クラシック環境から Resource Manager への ExpressRoute の移行による IaaS リソースの移行が可能に


執筆者: Kay Singh (Program Manager, Azure Compute)

このポストは、4 月 10 日に投稿された Availability of migration of ExpressRoute for Classic to Resource Manager IaaS Migration の翻訳です。

 

Azure Resource Manager を使用すると、タグ付け、RBAC、テンプレートを使用したインフラストラクチャのオーケストレーションのサポートなどさまざまなメリットを得られます。Azure Resource Manager の一部である Virtual Machines では、これらの機能の他に以下のようなコンピューティングに特化した機能も使用できます。

  • VM を削除してから再作成することなく VM のサイズを変更可能
  • Managed Disks に移行可能。Managed Disks はシンプルな管理エクスペリエンスを提供すると共に、複数のインスタンスを含む可用性セットに複数のストレージ コントローラーを使用することで高可用性を実現します。
  • 3 個のフォールト ドメインと 20 個のアップグレード ドメインをサポート

Resource Manager の詳細についてはこちらのドキュメント、クラシック デプロイメント モデルと Resource Manager デプロイメント モデルの違いについてはこちらのドキュメントをご覧ください。

このような追加の機能をご活用いただくために、クラシック VM を Resource Manager にダウンタイムなしで移行できるサービスを導入しています。

このたび、ExpressRoute を使用しているお客様も、Virtual Network (VNET 内のすべての VM を含む) を Azure Resource Manager にダウンタイムなしで移行できるようになりました。ExpressRoute 回線および関連する仮想ネットワークをクラシック デプロイメント モデルから Resource Manager デプロイメント モデルに移行する方法の詳細については、こちらのドキュメントを参照してください。

ExpressRoute の移行については、一部サポート対象外となるケースもあります。サポート対象外の機能と構成 (英語) のドキュメントを参照して、お客様の環境がサポートされていることをご確認ください。

今回のリリースの一環として、移行に関するドキュメントを大幅に更新しました。お客様の推奨事項や移行に基づいて、計画に関するドキュメントを新たに公開したほか、よく寄せられる質問の回答を追加しました。また、既存のドキュメントも理解しやすいように構成を変更しています。

以下の Microsoft Mechanics の動画では、Corey Sanders が Azure クラシックから Azure Resource Manager への移行プロセスについて説明しています。ぜひご覧ください。

Comments (0)

Skip to main content