L シリーズの料金値下げと次世代ハイパースレッド VM の詳細を発表


執筆者: Brian Hillger (Senior Director, C+E Business Planning)

このポストは、4 月 3 日に投稿された Price reductions on L Series and announcing next generation Hyper-threaded virtual machines の翻訳です。

 

Microsoft Azure では、長年にわたって、コンピューティング、ストレージ、帯域幅などの商用サービスを AWS と同程度の料金で提供することをお約束として掲げてきました。これに沿うために、このたびストレージに最適化された L シリーズ VM (英語) の料金を最大 69% 値下げしました。この記事ではこの値下げと共に、汎用およびメモリ集中型ワークロード向けの次世代ハイパースレッド VM の詳細についてもご紹介します。なお、これらの VM を現行世代から最大 28% オフの料金でご利用いただけるキャンペーンもご用意しました。

L シリーズの料金値下げ

AWS の料金変更を受けて、4 月 1 日より新しくリリースされた L シリーズ VM が 60 ~ 69% 値下げされます。L シリーズ VM はストレージに最適化されたサイズで、Cassandra や MongoDB などの NoSQL データベースのような低レイテンシが求められるワークロードに最適です。L シリーズでは、Intel® Xeon® プロセッサ E5 v3 ファミリの vCPU 4 ~ 32 個、32 ~ 256 GiB のメモリ、678 GB ~ 5.6TB の SSD ディスクを搭載した VM を選択できます。

新しいハイパースレッド VM と Dv2 の期間限定キャンペーン

マイクロソフトは、今後数か月以内に汎用ワークロード向けの Dv3 およびメモリ集中型ワークロード向けの Ev3 という次世代ハイパースレッド テクノロジ VM のリリースを予定しています。物理コアから仮想コアへの移行は VM のアーキテクチャにおける主要な変更です。これにより、最新プロセッサの性能が最大限に発揮されます。新世代 VM の中で最大サイズの Ev3 には、Intel® Broadwell E5-2673 v4 2.3 プロセッサの vCPU 64 個、432 GiB のメモリが搭載されます。基盤となるハードウェアの性能を最大限に引き出すことで、従来よりも高いパフォーマンスと効率性を実現し、コストを削減することができます。

新しいハイパースレッド VM は今後数か月以内に一般提供が開始されますが、お客様にいち早くコストを削減していただくための機会をご用意しました。これらの新しいハイパースレッド VM は Dv2 シリーズ VM から最大 28% オフで提供され、同等の AWS インスタンスの料金と同程度となります。本日より、低価格の Dv3 および Ev3 VM の料金で提供される Dv2 Promo VM を現行世代のハードウェアにプロビジョニングすることで、今からコストを削減していただけます。

このキャンペーンは、今年の Dv3 および Ev3 VM のリリース時まで実施されます。今後の新しい VM への移行が容易になるように、Azure Resource Manager を使用して Dv2 Promo VM をデプロイすることをお勧めします。

Comments (0)

Skip to main content