Azure SQL Database の脅威検出機能の一般提供を 2017 年 4 月に開始

執筆者: Ron Matchoro (Senior Program Manager, Azure SQL Database) このポストは、2 月 10 日に投稿された Announcing Azure SQL Database Threat Detection general availability coming in April 2017 の翻訳です。   このたび、Azure SQL Database の脅威検出機能の一般提供が 2017 年 4 月に開始されることが発表されました。プレビュー期間中 (英語) にはサービスの最適化が行われ、SQL の脅威に関するアラートについては、お客様からのフィードバックの 90% で「とても役に立つ」と高い評価をいただいています。一般提供開始後の料金は、サーバー 1 台あたり月額 15 ドルです。60 日間は無料で試用版をご利用いただけます。 Azure SQL Database の脅威検出機能の概要 Azure SQL Database の脅威検出機能は、Azure SQL Database…


Cassandra への Azure IoT Hub コネクタをリリース

執筆者: Sam George (Partner Director, Azure Internet of Things) このポストは、2 月 9 日に投稿された Azure IoT Hub Connector to Cassandra now available の翻訳です。   マイクロソフトが現在取り組んでいるプロジェクトに、IoT のオープン ソース化と相互運用性の確保があります。その成果の一部として、このたび Azure IoT Hub に接続されているデバイスのデータを Cassandra データベースに保存する新しいオープン ソース プロジェクトのリリースが発表されました。このコードは GitHub (英語) で公開されています。 新しい Cassandra コネクタを使用すると、IoT 規模のデバイス群を接続し、そのデバイスからのデータを Cassandra テーブルに保存して分析に使用するソリューションを容易に開発できます。必要に応じて、ライブラリを完全にカスタマイズすることもできます。また、メッセージの種類に応じて変更したり、分析しやすいように受信したデータを複数のテーブルに分割するなど、Cassandra テーブルのスキーマを定義してデータの保存方法を指定することができます。Cassandra コネクタの他に、新しいライブラリのデプロイメントとテストをわずか数分で実施できるようにする Docker コンテナーもリリースされました。 今後数か月にわたってさらにライブラリやサンプル、デモ アプリケーションのリリースが予定されていますので、GitHub (英語) に注目していただければ幸いです。


Managed Disks の一般提供開始とスケール セットの規模の拡大を発表

執筆者: Corey Sanders (Director of Compute, Azure) このポストは、2 月 8 日に投稿された Announcing general availability of Managed Disks and larger Scale Sets の翻訳です。   今日では、多くのお客様に「サービスとしてのインフラストラクチャ (IaaS)」と「サービスとしてのプラットフォーム (PaaS)」をご利用いただき、たいへん嬉しく思っています。また、IaaS をお使いのお客様のうち 55% は、PaaS のサービスもご利用いただいています。PaaS と IaaS の両方の経験を持つマイクロソフトでは、自動管理やスケーリングといった俊敏性のメリットを提供する PaaS サービスのインサイトを活かして IaaS サービスを強化しています。今回、その PaaS からヒントを得た Managed Disks (英語) の一般提供が開始されました。PaaS 似のサポートを提供するこのサービスをご利用いただくことで、複雑なストレージ管理やスケーリング時のストレージ確保に悩まされる心配がなくなるだけでなく、PaaS と IaaS の強みを連携させた Azure VM の能力をフル活用した管理が可能になります。 Managed Disks は、作成した VM を容易に管理できるだけでなく、VM…


File Storage 用 Storage Service Encryption のプレビューを発表

執筆者: Lavanya Kasarabada (Program Manager II, Azure Storage) このポストは、2 月 6 日に投稿された Announcing preview of Storage Service Encryption for File Storage の翻訳です。   このたび、Azure File Storage 用 Azure Storage Service Encryption のプレビューが発表されました。Azure File Storage で Storage Service Encryption を使用すると、自動的にデータが暗号化されます。 Azure File Storage は、分散型クロス プラットフォーム ストレージを提供するフル マネージド サービスです。この機能を使用すると、アプリケーションで Azure のファイル共有パスを指定するだけで、Azure Files を使用してオンプレミスのファイル共有をクラウドに移行することができます。このため、クラウド ストレージの導入に開発費をかけることなく、クラウドの使用を開始することができます。また、Azure Files で保存中のデータも暗号化されるようになりました。 暗号化、暗号化解除、キーの管理はすべて透過的にマイクロソフトが行います。すべてのデータは、現在利用可能な暗号化方式の中でも特に強力な…


