通常よりも大幅に低コストで Batch コンピューティングを利用可能に

執筆者: Mark Scurrell (Principal Program Manager) このポストは、5 月 10 日に投稿された Batch computing at a fraction of the price の翻訳です。   本日 Microsoft Build 2017 で、Low-Priority VM のパブリック プレビューが発表されました。これは、Azure Batch を使用して通常よりもはるかに低コストで Azure コンピューティングを利用できる新しい種類の VM です。Low-Priority VM はコンピューティング容量の余剰分から割り当てられ、最大 80% の割引料金で提供されます。そのため、特定の種類のワークロードの実行コストを大幅に削減したり、同じコストで非常に多数のワークロードを実行したりできます。 Low-Priority VM の概要 Low-Priority VM を使用すると、通常よりも大幅に割安な料金で各リージョンに存在する余剰容量にアクセスできます。曜日や時間帯、各 VM サイズの需要といった複数の要因により、余剰容量はリージョンや VM サイズごとに異なります。マイクロソフトは、この未使用分の容量を魅力的な料金で効率的に「貸し出し」ます。ただし、お客様からの要求があっても容量の一部または全部をご提供できない場合があるほか、お客様が割り当てた容量についても一部または全部を返していただく場合があることをご理解ください。Low-Priority VM は、その名前が示すとおり優先度が低く、SLA で保証される通常料金の VM の割り当てが優先されるため、割り当てられない場合や割り込みが発生する場合があります。 現在、それぞれの VM…


Azure File Storage 用 Storage Service Encryption の一般提供を開始

執筆者: Lavanya Kasarabada (Senior Program Manager, Azure Storage) このポストは、5 月 10 日に投稿された Announcing general availability of Storage Service Encryption for Azure File Storage の翻訳です。   本日マイクロソフトは、Azure File Storage 用 Azure Storage Service Encryption の一般提供開始を発表しました。 Azure File Storage は、分散型クロス プラットフォーム ストレージを提供するフル マネージド サービスで、アプリケーションで Azure のファイル共有パスを指定するだけで、Azure Files を使用してオンプレミスのファイル共有をクラウドに移行できます。このため、クラウド ストレージの導入に開発費をかけることなくクラウドの使用を開始することができます。Azure Files Storage は、保存中のデータが暗号化される初のフル マネージド ファイル サービスとなりました。 この機能は多くの企業のお客様からご要望が寄せられていたもので、自社の規制要件やコンプライアンス要件 (HIPAA…


Microsoft Azure Certified for IoT にスタート キットの認定が登場

執筆者: Ilias Tsigkogiannis (Senior Program Manager) このポストは、5 月 10 日に投稿された Announcing kit certification for Microsoft Azure Certified for IoT の翻訳です。   IoT プロジェクトの立ち上げを検討している企業にとって、アイデアの試行や仮説の検証を迅速に行う方法を見つけるのは簡単なことではありません。検討すべきことはたくさんありますが、その中でもデバイスの接続については最初に検討する必要があります。ハードウェア プラットフォームには複数の種類があり、デバイスごとに相互運用性や互換性にばらつきがあることも少なくありません。2 年前マイクロソフトでは、お客様の選択をサポートするために、デバイスが Azure IoT テクノロジで動作することを保証する業界初のプログラム「Azure Certified for IoT」を開始しました。今回、Certified for IoT のポートフォリオが拡大され、この取り組みがさらに前進します。 Azure Certified for IoT プログラムにおいて新たに IoT スタート キットの認定が開始されたことで、ハードウェア メーカーが自社の Azure 向け IoT キットに対して認定を受けられるようになりました。Microsoft Azure IoT スタート キットと呼ばれるサードパーティ製キットには、Azure IoT の利用に必要なものがすべて揃っており、数分で Azure IoT…


