事の末尾のリンクからご確認ください。

using System;
using System.IO;
using System.Net.Http;
using System.Net.Http.Headers;

namespace CSHttpClientSample
{
static class Program
{
static void Main()
{
Console.Write("Enter image file path: ");
string imageFilePath = Console.ReadLine();

MakeAnalysisRequest(imageFilePath);

Console.WriteLine("\n\nHit ENTER to exit...\n");
Console.ReadLine();
}

static byte[] GetImageAsByteArray(string imageFilePath)
{
FileStream fileStream = new FileStream(imageFilePath, FileMode.Open, FileAccess.Read);
BinaryReader binaryReader = new BinaryReader(fileStream);
return binaryReader.ReadBytes((int)fileStream.Length);
}

static async void MakeAnalysisRequest(string imageFilePath)
{
var client = new HttpClient();

// 要求ヘッダー。2 つ目のパラメーターを有効なサブスクリプション キーに変更してください。
client.DefaultRequestHeaders.Add("Ocp-Apim-Subscription-Key", "putyourkeyhere");

// 要求パラメーター。requestParameters の "landmarks" を "celebrities" に変更し、URI を変更すると、有名人認識モデルを使用できます。
string requestParameters = "model=landmarks";
string uri = "https://westus.api.cognitive.microsoft.com/vision/v1.0/models/landmarks/analyze?" + requestParameters;
Console.WriteLine(uri);

HttpResponseMessage response;

// 要求本文。ローカルに保存されている JPEG 画像でこのサンプルを試してみてください。
byte[] byteData = GetImageAsByteArray(imageFilePath);

using (var content = new ByteArrayContent(byteData))
{
// この例では、ContentType を "application/octet-stream" に設定します。
// 他にも、"application/json" および "multipart/form-data" の ContentType を使用できます。
content.Headers.ContentType = new MediaTypeHeaderValue("application/octet-stream");
response = await client.PostAsync(uri, content);
string contentString = await response.Content.ReadAsStringAsync();
Console.WriteLine("Response:\n");
Console.WriteLine(contentString);
}
}
}
}

正常な応答が得られた場合、次のような JSON コードが返されます。

```json
{
"requestId": "b15f13a4-77d9-4fab-a701-7ad65bcdcaed",
"metadata": {
"width": 1024,
"height": 680,
"format": "Jpeg"
},
"result": {
"landmarks": [
{
"name": "Colosseum",
"confidence": 0.9448209
}
]
}
}
```

手書き文字の認識

Computer Vision API では、手書き文字 OCR のプレビューも使用できます。この機能では、画像内の手書き文字を検出し、認識した文字を機械が使用できる形式の文字列として抽出します。
ノートや手紙、論文、ホワイトボード、記入用紙などの手書き文字の検出と抽出が可能で、紙や付箋紙、ホワイトボードなどのさまざまな表面や背景に対応します。これがあれば、手書きでメモをした後、コンピューターにテキストを入力し直す必要はありません。画像として撮影して手書き文字 OCR を使用すればノートをデジタル化できるため、時間や手間、紙の無駄を削減できます。ノートを見返したいときにも、すぐに該当箇所を検索できます。

こちら (英語) で、サンプルをアップロードして実際にお試しいただけます。

では、以下のようにホワイトボードに書いた文字を認識させてみましょう。

Whiteboard image

私の好きな言葉です。

C# の場合、下記のコードを実行します。

using System;
using System.IO;
using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using System.Net.Http;
using System.Net.Http.Headers;

namespace CSHttpClientSample
{
static class Program
{
static void Main()
{
Console.Write("Enter image file path: ");
string imageFilePath = Console.ReadLine();

ReadHandwrittenText(imageFilePath);

Console.WriteLine("\n\n\nHit ENTER to exit...");
Console.ReadLine();
}

static byte[] GetImageAsByteArray(string imageFilePath)
{
FileStream fileStream = new FileStream(imageFilePath, FileMode.Open, FileAccess.Read);
BinaryReader binaryReader = new BinaryReader(fileStream);
return binaryReader.ReadBytes((int)fileStream.Length);
}

static async void ReadHandwrittenText(string imageFilePath)
{
var client = new HttpClient();