SQL Data Warehouse と Azure Data Lake Store のシームレスな統合が可能に

執筆者: Casey Karst (Program Manager II, SQL Server and Azure SQL Database) このポストは、2 月 6 日に投稿された SQL Data Warehouse now supports seamless integration with Azure Data Lake Store の翻訳です。   Azure SQL Data Warehouse は、SQL を基盤とするペタバイト規模のフル マネージド クラウド データ ウェアハウス ソリューションです。SQL Data Warehouse は柔軟性が高く、プロビジョニングは数分程度、容量のスケーリングは数秒程度で完了できます。コンピューティング能力とストレージ容量はそれぞれ別にスケーリング可能で、複雑な分析ワークロードを実行する際にコンピューティング能力を大幅に引き上げたり、アーカイブ処理時にスケールダウンしたりできます。また、クラスター構成にロックインされることなく使用量に対応する料金のみで利用できます。 このたび、外部テーブルを使用して、Azure Data Lake Store (ADLS) から Azure SQL Data Warehouse (SQL…


Azure CDN のカスタム ドメインで HTTPS をサポート

執筆者: Manling Zhang (Program Manager, Azure Media Services) このポストは、2 月 6 日に投稿された Announcing custom domain HTTPS support with Azure CDN の翻訳です。   このたび、Verizon 提供の Azure CDN のカスタム ドメインに HTTPS プロトコルを使用できるようになりました。HTTPS を有効化するエンドツーエンドのワークフローはワンクリックと簡単で、証明書も自動で管理されます。また、追加料金はかかりません。 Web アプリケーションの機密データの送受信では、通信中にプライバシーやデータの整合性を確保することが重要です。HTTPS プロトコルを使用すると、機密データは暗号化されてからインターネットで送受信されます。Azure CDN では以前から HTTPS をサポートしていましたが、Azure で提供されたドメインを使用する場合に限られていました。たとえば、Azure CDN で CDN エンドポイントを作成した場合 (例: https://contoso.azureedge.net)、既定で HTTPS が有効になります。今回、カスタム ドメインで HTTPS がサポートされたため、カスタム ドメイン (例: https://www.contoso.com) でも安全に通信できるようになりました。 カスタム…


Azure Stream Analytics の新機能を発表: 地理空間関数、カスタム コードほか

執筆者: Krishna Mamidipaka (Sr. Program Manager) このポストは、2 月 1 日に投稿された New in Azure Stream Analytics: Geospatial functions, Custom code and lots more! の翻訳です。   本日、Azure Stream Analytics で複数の新機能がロールアウトされました。主なものとしては、地理空間関数のネイティブ サポート、JavaScript を使用したカスタム コード、Power BI を使用した低レイテンシのダッシュボード、Visual Studio との統合およびジョブ診断ログのプレビューがあります。また、本日より受信データの制限が撤廃されたこともお知らせします。 地理空間関数のネイティブ サポート 今回のロールアウトにより、Azure Stream Analytics をご利用いただくことで、コネクテッド カー、フリート マネジメント、モバイル資産の追跡といったシナリオ向けのソリューションを簡単に作成していただけるようになりました。開発者は、ストリーム処理ロジックに組み込まれた強力な地理空間関数 (英語) を活用して地理的区域を定義し、包含、近接、重複といった関係を示す地理空間の受信データを評価して、アラートを生成したり必要なワークフローを簡単に開始したりすることができます。これらの地理空間機能は、GeoJSON の仕様に準拠しています。 プレビュー期間中、100 社以上のお客様にこれらの地理空間機能をご利用いただきました。そのお客様の 1 つが NASCAR です。1947 年に設立された NASCAR は、世界最大級のモータースポーツ団体として知られており、現在、米国の…