Azure Cosmos DB の技術概要

執筆者: Dharma Shukla (OSS アナリティクス & NoSQL、Distinguished Engineer およびゼネラル マネージャー) このポストは、5 月 10 日に投稿された A technical overview of Azure Cosmos DB の翻訳です。   マイクロソフトのグローバル分散マルチモデル データベース サービスの技術概要 Azure Cosmos DB は、水平分割を用いたマルチモデルなグローバル分散データベース サービスで、複数リージョンのスループットやストレージをユーザーが柔軟かつ自主的にスケーリングできるように設計されています。さらに、99 パーセンタイルでの短い待機時間、99.99% の高可用性、予測可能なスループット、複数の定義済み整合性モデルを実現しています。Azure Cosmos DB は、スループット、99 パーセンタイルでの待機時間、可用性、整合性というグローバル分散における関心の高い 4 要素を、業界で初めてサービス レベル アグリーメント (SLA (英語)) で保証しています。また、マルチテナントとグローバル分散を念頭に、クラウド サービスとして綿密に設計、開発されています。今回はその中でも特に注目すべき機能とアーキテクチャについてご紹介します。 Azure Cosmos DB の基礎 Leslie Lamport 博士は、チューリング賞を受賞した世界的に有名なコンピューター サイエンティストで、数々の大規模分散システムに多大な影響をもたらしました。Azure Cosmos DB…


Azure Cosmos DB: 業界初のグローバル分散型マルチモデル データベース サービス

執筆者: Dharma Shukla (Distinguished Engineer & General Manager, OSS Analytics and NoSQL) このポストは、5 月 10 日に投稿された Azure Cosmos DB: The industry’s first globally-distributed, multi-model database service の翻訳です。   マイクロソフトは本日、Azure Cosmos DB の一般提供を開始したことを発表しました。Azure Cosmos DB は複数のリージョンにスループットとストレージを弾力的にスケーリング可能な初のグローバル分散型データ サービスで、業界で最も包括的な SLA により低レイテンシ、高可用性、整合性を保証します。Azure Cosmos DB は、今日の IoT とモバイル アプリの強化と、AI が活躍する未来のサポートを目指して設計されたものです。 Azure Cosmos DB は多くのデータ モデルと主要なクエリ API をネイティブにサポートした初のクラウド データベースであり、大量のデータを持続的に取り込むことが可能なデータベース エンジン上に構築され、スキーマまたはインデックスの管理なしに高速クエリを実行します。さらに、5 段階の整合性モデルが明確に定義された初のクラウド…


Microsoft Azure Stack 管理パックをリリース

執筆者: Thomas Roettinger (Senior Program Manager) このポストは、5 月 9 日に投稿された Management Pack for Microsoft Azure Stack now available の翻訳です。   今回の記事では、System Center Operations Manager 用 Microsoft Azure Stack 管理パックのテクニカル プレビューをご紹介します。 Microsoft System Center はマイクロソフトが提供している強力なデータセンター管理ツールです。また、Microsoft Azure Stack はお客様のデータセンターで Microsoft Azure サービスを実行可能にする新しいハイブリッド クラウド プラットフォームです。Microsoft Azure Stack の統合システムはお客様が所有するデータセンター資産の重要な役割を担うため、Azure Stack を統合し Microsoft System Center で一元管理することが重要になります。 System Center 管理パックのダウンロードはこちら (英語)…


Azure で Waves プラットフォームが利用可能に

執筆者: Cale Teeter (DX TED SDE) このポストは、5 月 9 日に投稿された Waves platform now available on Azure の翻訳です。   マイクロソフトは、Microsoft Azure のブロックチェーン サポートに関して Waves (英語) と協力して取り組むことになりました。Waves は、デジタル トークンの作成などが可能な非集中型のクラウドファンディング プラットフォームで、アセット トークンの作成、配布、取引、交換の簡易化や、ブロックチェーン バックエンドの活用を主な目的としています。プルーフ オブ ステークと呼ばれる合意形成アルゴリズムを基盤としており、コンピューティング負荷が高いプルーフ オブ ワーク モデルで消費電力を抑制する効果が魅力的なポイントです。業界で求められる要素の 1 つとして、カスタム トークンを利用して簡単に開始できるようにシステム設計されています。 初回リリース版は testnet と連携して動作します。ワンクリックでノードを testnet にデプロイし、わずかな操作でプラットフォームの使用を開始できます。このプラットフォームをお試しいただくには、Azure Marketplace (英語) にアクセスしてください。 「オープンで柔軟性に優れたクラウド コンピューティング プラットフォームである Azure は、Waves と多くの共通点があります。私たちは共に、これまでにない手法で新しいコンピューティングのあり方やエンド ユーザーのための優れた機能を生み出す方法を導き出そうとしています。新たなツールを生み出すことの重要性をよく理解し、本質的な部分で価値感を共有できるこのような企業と協業できるのは、当社にとってたいへん心強いことです」。 – Sasha…