// 要求ヘッダー。サンプル キーを有効なサブスクリプション キーに変更してください。
client.DefaultRequestHeaders.Add("Ocp-Apim-Subscription-Key", "putyourkeyhere");

// 要求パラメーターと URI。"handwriting" に設定すると印刷されたテキストは対象外になります。
string requestParameter = "handwriting=true";
string uri = "https://westus.api.cognitive.microsoft.com/vision/v1.0/recognizeText?" + requestParameter;

HttpResponseMessage response = null;
IEnumerable<string> responseValues = null;
string operationLocation = null;

// 要求本文。このサンプルをローカルに保存されている JPEG 画像で試してみてください。
byte[] byteData = GetImageAsByteArray(imageFilePath);
var content = new ByteArrayContent(byteData);

// この例では、ContentType を "application/octet-stream" に設定します。
// 他にも、"application/json" を使用し、画像の URL を指定することもできます。
content.Headers.ContentType = new MediaTypeHeaderValue("application/octet-stream");

try {
response = await client.PostAsync(uri, content);
responseValues = response.Headers.GetValues("Operation-Location");
}
catch (Exception e)
{
Console.WriteLine(e.Message);
}

foreach (var value in responseValues)
{
// この値は、テキスト認識操作の結果の出力先の URI です。
operationLocation = value;
Console.WriteLine(operationLocation);
break;
}

try
{
// 注: 応答が返されるまで多少時間がかかります。手書き文字認識は
// 非同期操作であり、認識するテキストの長さによって時間がかかる場合があります。
// 出力が得られるまで待つか、または操作を再実行することができます。
response = await client.GetAsync(operationLocation);

// 出力は JSON 形式です。
Console.WriteLine(await response.Content.ReadAsStringAsync());
}
catch (Exception e)
{
Console.WriteLine(e.Message);
}
}
}
}

認識が成功すると、OCR の結果としてテキストとその領域を示す境界枠、行、単語が以下のように JSON 形式で返されます。

{
"status": "Succeeded",
"recognitionResult": {
"lines": [
{
"boundingBox": [
542,
724,
1404,
722,
1406,
819,
544,
820
],
"text": "You must be the change",
"words": [
{
"boundingBox": [
535,
725,
678,
721,
698,
841,
555,
845
],
"text": "You"
},
{
"boundingBox": [
713,
720,
886,
715,
906,
835,
734,
840
],
"text": "must"
},
{
"boundingBox": [
891,
715,
982,
713,
1002,
833,
911,
835
],
"text": "be"
},
{
"boundingBox": [
1002,
712,
1129,
708,
1149,
829,
1022,
832
],
"text": "the"
},
{
"boundingBox": [
1159,
708,
1427,
700,
1448,
820,
1179,
828
],
"text": "change"
}
]
},
{
"boundingBox": [
667,
905,
1766,
868,
1771,
976,
672,
1015
],
"text": "you want to see in the world !",
"words": [
{
"boundingBox": [
665,
901,
758,
899,
768,
1015,
675,
1017
],
"text": "you"
},
{
"boundingBox": [
752,
900,
941,
896,
951,
1012,
762,
1015
],
"text": "want"
},
{
"boundingBox": [
960,
896,
1058,
895,
1068,
1010,
970,
1012
],
"text": "to"
},
{
"boundingBox": [
1077,
894,
1227,
892,
1237,
1007,
1087,
1010
],
"text": "see"
},
{
"boundingBox": [
1253,
891,
1338,
890,
1348,
1006,
1263,
1007
],
"text": "in"
},
{
"boundingBox": [
1344,
890,
1488,
887,
1498,
1003,
1354,
1005
],
"text": "the"
},
{
"boundingBox": [
1494,
887,
1755,
883,
1765,
999,
1504,
1003
],
"text": "world"
},
{
"boundingBox": [
1735,
883,
1813,
882,
1823,
998,
1745,
999
],
"text": "!"
}
]
}
]
}
}

C# およびその他の言語については、以下の資料を参照してください。

実際のお客様の事例については、こちら (英語) からご覧ください。GrayMeta 社の Vision API の使用事例 (英語) もご覧ください。

皆様の開発にお役立ていただけますと幸いです。

Comments (0)

Skip to main content