Azure Relay Hybrid Connections の一般提供を開始


執筆者: Justin Conway (Program Manager, Service Bus)

このポストは、3 27 日に投稿された Azure Relay Hybrid Connections is generally available の翻訳です。

 

Azure Relay サービスは、Azure の初期の主要サービスの 1 つでした。今回、Azure Relay Hybrid Connections の一般提供開始を発表させていただけたことは、このサービスが時代の流れに沿って見事に成長できたことを物語っています。なお、Azure Relay の WCF Relay 機能は引き続きご利用いただけるため、この機能を利用されている皆様はご安心ください。しかし、Windows Communication Foundation との依存関係はすべてのユーザーにとって好ましいものとは言えません。Azure Relay の Hybrid Connections 機能でオープン標準に基づくプロトコルを利用することで、この依存関係は解消されます。

Hybrid Connections と WCF Relay の共通機能

  • オンプレミスの資産とクラウド間の安全な接続
  • ファイアウォールとの親和性 (一般的な送信ポートを使用)
  • ネットワーク管理の容易さ (ネットワークの大規模な再構成は不要)

Hybrid Connections ならではの機能

  • 独自仕様の WCF ではなく、オープン標準に基づく WebSockets プロトコル
  • クロス プラットフォーム対応 (Windows、Linux、WebSocket をサポートする任意のプラットフォームのいずれかを使用)
  • ユーザーの目的に応じた .NET Core、JavaScript/Node.js、複数の RPC プログラミング モデルのサポート

Azure Relay Hybrid Connections の利用は簡単に開始できます。.NET および Node.js を使用する場合の手順はこちらのページでご確認ください。

Hybrid Connections の価格Azure Relay サービスの詳細をご確認のうえ、ぜひお試しください。

Comments (0)

Skip to main content