GPU 増強で性能とインテリジェンスを向上

執筆者: Corey Sanders (Director of Compute, Azure) このポストは、5 月 8 日に投稿された More GPUs, more power, more intelligence の翻訳です。   昨年リリースした、NVIDIA Tesla を基盤とするマイクロソフト初の GPU 製品は、お客様より高い評価をいただいています。Azure NC シリーズでは、最大 4 基の Tesla K80 GPU が搭載された単一仮想マシンで CUDA ワークロードを実行できます。また、他のクラウド プロバイダーにはない特長として、NC シリーズでは RDMA と InfiniBand 接続に対応し、きわめて低いレイテンシ、高スループット、ワークロードのスケールアウトが実現しています。マイクロソフトでは、お客様のワークロードのスケールアップとスケールアウトへの対応に力を入れています。 このような強力な GPU のおかげで、Azure では AI と深層学習の分野のワークロードが急速に成長しています。たとえば、画像認識、音声認識トレーニング、自然言語処理などのほか、自動運転車の歩行者検出などが挙げられます。このような学習機能の可能性をさらに広げるために、このたび Azure の GPU ベース製品を拡張した ND シリーズを新たに追加します。NVIDIA Tesla P40 GPU…


Azure でオンプレミス データ ゲートウェイの一般提供を開始

執筆者: Dimah Zaidalkilani (Program Manager, Application Insights) このポストは、5 月 4 日に投稿された Now Generally Available: On-premises data gateway in Azure の翻訳です。   今回の更新により、Azure でのオンプレミス データ ゲートウェイの一般提供が開始されました。このゲートウェイは、クラウド内のビジネス アプリからオンプレミスのデータ ソースに安全に接続できるようにするもので、データ ソースをオンプレミスの場所に置いたままクラウドとの間で相互にデータを移動することができます。現時点では Azure Logic Apps のみがサポートされていますが、今後数か月以内に Azure Analysis Services のサポートが追加される予定です。 今回のリリースでは以下の新機能が追加されました。 複数リージョンのサポート ゲートウェイ接続リソースを Azure から削除可能に Azure Logic Apps 用の新しいオンプレミス コネクタ このゲートウェイの最新版を入手するには、こちらからインストーラーをダウンロードしてください。 複数リージョンのサポート 今回の更新により、ゲートウェイ管理者がデータ ゲートウェイをさらに細かく設定できるようになりました。ローカル コンピューターにゲートウェイをインストールする際、インストールしたゲートウェイで使用するゲートウェイ クラウド サービスと Azure Service…


企業の Azure ユーザー向けの使用状況や使用料金に関する API のプレビューを発表

執筆者: Anand Edwin (Principal Engineering Manager) このポストは、5 月 4 日に投稿された Announcing preview of Consumption and Charge APIs for Enterprise Azure customers の翻訳です。   マイクロソフトは、企業の Azure ユーザーの皆様向けの使用状況や使用料金に関する API のプレビューをリリースしました。この発表は、パフォーマンスやデータ容量の制限に関する問題を解決する新しい Power BI コンテンツ パック (英語) のリリースに続くものです。この機能を使用することで、日単位の任意の期間や請求期間中の Azure の使用状況の詳細、Marketplace の課金額などをクエリすることが可能になるため、企業の皆様は Azure で実行されるすべてのワークロードの使用状況や課金額について詳細に把握できるようになります。マイクロソフトは、お客様により正確に Azure の監視や予測を行いコストを最適化していただくための機能を追加していくことを目指しており、今回のリリースはその取り組みの最初の成果となります。この取り組みは今後数か月にわたって実施することが予定されています。これらの API の詳細については、こちらのドキュメントを参照してください。 各 API について Balance and Summary: Balance and Summary API では、残高、新規購入、Azure Marketplace…