Azure が提供するトラブルシューティングとサポートのご紹介

執筆者: Jan Kalis (Product Marketing Manager, Microsoft Azure) このポストは、1 月 31 日に投稿された Understanding Azure troubleshooting and support の翻訳です。   Microsoft Azure チームは、お客様がクラウドのメリットを活用してより多くのことを実現していただけるようにすることを目指しています。そして、Azure ソリューションの構築やデプロイ、実行を安心して行えるようにお客様を支援するのが、Azure サポート チームの役目です。現在、お客様のクラウド導入を推し進めていただくために、チームではトラブルシューティングとサポートの拡大を図っています。 この記事では、主なセルフヘルプ ツールの概要と Azure が提供しているサポートについてご説明したいと思います。 セルフヘルプとトラブルシューティング マイクロソフトは、Azure のお客様向けにさまざまなドキュメントと入門ガイドをご用意しています。また、ソリューションの設計に際してコミュニティのエキスパートによる支援が必要な場合は、Azure フォーラムをご利用いただけます。さらに、ソリューションの構築の途中段階では、Azure ポータルに組み込まれているセルフヘルプ ツールや最適化ツールをご利用いただくことができます。たとえば、VM に接続できない場合は、Azure ポータルの [Diagnose and solve problems] をクリックし、トラブルシューティング ガイドに従って問題を解決できます。このトラブルシューティング ソリューションはすべての Azure サービスに含まれています。 ソリューションの完成後には、Azure Advisor プレビューを使用するとベスト プラクティスに基づいてパーソナライズされた推奨事項が提示され、高可用性やセキュリティなどの要件に応じて環境をさらに最適化することができます。Azure Advisor はプロアクティブでパーソナライズされたベスト プラクティスをすぐに利用可能な形で提示する提案エンジンで、Azure リソースの高可用性、セキュリティ、パフォーマンス、コスト効率などを改善するうえでとても便利です。Advisor ダッシュボードをチェックして、推奨事項のリストを作成してください。…


継続的インテグレーションを活用した最新のデータ ウェアハウス開発

執筆者: Naval Tripathi (Senior Software Engineer, Microsoft IT) このポストは、1 月 25 日に投稿された Modern Data Warehousing with Continuous Integration の翻訳です。   今回の記事は、マイクロソフトの IT 部門で SWE リード主任を務める Mohit Chand と共同で執筆しました。 マイクロソフトは、API (.NET) ベースのアプリケーションで普及が進んでいる「継続的インテグレーション (CI)」という、従来の開発手法を進化させた手法をデータ ウェアハウス開発に導入することにしました。データ ウェアハウス チームでは長い間、最新のソフトウェア エンジニアリング手法を取り入れられていないことが課題となっていましたが、Visual Studio Online (VSTS) や SQL Server Data Tools (SSDT) の登場により、環境をすばやくセットアップしたり、自動化を最大限に活用して複数の環境でコードをデプロイしたりすることが簡単にできるようになりました。こうした最新手法を取り入れた結果、ビジネス分析 (DW) プロジェクトでのエンジニアリング関連の効率が大幅にアップし、2 週間という短いリリース間隔の DW デプロイメントを実現することができました。この記事では、データ ウェアハウスに継続的インテグレーションを実装する手順について詳しく説明したいと思います。具体的には、コードのブランチの作成、プル リクエストによるビルドのトリガー、Azure のリソースや環境のプロビジョニング、スキーマのデプロイメント、シード データの生成、自動テストによる統合環境への毎日のリリース、承認ベースで新しいコードを上位の環境に昇格させるワークフローなど、ビジネス…


SQL Server 2016 の最新技術で、Azure SQL Data Warehouse でのインサイト獲得がより迅速に

執筆者: Shivani Gupta (Senior Program Manager) このポストは、1 月 31 日に投稿された SQL Server 2016 innovations power Azure SQL Data Warehouse to deliver faster insights の翻訳です。   Azure SQL Data Warehouse (SQL DW) は、SQL を基盤とするペタバイト規模のクラウド データウェアハウスで、大規模な並列処理に対応しています。高度な柔軟性を持つフルマネージド ソリューションであり、わずか数分でプロビジョニングやスケーリングを完了できます。コンピューティング能力とストレージ容量はそれぞれ別にスケーリング可能で、バースト対策からアーカイブまでさまざまな状況に対応でき、またクラスター構成にロックインされることなく使用量に対応する料金のみで利用できます。 各ノードでのクエリ実行を担当する Azure SQL DW の基盤となるエンジンには、マイクロソフトが提供する業界最先端の SQL Server データベース エンジン (英語) が採用されています。Azure SQL DW は、2016 年の一般提供開始 (英語) 以来 SQL Server 2016…