Instance Metadata Service のパブリック プレビューを発表


執筆者: Hariharan Jayaraman (Senior Program Manager, Azure Compute)

このポストは、4 月 11 日に投稿された Announcing public preview of Instance Metadata Service の翻訳です。

 

このたび、Instance Metadata Service のパブリック プレビューを Azure 米国中西部リージョンにて開始します。Instance Metadata Service は RESTful のエンドポイントで、仮想マシン インスタンスのコンピューティング、ネットワーク、メンテナンス イベントの予定などの情報を取得できます。このエンドポイントには、一般的にルーティングされない IP アドレス (169.254.169.254) が割り当てられており、該当する VM からのみアクセスできます。Instance Metadata Service のデータは、クラスターのセットアップ、レプリカの配置、サポート性、テレメトリ (英語)、さらにはクラスターのブートストラップやランタイムに関するその他の対応に利用できます。

使用条件に同意いただくとプレビューを利用できます。詳しくは、Microsoft Azure プレビューの追加使用条件を確認してください。

サービスの提供範囲

このサービスは、現在米国中西部リージョンの Azure Resource Manager で作成されるすべての VM で利用できます。サービスの提供リージョンが追加される際には、この記事とドキュメントを更新して詳細と共にお伝えします。

Instance Metadata Service の提供リージョン
米国中西部

詳細情報

詳細については、Azure Instance Metadata Service のドキュメント (英語) を参照してください。

インスタンスのメタデータを取得する

Instance Metadata Service は、Azure Resource Manager (英語) で作成または管理する稼動中の VM を対象とします。以下の Linux 用または Windows 用のサンプル コードを使用して、インスタンスに関するすべてのデータ カテゴリにアクセスできます。

Linux

curl -H Metadata:true http://169.254.169.254/metadata/instance?api-version=2017-03-01

Windows

curl –H @{‘Metadata’=’true’} http://169.254.169.254/metadata/instance?api-version=2017-03-01

既定では、インスタンスのメタデータはすべて JSON 形式 (Content-type: application/json) で出力されます。

Instance Metadata Service のデータ カテゴリ

以下の表は、Instance Metadata Service で取得可能なすべてのデータ カテゴリをまとめたものです。

データ 説明
Location VM が実行されている Azure リージョン
name VM の名前
offer VM イメージのプラン情報。この値は、Azure イメージ ギャラリーでデプロイされたイメージのみに提供されます。
publisher VM イメージの発行元
sku VM イメージの SKU
version VM イメージのバージョン
osType Linux または Windows
platformUpdateDomain VM が実行されている更新ドメイン
platformFaultDomain VM が実行されている障害ドメイン
vmId VM の一意の識別子。詳しくはこちら (英語) を参照してください。
vmSize VM サイズ
ipv4/Ipaddress VM のローカル IP アドレス
ipv4/publicip インスタンスのパブリック IP アドレス
subnet/address サブネット アドレス
subnet/dnsservers/ipaddress1 プライマリ DNS サーバー
subnet/dnsservers/ipaddress2 セカンダリ DNS サーバー
subnet/prefix サブネットのプレフィックス (例: 24)
ipv6/ipaddress VM の IPv6 アドレス
mac VM の MAC アドレス
scheduledevents scheduledevents を参照

 

よく寄せられる質問

  • 必要なメタデータ ヘッダーが指定されていないという理由で、無効な要求になります。

Instance Metadata Service では、要求のヘッダーに Metadata:true を含む必要があります。この条件を満たせばアクセスできます。

  • VM のコンピューティングに関する情報を取得できません。

現在、Instance Metadata Service は Azure Resource Manager で作成されたインスタンスのみをサポートしています。今後、クラウド サービスの VM のサポートも予定されています。

  • 過去に ARM で作成した仮想マシンのコンピューティングに関するメタデータ情報を表示できません。

2016 年 9 月以降に作成された VM の場合、新しいタグを追加するだけでコンピューティングに関するメタデータを表示できます。2016 年 9 月以前に作成された古い VM の場合、VM の拡張機能を追加または削除してメタデータを更新する必要があります。

  • エラー コード 500 (サーバー内部でエラーが発生しました) が返されます。

現時点では、Instance Metadata Preview は米国中西部リージョンでのみ提供されています。このリージョンで VM をデプロイする必要があります。

  • 上記以外の質問やコメントはどこに投稿すればよいでしょうか。

http://feedback.azure.com (英語) のフォーラムまでお寄せください。

Comments (0)

Skip to main content